ワイモバイル バナー ヘッダー

MagSafeデュアル充電パッドがApple日本公式に登場!…価格が高すぎて震えている

MagSafeデュアル充電パッド

ポチる時に指が震えそう。Appleの日本公式サイトが更新され、新しいアクセサリー「MagSafeデュアル充電パッド」が登場した!が、価格をみて震えた。

MagSafeデュアル充電パッド、なんとお値段16,280円(税込)!

MagSafeデュアル充電パッドはまもなく登場予定だそうで、税別14,800円。我らのお財布からは税込16,280円が出ていく。

僕の好きな吉野家の牛丼並盛換算だと約42杯分に相当する。月間平均3杯食ってるので14ヶ月間の牛丼と引き換えなのである。

MagSafeデュアル充電パッド

MagSafeデュアル充電パッドの説明を忘れていた。

MagSafeデュアル充電パッドは、折り畳めるMagSafe対応のワイヤレス充電器で、iPhoneとApple Watchを一緒に充電できるアイテム。コンパクト&軽量なのでどこにでも持ち運べるのがウリ!

iPhone 12シリーズ以外のiPhoneでは扱いづらそう

MagSafeデュアル充電パッドは「MagSafe」と書いている通り、iPhone 12シリーズの新仕様として導入された「埋め込まれた磁石」を使って固定するので、それ以前のシリーズでは磁石でパチっとくっつかない。

磁石で固定できるからこそちょっとやそっとではズレない訳で、これだけコンパクトに仕上げられたんだと思う。磁石でくっつかないiPhoneだと台座小さすぎてちょっとした衝撃でワイヤレス充電スポットからズレてしまいそう。

一応、ワイヤレス充電はQiワイヤレス規格なので、充電しようと思えば多くのスマホで使えそうだけどね。

僕、iPhone 12 Proユーザー。ちょっと魅力的に見えてきた

さて、僕はといいますと、メインのiPhoneを「iPhone 12 Pro」に新調しまして、ガンガンMagSafeってる訳ですよ。

Apple Watchも持ってるし、MagSafeデュアル充電パッドを迎える準備が万端であることに気がつくと、ちょっと魅力的に見えてきた。Appleって恐ろしい。

▼ほらみて、こんなにコンパクト。ポケットにもスッと入りそうなサイズ感。↓

MagSafeデュアル充電パッド

▼ほらみて、こんな感じにパカッと開くんだよ。↓

▼ほらみて、ニョキッとApple Watch側のユニットを起こせるよ。↓

▼ほらみて!カッコいい!↓

MagSafeデュアル充電パッド

▼ほらみて!Apple Watch側のユニットを起こすの面倒だなって感じている人の事も考慮されているよ!↓

ちなみに、同梱物はMagSafeデュアル充電パッド以外にUSB−C − Lightningケーブル1mが付属するみたい!電源供給用の充電器でAppleの推奨は「20W USB−C電源アダプタ」だそうで、こちらのお値段は税込2,200円!

MagSafeデュアル充電パッドと合わせてセット価格は税込18,480円!高いわ!

まぁ、そんなことを言いつつ「触ってみたいな」って欲求が勝っているので、社内で「これは必要なんだ!」と購入に向けた稟議が通るようにプレゼンを今から考えようかと思います。

それでは、発売日が分かり次第またお伝えしますね!

ページトップへ