HUAWEI Mate 50のスペックまとめ

HUAWEI Mate 50

HUAWEI Mate 50のスペックの詳細をまとめました。

記事執筆時点では日本版の発表はありません。

HUAWEI Mate 50のスペック・仕様

HUAWEI Mate 50は2022年9月発売のHUAWEIのスマートフォンです。

製品情報
端末名 Mate 50
発売年 2022年9月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー・ブランド Huawei
備考 HUAWEI Mate 50シリーズ
HUAWEI Mate 50
HUAWEI Mate 50E
HUAWEI Mate 50 RS
HUAWEI Mate 50 Pro
対応バンド・周波数・ネットワーク
3G 非公表
4G LTE 非公表
5G NR 非対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth バージョン:5.2
コーデック:SBC / AAC / LDAC
SIMサイズ・スロット デュアルスロット(Nano SIM×2)
ネットワーク関連備考 衛星通信対応
本体仕様
ディスプレイ サイズ:6.7インチ
材質:有機EL
画面占有率:非公表
形状:パンチホール(中央)
最大リフレッシュレート:90Hz
最大タッチサンプリングレート:300Hz
解像度 解像度:2,700×1,224(WUXGA+)
画面比率:20:9
画素密度 442ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ:161.5mm
横幅:76.1mm
厚さ:7.98mm
重さ 202g(オレンジ系、マットブラック系) / 206g(シルバー系、ブラック系、パープル系)
本体色 オレンジ系、マットブラック系、シルバー系、ブラック系、パープル系
システム仕様
OS HarmonyOS 3
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 8+ Gen 1
メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ不明+容量128GB
メモリ不明+容量256GB
メモリ不明+容量512GB
ストレージカード MicroSDカード対応(最大256GB)
※片方のSIMスロットと共用
カメラ
背面カメラ トリプルカメラ
①5,000万画素(メイン、f/1.4〜4.0)
②1,300万画素(超広角、120°、f/2.2)
③1,200万画素(望遠、光学5倍ズーム、f/3.4)
手ぶれ補正:光学式(望遠)
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
インカメラ パンチホール式インカメラ
画素数:1,300万画素(メイン、f/2.4)
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
機能仕様
GPS GPS、A-GPS、GLONASS、BDS(BEIDOU)、GALILEO、QZSS、NavIC
生体認証・ロック解除 指紋認証:対応
顔認証:非公表
センサー 赤外線センサー:対応
加速度センサー:対応
近接センサー:対応
ジャイロセンサー:対応
電子コンパス:対応
光センサー:対応
ホールセンサー
防水/防塵・タフネス等級 防水/防塵:IP68
耐衝撃:非公表
イヤホンジャック なし
NFC NFC:対応
FeliCa/おサイフケータイ:非対応
その他機能 デュアルスピーカー搭載
バッテリー
バッテリー容量 4,460mAh
充電 有線充電:66W(11V/6A)
ワイヤレス充電:50W
逆充電:対応
ポート USB Type-C
スペック表のソース
参照元

【公式サイト】HUAWEI Mate 50 – huawei.com

スペック表に関する免責事項

SoCはSnapdragon 8+ Gen 1。メモリは非公表

HUAWEI Mate 50のSoCはSnapdragon 8+ Gen 1

SoCはSystem On Chipの略で、電子機器の頭脳であるCPUやGPUの他に通信モデムなど色々なパーツを集めた集積回路です。ここで端末の性能が決まります。

メモリ(RAM)は非公表、保存容量(ROM)は128GB/256GB/512GBとなっています。

メモリは作業領域なので多いほど動作が安定します。2022年現在、メイン機種として使うなら最低4GBは欲しいです。6GBあると安定しやすい。

保存容量は写真やアプリなど端末本体に保存できるデータ容量です。2022年現在、メイン機種として使うなら最低64GBは欲しいです。最初から1割くらいはシステム領域として使われています。

MicroSDカード等のTFカードによる保存容量の拡張に対応しています。最大対応容量は256GBです。

HUAWEI Mate 50(Snapdragon 8+ Gen 1)のAnTuTuスコア

AnTuTuスコアは性能の指標です。まだHUAWEI Mate 50の実機のAnTuTuスコアを収集出来ていないのでSnapdragon 8+ Gen 1の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※端末の処理性能はSoCで決まってくるので、同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体の操作感が予測出来ます。Snapdragon 8+ Gen 1の参考スコアは以下の通り。AnTuTuアプリのバージョンは9で測定しています。

  • 総合スコア(CPU):1,088,961
  • ゲーム性能(GPU):478,120

Qualcomm Snapdragon 8 Plus Gen 1 – nanoreview.net

▼以下は2022年現在、AnTuTuベンチマークスコアがどれくらいの動作・操作感を示すかの目安です。本端末の性能がどの性能帯に相当するか確認が出来ます!↓
AnTuTu Ver.9 スコア動作・操作感
総合スコア:約50万点以上
GPUスコア:約18万点以上
ヌルヌル、動作に不満なし
総合スコア:約35万点〜50万点
GPUスコア:約14万点〜18万点
重いゲームもなんとか
総合スコア:約25万点〜35万点
GPUスコア:約7万点〜14万点
軽いゲームくらいなら
総合スコア:約15万点〜25万点
GPUスコア:約3万点〜7万点
必要最低限
総合スコア:約15万点以下
GPUスコア:約3万点以下
サブ端末向き
AnTuTu Ver.8 スコア動作・操作感
総合スコア:約40万点以上
GPUスコア:約17万点以上
ヌルヌル、動作に不満なし
総合スコア:約30万点〜40万点
GPUスコア:約13万点〜17万点
重いゲームもなんとか
総合スコア:約20万点〜30万点
GPUスコア:約6万点〜13万点
軽いゲームくらいなら
総合スコア:約10万点〜20万点
GPUスコア:約2万点〜6万点
必要最低限
総合スコア:約10万点以下
GPUスコア:約2万点以下
サブ端末向き

▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ!↓

スマホの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

HUAWEI Mate 50のカメラ

HUAWEI Mate 50の背面カメラは広角のメインカメラ(5,000万画素)、ワイド画角の超広角カメラ(1,300万画素)、光学ズーム対応の望遠カメラ(1,200万画素)の3眼構成です。

  • メインカメラ(5,000万画素)
  • 超広角カメラ(1,300万画素)
  • 望遠カメラ(1,200万画素)

インカメラの構成・画素数はメインカメラ(1,300万画素)のみの1眼構成です。

HUAWEI Mate 50のディスプレイ

HUAWEI Mate 50の画面はサイズが6.7インチ、解像度は2,700×1,224、ディスプレイは有機ELを採用しています。画面形状はパンチホール(中央)となります。

また高速表示とタッチ操作に対応しており、リフレッシュレートは最大90Hz、タッチサンプリングレートは最大300Hzまで対応しております。

  • サイズ:6.7インチ
  • 解像度:2,700×1,224
  • ディスプレイ:有機EL
  • 画面形状:パンチホール(中央)
  • リフレッシュレート:最大90Hz
  • タッチサンプリングレート:最大300Hz

HUAWEI Mate 50のサイズ・重量・カラー

HUAWEI Mate 50のサイズは高さが161.5mm、横幅が76.1mm、厚さが7.98mm、重量が202g(オレンジ系、マットブラック系) / 206g(シルバー系、ブラック系、パープル系)となっています。

  • 高さ:161.5mm
  • 横幅:76.1mm
  • 厚さ:7.98mm
  • 重量:202g(オレンジ系、マットブラック系) / 206g(シルバー系、ブラック系、パープル系)

カラーはオレンジ系、マットブラック系、シルバー系、ブラック系、パープル系の5色展開です。

  • オレンジ系
  • マットブラック系
  • シルバー系
  • ブラック系
  • パープル系

HUAWEI Mate 50の対応バンド

HUAWEI Mate 50の対応バンドは記事執筆時点で非公表です。情報のアップデートがあり次第更新予定です。

HUAWEI Mate 50の価格・購入先

HUAWEI Mate 50のメーカー希望小売価格は以下の通り。

  • 通常版・容量128GB:4,999元(約10.3万円)
  • 通常版・容量256GB:5,499元(約11.4万円)
  • 通常版・容量512GB:6,499元(約13.4万円)
ページトップへ