ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Google Pixel 4/XLが登場!価格は89,980円〜!

▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB”以上”使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

いよいよ発表されました!

Googleは新型ハイエンドスマホ「Pixel 4 /4XL」を発表しました。予約注文はすでに公式サイト上から可能。10月24日までに発送が完了すると記載されています。

Google Pixel 4/4XLが登場!日本では89,980円から!

Pixel 4 /4XLはSoCにSnapdragon 855を搭載。メモリ容量は6+64/128GBでデュアルカメラ(12.2MP+16MP(望遠カメラ))を搭載。FelicaeSIMに対応しており、生体認証は顔認証のみ。

Pixel 4は5.7インチのOLEDディスプレイ(FHD+対応)、本体重量は162gでバッテリー容量は2,800mAhとなっています。一方のPixel 4XLは6.3インチのOLEDディスプレイ(QHD+対応)、本体重量は193gでバッテリー容量は3,700mAhです。

通信回線について日本モデルはドコモ、auソフトバンク、ワイモバイルのネットワーク回線に対応。日本国内で問題なくモバイルデータ通信を利用できます。

Pixel 4(64GBモデル)は89,980円、Pixel 4(128GBモデル)は103,950円、Pixel 4XL(64GBモデル)は116,600円、Pixel 4XL(128GBモデル)は128,700円。コスパが良く安心感がありますが、iPhone 11シリーズとどちらを買うか悩みますね…。

発送は10月24日まで

▼いま(16日の15:30ごろ)確認したところ、Pixel 4シリーズの発送は10月24日までに完了すると記載されています。↓

筆者はPixel 3aを購入したのですが、発送日≠入手日でない点に注意しましょう。ざっくりですが海外の発送から日本の住宅にとどくまで1週間程度かかります。実質的にPixel 4を入手できるのは10月末ごろとなります。

Pixel 4/4XLのここに注目!

こまかーい仕様変更はたくさんあるのですが、重箱の隅をつついてもユーザー的には「ふーん。で、使い心地はどう変わるの?」って感じですよね。

というわけで、Pixel 4の際立った変化点を下記でピックアップしてご紹介します!

Pixel 4/4XLのデュアルカメラは望遠を搭載

iPhone 11シリーズなみのゴツい背面カメラ周りですが、Pixel 4の背面カメラはデュアルカメラです。さらに注意してほしいのが、Pixel 4は超広角撮影に対応していません…!残念すぎますね。

▼GoogleはPixel 4のナイトモード(夜間撮影)機能の強化もアピールしています。夜空の星々がキレイに撮影できると宣伝しており、こちらは期待感が持てます。↓

実用性で考えると遠くをキレイに撮影できる望遠カメラよりも、被写体のまわりを広く撮影できる超広角撮影のほうが個人的には便利ではないかな、と思います。

▼ただしGoogleはポートレート(背景ボケ)撮影機能の強化もアピールしており、望遠カメラがそれに一役かっていると考えると、超広角カメラか望遠カメラのどちらがユーザーにとって良いかは悩みどころですね。↓

超広角撮影だったらiPhone 11、望遠カメラやポートレート撮影のディティールを気にするならPixel 4と、結果的にですがうまく棲み分けられてますね。

ジェスチャー操作機能「Motion Sense」

Pixel 4シリーズでは手で触れずにスマホを操作する「Motion Sense」機能が搭載されています…が!残念ながら日本ではすぐに利用できません。ディスプレイの指紋が気になる人や、手が濡れているときに直接触らずに操作できるのは魅力的ですよね…。とても残念。

ただしこの機能は2020年の春から日本でも実装される発表されております。いまから待ち遠しいですね!

「ボイスレコーダー」アプリから自動で文字起こし

会議や打ち合わせ、講演会を録音したあとに「文字起こし」作業を経験した人もいるかと思います。筆者も昔やっていたのですが、単純作業ながらも時間がかかり集中力も必要で、けっこうな重労働なんですよね…。終わったあとはタイピングのしすぎで指が痛くなります。

そんなビジネスパーソンや副業マンに役立つのがPixel 4のボイスレコーダーアプリ。これはなんとオフライン環境下でも録音した音声の文字起こしを自動で行ってくれます!音声を文字に変えるアプリってありそうであまり無いんですよね…。あったとしても使い勝手が微妙だったり価格が高かったり…。筆者が唯一使えると思っているのはGoogleドキュメントの音声入力ぐらいです。

Pixel 4のボイスレコーダーアプリは録音・文字起こしはもちろん、録音データ内で発音された単語を検索する機能も搭載。これが標準で搭載されているのはすごすぎますね!

ただし残念ながら当初は英語のみ対応、対応言語は順次拡大すると発表していますが、日本語対応がいつになるかはまったくの未定です…。

生体認証は顔認証のみ

Pixel 4の生体認証は顔認証のみで、残念ながら指紋認証には対応していません。AppleといいGoogleといい指紋認証を外しにかかる流れになっており、指紋認証によるロック解除はオワコンとなってしまうのでしょうか…?

せめてハイエンドスマホについては画面内指紋認証などで今後復活してほしいですね。

▼Pixel 4発表の様子はYouTubeでもライブ配信されていました。アーカイブもこちらから確認できます!Pixel 4については動画内で30分ごろからプレゼンされます。↓

ページトップへ