Infinix ZERO 8のスペックまとめ!2万台で90Hz表示、64MPカメラ、冷却機構、33W充電!

 

▼過去最安クラス。スマホを新しくしたいなら↓

【おすすめ】BIGLOBEモバイルでiPhone SEやRedmi Note 9Sが激安に

エ○ァンゲリオンのラミエルを彷彿とさせる超個性的な造形!

今回はInfinix手掛けるミドルレンジ上位モデルであるInfinix ZERO 8をご紹介!他モデルではミられない超個性的外見はもちろん、2万円台の定価とは思えぬ数々の機能性をふんだんに詰め込んだコスパの優等生!気になるスペックと特徴をチェックしてみましょう!

Infinix ZERO 8の詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
製品情報
端末名 ZERO 8
発売年 2020年9月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー Infinix
対応バンド・周波数・ネットワーク
3G W-CDMA:1 / 5 / 8
4G LTE FDD LTE:1 / 3 / 5 / 8
TD-LTE:38 / 40 / 41
5G NR 非対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
Bluetooth 搭載(バージョン非公表)
SIMサイズ・スロット トリプルスロット(Nano SIM×2+MicroSD)
ネットワーク関連備考 2回線同時待ち受け対応
本体仕様
ディスプレイ 6.85インチ/液晶/画面占有率非公表
リフレッシュレート90Hz対応
タッチサンプリングレート180Hz
解像度 2,460×1,080(FHD+)
画面比率 20.5 : 9
画素密度 392ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ:168.74mm
横幅:76.08mm
厚さ:9.07mm
重さ 非公表
本体色 ブラック系/ホワイト系/グリーン系
システム仕様
OS X OS 7
Android 10ベース
CPU(SoC) MediaTek Helio G90T
AnTuTuベンチマーク

総合スコア約275,000点
GPUスコア約78,000点
(参考値)

メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ8GB+容量128GB
ストレージカード MicroSD対応(最大2TB)
※独立スロットあり!
カメラ
メインカメラ 菱形クアッドカメラ
①64MP(メイン、IMX686)
②8MP(超広角&マクロ)
③2MP(深度測定カメラ)
④2MP(ナイトビデオカメラ)
特性:ポートレート、マクロ(2.5㎝)、960FPSスローモーション、4Kビデオ
AI:非公表
ナイトモード:対応
手ぶれ補正:対応
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
前面カメラ パンチホール式インカメラ
①48MP(メイン)
②8MP(超広角)
ナイトモード:対応(メインのみ)
ビューティーAI:対応
手ぶれ補正:対応
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
機能仕様・センサー
GPS 搭載(詳細非公表)
センサー 指紋認証(側面)、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 非対応
イヤホンジャック あり(本体下部)
NFC 非公表
その他機能 冷却機構搭載
バッテリー
バッテリー容量 4,500mAh
充電 有線充電:33W(11V/3A)
ワイヤレス充電:非対応
逆充電:非公表
ポート USB Type-C
その他
公式サイト

Infinix ZERO 8

スペック表に関する免責事項

SoCはHelio G90T!ミドルレンジ上位で満足度の高い性能帯

Infinix ZERO 8は発売時点でハイエンド帯に次ぐ性能を誇るミドルレンジ上位のモデルです!メモリ(RAM)は8GB、保存容量は128GBと高いスペックで、マルチタスクを中心とした高負荷なシーンでも安定して動かせそう!

普段使いはもちろんほとんどのゲームも快適!ヘヴィな3Dゲームは快適画質など調整は必要になりますが、ゲーミングにこだわらなければ十分頼りになるスペックを持ち合わせていますよ!

Infinix ZERO 8(Helio G90T)のAnTuTuスコア

まだInfinix ZERO 8実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「Helio G90T」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。Helio G90Tの参考スコアは以下の通り。

  • 総合スコア(CPU):280,000点
  • ゲーム性能(GPU):78,000点
▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の参考スコアです。現時点で本端末の性能がどのランクに相当するか確認が出来ます!↓
区分AnTuTu Ver.8 スコア
ハイエンド
(動作に不満なし)
総合スコア:約40万点以上
GPUスコア:約17万点以上
ミドルレンジ上位
(重いゲームもなんとか)
総合スコア:約30万点〜40万点
GPUスコア:約13万点〜17万点
ミドルレンジ中位
(軽いゲームくらいなら)
総合スコア:約20万点〜30万点
GPUスコア:約6万点〜13万点
ミドルレンジ
(必要最低限)
総合スコア:約10万点〜20万点
GPUスコア:約2万点〜6万点
エントリー
(サブスマホ向き)
総合スコア:約10万点まで
GPUスコア:約2万点まで
▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ!↓
スマホの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

超個性的造形!カラーリングも美しい!サイズもデカいぞ!

いやぁ。超カッコいい。このひし形をモチーフとしたデザインは他モデルでは見かけなかったもので、Infinix ZERO 8とひと目で区別できるレベル。とにかく個性的で、所有満足度も超高そう!↓

Infinix ZERO 8

筆者からすると、ぶっちゃけ見た目に関してはどこのハイエンドモデルでもかなわない位の造形美!「黒い幅広カメラで大体おんなじようなマンネリな見た目」から脱却したデザイン。とても好みです。実機を超拝みたいレベルで最高。

▼カラーは3色で、いずれもグラデーションが入っているのもGood!「この色好みだけどグラデーションが入ってなくて残念」なんてこともないっすね。筆者は黒が欲しいなァ。↓

Infinix ZERO 8

ディスプレイはトップクラスにデカい6.85インチ!表示は高速90Hzに対応でヌルサクに

▼Infinix ZERO 8のディスプレイで特徴的なのはデュアルパンチホール。それに加えて大きさ自体も6.85インチと、全スマホでもトップクラスの大きさなのも見どころです。↓

Infinix ZERO 8
サイズは6.85インチ、解像度は2,460×1,080(FHD+)、デュアルパンチホール形状の液晶ディスプレイ

ディスプレイは素材が液晶ながらもリフレッシュレートを高速化させており、通常よりもよりヌルヌル・サクサクな表示が味わえるのがいいですな!タッチサンプリングレート(タッチの反応速度)も高速なので、より精密かつきびきびした操作も味わえるんす。

これにより、普段使いではデカさゆえに「ニュースやマンガが見やすい」「動画視聴では迫力を味わえる」メリットが、そして高速表示対応で眼に疲れにくくリッチ感も味わえて、ゲーミングシーンでも精密な操作がしやすい!と、嬉しいことづくめというわけなんす!

ただしデカいので片手操作は間違いなく無理そうですね(´・ω・`)。手の大きさ的にも、扱いやすさは結構人によって左右される予感!基本的に両手操作が前提となるでしょう。

ひし形のカメラはナイトモード重視の性能!品質が楽しみ

▼このInfinix ZERO 8で一番特徴であろうカメラ。見た目だけじゃなく、構成も個性的でした。メインカメラは6,400万画素と高く精細さに期待できる…のはもちろん、「ウルトラナイトビデオカメラ」を搭載した点に注目っす!↓

Infinix ZERO 8
「6,400万画素のメイン」+「800万画素の超広角」+「深度測定専用」+「ウルトラナイトビデオカメラ」のクアッド構成を採用

▼メインカメラはナイトモード撮影に強いとのこと!薄暗いシーンでも夜景でもバッチコイなクオリティで撮影できるので品質に期待!特にハイエンドと競わせてどれほどの実力があるのか気になります!↓

Infinix ZERO 8

▼静止画だけでなくビデオ撮影でもクオリティにこだわっており、手ブレ補正にもしっかり対応!走った被写体でもブレを抑えての撮影が出来るのはカメラスキーなユーザーさんにとってGoodです。↓

Infinix ZERO 8

▼Infinix ZERO 8のインカメラはデュアル式!高画素な48MPのメインに加えて8MPの超広角カメラを搭載したことで、品質だけでなく使用シーンもグッと広がったのが嬉しいポイントです。↓

Infinix ZERO 8

▼超広角カメラを使えばメインカメラで収めきれなかったひろーい範囲をぐ~んと収められるので、集団での自撮りシーンもバッチリ!セルフィー好きなユーザーさんにオススメできそうです!↓Infinix ZERO 8

冷却パネル搭載!高負荷シーンでも安心できそう!

▼Infinix ZERO 8内部には冷却パネルを配置しております!これにより発熱を抑えてくれるため、長時間ゲームしていても、動画撮影していても安心して使えそう!持った際の熱さによる不快感も感じにくくなる意味でも、快適さに期待できて嬉しいポイントっす。↓

Infinix ZERO 8

33Wの超急速充電対応!バッテリーも大容量で使い勝手良さそう

▼Infinix ZERO 8のバッテリー容量は4,500mAhと大容量!電池もちは公式で「連続通話時間は最大31時間」「スタンバイ時は最長26日」とあり、とてもスタミナが良さそうで期待できますね!↓

Infinix ZERO 8

さらに充電規格は最大33Wの超急速充電に対応!普段使いにおいてはバッテリー面で不満を持つことは少なそうです!

50W以上の充電方式が多いハイエンドに比べれば当然見劣りはするものの、ミドルハイとしては十分。電池もちも相まって、ヘビーユーザーさんも満足できそうです!

独自OS「X OS 7」搭載!使い心地はイカに?

XiaomiのMIUI、SamsungのOne UIなど、メーカーごとに様々な独自OSがあり、様々な便利機能を搭載しているんですが、実はInfinix ZERO 8もその1つ。

▼Infinix ZERO 8はInfinixの独自OS「X OS 7」を搭載しているんです!システム上の処理性能、アプリやゲームのサクサク感を上げるターボ機能を搭載しているのが特徴!インターフェースなど詳細な使い心地はどれだけ高いのか期待ですね。↓

Infinix ZERO 8

Infinix ZERO 8の対応バンド

Infinix ZERO 8は海外スマートフォンなので技適に関してはご留意下さい。

docomo回線の電波バンド対応状況

Infinix ZERO 8は4Gで重要なバンドのうちバンド1・3に対応していますが、地下や郊外の繋がりやすさを左右するバンド19に対応していないので電波強度が弱くなる場合があります。

▼ガルマックスがオススメするドコモ回線の格安SIMはこれ!↓

またInfinix ZERO 8はドコモで提供されている5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

ドコモの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band19(4G FDD LTE/800MHz)重要 ×
Band21(4G FDD LTE/1.5GHz) ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz) ×
Band42(4G TD LTE/3.5GHz) ×
n78(5G NR Sub6/3.6~3.7GHz)重要 ×
n79(5G NR Sub6/4.5~4.6GHz)重要 ×
n257(5G NR ミリ波/27.4~27.8GHz) ×

Softbank・ワイモバイル回線の電波バンド対応状況

Infinix ZERO 8は4Gで重要なバンド1・3・8に対応しているので実用に問題はありません。

▼ガルマックスがオススメするソフトバンク&ワイモバイル回線の格安SIMはこれ!↓

またInfinix ZERO 8はソフトバンクで提供されている5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

ソフトバンクの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band8(4G FDD LTE/900MHz)重要
Band11(4G FDD LTE/1.5GHz) ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz) ×
Band41(4G TD LTE/2.5GHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GHz) ×
n77(5G NR Sub6/3.9~4.0GHz)重要 ×
n257(5G NR ミリ波/29.1~29.5GHz) ×

au回線の電波バンド対応状況

Infinix ZERO 8は4Gで重要なバンドのうちバンド1のみ対応していますが、全国区をカバーするバンド18(26)に非対応なので多くのエリアで電波の強度が弱くなる場合があります。またauはバンドが対応していても通信できない場合があります。通信できる確証を得てから検討して下さい。

▼ガルマックスがオススメするau回線の格安SIMはこれ!↓

またInfinix ZERO 8はauで提供されている5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

auの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band18(4G FDD LTE/1.8GHz)重要 ×
Band26(4G FDD LTE/900MHz)Band18を内包 ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz) ×
Band41(4G FDD LTE/2.5GHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GH) ×
n77(5G NR Sub6/3.7~3.8GHz・4.0~4.1GHz)重要 ×
n78(5G NR Sub6/3.7~3.8GHz)重要 ×
n257(5G NR ミリ波/27.8~28.2GHz) ×

楽天モバイル回線の電波バンド対応状況

Infinix ZERO 8は4Gで重要なバンドのうちバンド3のみ対応していますが、楽天モバイルのパートナー回線(au回線)であるバンド18に対応していないので多くのエリアで電波の強度が弱くなる場合があります。また楽天モバイルはバンドが対応していても通信できない場合があります。通信できる確証を得てから検討して下さい。

▼300万人まで月額料金が1年間無料!まだ申し込んでない人は↓

またInfinix ZERO 8は楽天モバイルで提供される5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

楽天モバイルの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band18(4G FDD LTE/1.8GHz)重要 ×
Band26(4G FDD LTE/900MHz)Band18を内包 ×
n77(5G NR Sub6/3.8~ 3.9GHz)重要 ×
n257(5G NR ミリ波/27.0~27.4GHz) ×

まとめ:定価が2万円台なのに充実しすぎ!

Infinix ZERO 8

Infinix ZERO 8、めっちゃコスパがイイ。少なくともこれだけの性能、機能性を充実していながら価格は定価で約28,000円!ヤスゥイ!個人的にはハイエンドモデルが3万円台とか4万円台で売られている時と同じあるいはそれ以上に燃える1台。

気になるのは日本語対応とGoogleサービスの有無!端末の公式ページでは記載がなく、画像内でもGoogleのアプリの影も見当たりませんでした。

中国メーカースマホはHUAWEIやVivoのように一部がGoogle非搭載のモデルがあるので、Infinix ZERO 8ももしかしたら非対応、非搭載の可能性もあるのが悩みどころ。僕ん周りでInfinix持ってる人はいませんでしたし、ここは人柱になるべきか否か。。。実に迷えます。

もしフル対応しているか、あとでラクにGoogle導入できればすごくイイ!日本で手に入るECサイトに今後注目です!おしまい。

Infinix ZERO 8の発売時期と価格・購入先

Infinix ZERO 8の発売時期は9月頃で価格は以下の通り!

  • メモリ8GB/容量128GB:3.799.000ルピア(約28,000円)

購入先については取り扱いショップが判明したら追記します、アップデートをお待ち下さい!

ページトップへ