ワイモバイル バナー ヘッダー

ソフトバンク「LEITZ PHONE 1」発表!ライカ初のスマホは1インチセンサー搭載、2021年7月16日発売

ソフトバンクが新スマホLEITZ PHONE 1を発表。ライカが全面的に監修した初のスマートフォンで1インチセンサーを採用するカメラを搭載。予約は6月18日から開始、発売日は2021年7月16日。

2021/07/12追記:発売日情報が分かったので追記してます。

LEITZ PHONE 1の特徴

LEITZ PHONE 1の特徴は以下の通り!

LEITZ PHONE 1のハイライト

  • ハイエンドクラスのスペック
  • ライカが全面的に監修
  • Pro IGZO OLEDを搭載
  • 1インチセンサーのカメラ

これは速報だな。なんと、ドイツの老舗カメラメーカー「ライカ」とソフトバンクがタッグを組んで、ライカ初となるスマートフォンを独占発売することを発表。端末名はLEITZ PHONE 1で「ライツフォン ワン」と読みます。

▼LEITZ PHONE 1のデザインは「ライカならでは」と表現されており、シンプルで美しいデザインが目を惹きます。カラー名はライカシルバー↓

▼上部はフラットでシルバー。めっちゃ見た目かっこいい。↓

▼本体だけでなくケースもロゴ入り。それだけでなくレンズキャップを用意するなどライカファンの心をくすぐってきますね。↓

LEITZ PHONE 1の性能については執筆時点でQualcommの最上位グレードであるSnapdragon 888を搭載。メモリは大容量な12GB、容量は256GBとフラッグシップモデルらしい構成となってます。

LEITZ PHONE 1はライカスマホってことで写真を沢山撮影することが想定されるので、外部ストレージ対応が気になってたんですが、MicroSDに対応していて容量は1TBまでサポートしてました。ガンガン撮影を楽しめるね!

6.6インチのディスプレイはSHARPのAQUOS R6と同じPro IGZO OLEDを搭載。IGZOでありながら有機ELという最新のディスプレイは、1Hz-240Hzで駆動(Pro IGZO OLEDの仕様的にたぶん240Hzは黒挿入の倍速だと思う)の滑らか表示にも対応しちゃってます。

カメラはもちろんライカ監修。センサーサイズは1インチとスマホでは最大級。F1.9、焦点距離は19mmの7枚構成レンズを採用。「Leitz Looks」モードではライカらしい美しいモノクロ撮影をスマートフォンで楽しめるってことです。

その他、バッテリー容量は5000mAh、Wi-Fiはaxにも対応、Android 11、おサイフケータイ、IP68の防水防塵に対応してます。

発売時期と価格

LEITZ PHONE 1は2021年7月以降に発売予定、2021年6月18日から予約スタートとのことです!発売日は2021年7月16日。価格はなんと187,920円…。187,920円…。187,920円…。結構いい値段じゃねーか!

LEITZ PHONE 1はライカ初のスマートフォンってことで、全体的にライカの監修が入っている訳ですが、スマホに詳しい方なら、「あれ、これ中身AQUOS R6じゃね?」って感じるはず。

かく言う僕も「これはAQUOS R6をライカファン向けにチューニングしたファンエディション」って印象を受けます。

発表会でもAQUOS R6はカメラがライカ監修、LEITZ PHONE 1はカメラ以外もライカが監修しているので、UIなんかもライカ仕様。ライカファンの心をくすぐる要素満載ですが、187,920円。結構なライカファンじゃないとなかなか手が出せないかもなー。

▼LEITZ PHONE 1のスペック詳細は以下↓

LEITZ PHONE 1のスペック・対応バンドまとめ

▼動画も公開しました!↓

ページトップへ