ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Moto G Stylusのスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

Moto G Stylus

スタイラスペンのついた大画面スマホ「Moto G Stylus」のスペックをチェックしましょう!イカした外観、カメラの性能、タッチペンによる操作性の良さが気になるぜ!

スペックデータベース登録済み

▼Moto 8シリーズの大容量バッテリー搭載モデルも登場!気になる方は以下もチェック!↓

Moto G8 Powerのスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

▼こっちは8なしのPOWERモデル!カメラがちょっとシンプルになってますが低価格で大容量バッテリーを搭載しているのが特徴のモデルです!↓

moto G Powerのスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

Moto G Stylusの詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度ランク
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
製品情報
端末名 Moto G Stylus
型番/別名 G Stylus
発売年 2020年4月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー Motorola
言語 日本語対応不明!情報求む!
対応バンド・ネットワーク
2G GSM:2/3/5/8
CDMA BC0 / BC1 / BC10
3G UMTS:1/2/4/5/8
4G 1/2/3/4/5/7/8/12/13/14/17/18/19/20/25/26/29/30/38/39/40/41/66 / 71
5G 非対応
ドコモ対応状況

フル対応
プラチナバンド19対応
FOMAプラスエリア対応

ソフバン・ワイモバ対応状況

フル対応
プラチナバンド8対応
バンド41対応

au対応状況

フル対応
プラチナバンド対応
(但し通信できるかは実機検証が必要)

SIMサイズ・スロット Nano SIM
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
本体仕様
ディスプレイ 6.4インチ/液晶/画面占有率89%
解像度 2300×1080/FHD+/画面比率19.17:9
画素密度 399ppi/ドットの粗さが気になるかも
サイズ 高さ158.55mm
横幅75.8mm
厚さ9.2mm
重さ 192g
本体色 ブルー系(ミスティック・インディゴ)
システム仕様
OS Android 10
SoC Qualcomm Snapdragon 665
CPU Kryo 260/8コア/2.0GHz
GPU Adreno 610
ベンチマーク AnTuTu v7(参考値):総合スコア約140000点、GPUスコア約31000点
Geekbench(参考値):シングルコア約1500点、マルチコア約5000点
メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ4GB+容量128GB
ストレージカード MicroSD対応/最大512GB
カメラ
メインカメラ 48MP+2MP+16MP
特性:マクロ+広角
F値:1.7+2.2+2.2
AI:対応
手ぶれ補正:対応(電子式)
センサーサイズ:1.6μm+2.0μm
前面カメラ 16MP
特性:ポートレート、笑顔検出で自動撮影
F値:2.0
AI:対応
手ぶれ補正:対応(電子式、動画のみかも?)
センサーサイズ:1μm
機能仕様・センサー
GPS GPS、AGPS、LTEPP、SUPL、GLONASS、GALILEO
センサー 指紋認証(背面)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 撥水対応
イヤホンジャック あり
ネットワーク機能 NFC非対応
その他機能 専用スタイラスペン付属
画面メモ機能、写真編集機能搭載
バッテリー
バッテリー容量 4,000mAh
充電 有線充電:10W(5V/2A)
ワイヤレス充電:非対応
ポート USB Type-C
その他
価格 299.99ドル
約32,900円
公式サイト

Moto G Stylus

スペック表に関する免責事項

Moto G Stylusの発売時期と価格

Moto G Stylusの発売時期は4月頃で価格は以下の通り!

  • メモリ4GB/容量128GB:299.99ドル(約32,900円)

Moto G Stylusの性能をチェック!

Moto G Stylusは販売時点でミドルレンジ帯の中で中間の性能ランクとなるモデル!普段使いでは困らない性能と安価な価格設定からコスパを求めるユーザーに人気の性能帯です!また、各社が力を入れている性能帯でもあるので、トレンド機能などが多く搭載される性能帯です!

  • 普段使い:不満を抱く事が少ない動作
  • ゲーム:2Dまたは軽い3Dゲームは軽快に動くゲームが多いが、重量級ゲームでは動作の鈍さを感じる事がある

Moto G Stylus(Snapdragon 665)のAnTuTuスコア

AnTuTu 最新

まだMoto G Stylus実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「Snapdragon 665」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。

  • Snapdragon 665(参考):総合スコアが140,000点、ゲーム性能(GPU)が31,000点

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の平均スコアです。新しい世代に切り替わるとリストのスコアも切り替えるので、現時点でMoto G Stylusが搭載するSnapdragon 665の性能がどのランクに相当するかいつでも確認が出来ます!↓

AnTuTu 7ハイエンドミドルレンジ
最上位
ミドルレンジ
上位
ミドルレンジエントリー
スコア総合
約36.2万点

GPU
約15.7万点
総合
約16.5万点

GPU
約4.7万点
総合
約13.5万点

GPU
約2.9万点
総合
約8.6万点

GPU
約1.8万点
総合
約7.1万点

GPU
約1.2万点
  • ▼AnTuTuベンチマークスコア募集中!▼
    スマートフォンは日々進化しており、例えば去年のミドルスペックと今年のミドルスペックでは同じ性能帯でも性能差があります。理由は処理チップにも世代があり、新世代になると性能も大きく向上するためです。SIMフリー端末はキャリアに縛られない汎用性の高さから、今後は中古市場でも人気が高くなると予想しています。
  • そこで、端末の性能を数値化するAnTuTuベンチマークアプリを用いて実機のスコアを収集し、新端末や中古端末を選ぶ際の1つの指標となるように日々実機を用いたAnTuTuベンチマークスコアを以下の記事でまとめて公開しています。もし、実機AnTuTuベンチマークスコアを提供してもいいよ!(端末は全機種対象)という方は以下の記事に投稿方法も記載しているのでチェックしてみて下さいね!
  • 【関連】スマートフォンの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

Moto G Stylusの対応バンドをチェック!

Moto G Stylusは海外スマートフォンなので技適に関してはご留意下さい。

Moto G Stylusのドコモ回線対応状況

Moto G StylusのLTEは全国区をカバーするバンド1、東名阪の高速通信バンド3、地下や郊外の繋がりやすさを左右するプラチナバンドの19に対応。3Gも主力のバンド1に加え山岳地帯や農村地区をカバーするFOMAプラスエリアに対応しています!

Moto G Stylusはドコモで販売する端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で通信できる対応バンド構成となっています!

▼本端末のバンドに合致!ガルマックスがオススメするドコモ回線SIMはこれ!↓

Moto G Stylusのソフトバンク回線、ワイモバイル回線の対応状況

ソフトバンクとワイモバイルは同じ回線を利用しているので合わせて紹介。

Moto G StylusのLTEは主力のバンド1、補助バンドの3、プラチナバンドの8に対応。また、通信方式の異なるTDD-LTEのバンド41にも対応。3Gも通信に必要なバンド1および8に対応しています!

Moto G Stylusはソフトバンクやワイモバイルで販売している端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で通信できる対応バンド構成となっています!

ワイモバイル回線やソフトバンク回線を利用する格安SIMを利用している方は気にしなくて良いのですが、ソフトバンク純正のAndroid SIMを利用している方は注意が必要です。

ソフトバンクでAndroid端末を購入した時に付属するSIMはAndroid用SIMで、SIMと端末が紐づけされています。このため、異なるAndroid端末での利用は通信できない制限が発生する場合があります。Android SIMを利用している方はソフトバンクショップで機種変更手続きが必要ですが、その際に技適の確認が有るみたいです。

海外でMoto G Stylusをソフトバンクのローミングサービスで利用したいと考えている方は、購入前にソフトバンクショップで相談してみましょう。

Moto G Stylusのau回線対応状況

Moto G Stylusは通話もデータ通信もLTEを利用するau VoLTE SIMのバンドにフル対応しています。しかしながらau回線はSIMフリースマートフォンと相性が悪くバンドに対応していても利用できない場合も多々あるので、実際にMoto G Stylusでau VoLTE SIMが利用できる確証を得てから検討して下さい。

auでは相互通信テストをクリアしていないとVoLTEが利用できない場合が多いので確認してみましょう!

Moto G Stylusの特徴ピックアップ!

付属のスタイラスペンが特徴的!メモ、写真編集に使えるぞ!

▼Moto G Stylusの一番の特徴!Galaxy NoteシリーズやLG Q Stylus同様に、本体にカチッと収納できる専用スタイラスペンが付属しております!

Moto G Stylus

タッチペンを用いることで写真編集、メモ機能や文字起こしをスラスラ~っと行えて便利!細かいタッチ操作もできるので精密操作は勿論、画面を指紋で汚したくないってときにも結構役立ってくれるんですよね!

ただ、見た感じは先の細いタッチペンっぽい!筆圧検知の機能があるかは今の段階で不明なので分かり次第TwitterFacebookお伝えしたいと思います!

クアッドっぽい見た目!カッコいいトリプルカメラ搭載!

▼このカメラをよくみてください。大きい独立したメインカメラの下には更に3つのカメラユニットが積まれています。↓

Moto G Stylus

これ、実は一番下はカメラではなくToFセンサー!(美しい背景ボケをサポートするセンサー!)センサー!つまりクアッドカメラっぽい見た目なトリプルカメラな面白い見た目なんす。デュアルカメラな見た目のシングルカメラ搭載機種であるGalaxy A20やAQUOS Sense3 Liteと共通したナニカを感じさせる。

▼実際の性能が一番大事!Moto G Stylusのカメラはメインが48MPと大きな画素数が特徴的!解像度が大きくなり、写真を一部だけ切り出して使えそう。また公式曰く「4倍の光感度を得られる」とのことで、より明暗のハッキリした写真に期待できますね!

Moto G Stylus

▼さらにAIナイトモードに対応!うすぐら~い状況下でもノイズの少ない写真を撮れるんだそうです!↓

Moto G Stylus

キワメつけはマクロカメラ。なんと被写体に2cmまで近づける超接写が可能なんです!他の機種のマクロカメラの接写可能距離はだいたい3~4cm。Moto G Stylusのマクロカメラは他より一歩抜きん出てる印象っす。↓

Moto G Stylus

「マクロカメラはどういう状況で使うの?」という意見を時に見ますが、たとえば小さなキーホルダーや虫さん、ペットは大迫力で撮影できますし、メルカリやヤフオクといった出品サイトでは、商品の状態をこまかく撮影できるので、よりスムーズな取引ができるって意味でも役立つんす。何より撮ってて楽しい!マクロカメラはいいぞ!

一部だけを動かせる特殊動画が撮影できる!?

▼面白いのが、動画を撮影する際に「一部だけを動かせるワンショットモード」を使えるって所なんす。↓

Moto G Stylus

これはすっごい気になる!一体どうやって撮影するのか、どういう出来栄えになるか?ものすごい色々な遊びができそうな、可能性を感じるモード!これは実機を触ってみないわからん!是非とも実機で試したい機能ですな!

6.4インチ大画面+Dolby Atmos対応スピーカー搭載!

▼エンタメやゲームを最大限楽しむのは大画面ディスプレイはもちろんのこと、Dolby Atmos対応のステレオスピーカーを搭載しております。↓

Moto G Stylus

ステレオスピーカーは嬉しいギミックですよ!横持ちした時に、手でスピーカーを塞いで聞こえない、なんて心配も減りますし、何より音の聞こえが良くなるのはデカい。イヤホンなしでもイイ感じ!なサウンドを楽しめるのは高い満足度を得られるポイントっす。

4,000mAhの大容量+急速充電に対応!

Moto G Stylusのバッテリー容量は4,000mAhと大容量。公式では充電なしでも最大2日持つんだとか!2日持つかは使い方次第なんですが、電池もちは期待できそう。

10Wの急速充電に対応しており、一般的なスマホよりも速い充電で使えるのもGood!スマホは電池もちが命なんで、大容量バッテリー+急速充電に対応しているのは安心感段違いっす。

Moto G Stylusまとめ!大画面+大容量バッテリー+ペンのお得セット

Moto G Stylus

昨今は大画面スマホが増えつつある中でMoto G Stylusのようなスタイラスペンを搭載してくれたのはとてもイイね!って感じたポイント。Galaxy NoteシリーズのSペンとは見た目異なっているので、機能性がどこまで違うかは気になりますが、上記写真ののようにサッ!とメモできるのはとても便利ですよね!

筆者はすぐ物事を忘れるトリ頭なもんで、すぐやることリストをまとめなきゃいけねぇんですが、文字をいちいち起こすってなかなか手間。でもメモ帳持つとかさばるし失くすこともあるしで悩みドコロ。そんな状況でかなり役立ちそうなのがMoto G Stylusだなって思うんス。まずは実機を触ってみたい!メモ帳でもお絵かきでも役立つスマホであることを期待したいですね!

しかも価格は299ドル、日本円で3万円台で買えるというリーズナブルさも見逃せねぇ!使い勝手が良ければ、スタイラスペンスマホでかなり人気が高まりそうですよ!4月の発売が待ち遠しいぜ!

新たな情報が入り次第TwitterFacebookでお伝えするのでフォロー宜しく!

▼まだ発売前ですが、以下の公式サイトでメールを登録しておくといち早くMoto G Stylusの情報が得られるので気になる方は登録しておきましょう!↓

▼Moto 8シリーズの大容量バッテリー搭載モデルも登場!気になる方は以下もチェック!↓

Moto G8 Powerのスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

▼こっちは8なしのPOWERモデル!カメラがちょっとシンプルになってますが低価格で大容量バッテリーを搭載しているのが特徴のモデルです!↓

moto G Powerのスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

Moto G Stylusの公式サイト

Moto G Stylusの公式サイトは以下です!

ページトップへ