Moto G8 Powerのスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

Moto G8 Power

大容量バッテリーとクアッドカメラ搭載!電池もちバツグンなMoto G8 Powerの性能をチェック!

Moto G8 Powerの詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度
信頼度 参照先:公式サイト
信頼度:高
製品情報
端末名 Moto G8 Power
型番/別名 G8 Power
発売年 2020年4月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー Motorola
備考 日本語対応不明!情報求む!
対応バンド・周波数・ネットワーク
3G ↓Networks + Bands↓
1/2/4/5/8

↓Super row SKU bands↓
1/2/4/5/8/19
4G LTE ↓Networks + Bands↓
1/2/3/4/5/7/8/12/17/28/66

↓Super row SKU bands↓
1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28/38/40/41
5G NR 非対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
SIMサイズ・スロット Nano SIM×2
Nano SIM+MicroSD
バージョン違いあるかも?
ネットワーク関連備考 2回線同時待ち受け対応
DSDS対応
本体仕様
ディスプレイ 6.4インチ/IPS液晶/画面占有率88%
解像度 2,300×1,080/FHD+/画面比率19:9
画素密度 399ppi/ドットの粗さは気にならない画素密度
サイズ 高さ155.95mm
横幅75.84mm
厚さ9.63mm
重さ 197g
本体色 ブラック系/ブルー系
システム仕様
OS Android 10
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 665
AnTuTuベンチマーク

AnTuTu v7(参考値):総合スコア約140000点、GPUスコア約31000点
Geekbench(参考値):シングルコア約1500点、マルチコア約5000点

メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ4GB+容量64GB
ストレージカード MicroSD対応/最大512GB
カメラ
メインカメラ 16MP+2MP+8MP+8MP
特性:マクロ+広角+望遠+(光学2倍)
F値:1.7+2.2+2.2+2.2
AI:対応
手ぶれ補正:対応(電子式、動画のみかも?)
センサーサイズ:1.12μm+1.75μm+1.12μm+1.12μm
PXサイズ:非公表
前面カメラ 16MP
特性:自動笑顔検知撮影
F値:2.0
AI:対応
手ぶれ補正:対応(電子式、動画のみかも?)
センサーサイズ:1μm
PXサイズ:非公表
機能仕様・センサー
GPS GPS、AGPS、LTEPP、SUPL、Glonass、Galileo
センサー 指紋認証(背面)、加速度センサー、ジャイロセンサー、近接センサー、周囲光センサー
防水/防塵 撥水加工
IP表記なし
イヤホンジャック あり
NFC NFC非対応
バッテリー
バッテリー容量 5,000mAh
充電 有線充電:15W(5V/3A)
ワイヤレス充電:非対応
ポート USB Type-C
その他

スペック表に関する免責事項

Moto G8 Powerの発売時期と価格

Moto G8 Powerの発売時期は4月頃!価格は現時点ではまだ非公表となっております。価格が分かり次第、TwitterFacebookでお伝えします!

  • メモリ4GB/容量64GB:価格非公表

Moto G8 Powerの性能をチェック!

Moto G8 Powerは販売時点でミドルレンジ帯の中で中間の性能ランクとなるモデル!普段使いでは困らない性能と安価な価格設定からコスパを求めるユーザーに人気の性能帯です!また、各社が力を入れている性能帯でもあるので、トレンド機能などが多く搭載される性能帯です!

  • 普段使い:不満を抱く事が少ない動作
  • ゲーム:2Dまたは軽い3Dゲームは軽快に動くゲームが多いが、重量級ゲームでは動作の鈍さを感じる事がある

Moto G8 Power(Snapdragon 665)のAnTuTuスコア

AnTuTu 最新

まだMoto G8 Power実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「Snapdragon 665」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。

  • Snapdragon 665(参考):総合スコアが140,000点、ゲーム性能(GPU)が31,000点

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の平均スコアです。新しい世代に切り替わるとリストのスコアも切り替えるので、現時点でMoto G8 Powerが搭載するSnapdragon 665の性能がどのランクに相当するかいつでも確認が出来ます!↓

AnTuTu 7ハイエンドミドルレンジ
最上位
ミドルレンジ
上位
ミドルレンジエントリー
スコア総合
約36.2万点

GPU
約15.7万点
総合
約16.5万点

GPU
約4.7万点
総合
約13.5万点

GPU
約2.9万点
総合
約8.6万点

GPU
約1.8万点
総合
約7.1万点

GPU
約1.2万点

▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ!↓

実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ[2020/05/05更新]

Moto G8 Powerの対応バンドをチェック!

Moto G8 Powerは海外スマートフォンなので技適に関してはご留意下さい。

Moto G8 Powerは「Networks + Bands」版と「Super row SKU bands」でバージョンが2つあり、それぞれで対応バンドが異なるのでご注意ください。

Moto G8 Powerのドコモ回線対応状況

Networks + Bands版

Moto G8 PowerのLTEですが、全国区をカバーするバンド1や東名阪の高速通信バンド3には対応していますが、残念ながら地下や郊外での繋がりやすさを左右するプラチナバンドの19に非対応です。。。また、3Gも山岳地帯や農村地区をカバーするFOMAプラスエリアのバンド6には対応していません。。。

Moto G8 Poweの「Networks + Bands版」はドコモ回線で利用する複数のバンドに対応していますが、ドコモが販売する端末よりエリアが狭くなったり圏外率が高くなる可能性があります!

Super row SKU bands版

Moto G8 PowerのLTEは全国区をカバーするバンド1、東名阪の高速通信バンド3、地下や郊外の繋がりやすさを左右するプラチナバンドの19に対応。3Gも主力のバンド1に加え山岳地帯や農村地区をカバーするFOMAプラスエリアに対応しています!

Moto G8 Powerの「Super row SKU bands版」はドコモで販売する端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で通信できる対応バンド構成となっています!

▼ガルマックスがオススメするドコモ回線の格安SIMはこれ!↓

Moto G8 Powerのソフトバンク回線、ワイモバイル回線の対応状況

Networks + Bands版

ソフトバンクとワイモバイルは同じ回線を利用しているので合わせて紹介。

Moto G8 PowerのLTEは主力のバンド1、補助バンドの3、プラチナバンドの8に対応。3Gも通信に必要なバンド1および8に対応しています!

Networks + Bands版は対応していれば尚良なTDD-LTEのバンド41は対応していないので、イベントなどの超混雑場所では稀にバンド41に対応している端末より通信速度が僅かに遅くなる可能性があります。が、 僕はバンド41に非対応端末を利用していた際に”困ったと感じる事が1度もなかった”ので、個人的には問題視してません。

プラチナバンドを含む主力必須バンドはすべて対応しているので、Moto G8 Powerはソフトバンク回線やワイモバイル回線で比較的快適に通信できる対応バンド構成となっています!

ワイモバイル回線やソフトバンク回線を利用する格安SIMを利用している方は気にしなくて良いのですが、ソフトバンク純正のAndroid SIMを利用している方は注意が必要です。

ソフトバンクでAndroid端末を購入した時に付属するSIMはAndroid用SIMで、SIMと端末が紐づけされています。このため、異なるAndroid端末での利用は通信できない制限が発生する場合があります。Android SIMを利用している方はソフトバンクショップで機種変更手続きが必要ですが、その際に技適の確認が有るみたいです。

海外でMoto G8 Powerをソフトバンクのローミングサービスで利用したいと考えている方は、購入前にソフトバンクショップで相談してみましょう。

Super row SKU bands版

ソフトバンクとワイモバイルは同じ回線を利用しているので合わせて紹介。

Moto G8 PowerのLTEは主力のバンド1、補助バンドの3、プラチナバンドの8に対応。また、通信方式の異なるTDD-LTEのバンド41にも対応。3Gも通信に必要なバンド1および8に対応しています!

Moto G8 Powerはの「Super row SKU bands版」ソフトバンクやワイモバイルで販売している端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で通信できる対応バンド構成となっています!

ワイモバイル回線やソフトバンク回線を利用する格安SIMを利用している方は気にしなくて良いのですが、ソフトバンク純正のAndroid SIMを利用している方は注意が必要です。

ソフトバンクでAndroid端末を購入した時に付属するSIMはAndroid用SIMで、SIMと端末が紐づけされています。このため、異なるAndroid端末での利用は通信できない制限が発生する場合があります。Android SIMを利用している方はソフトバンクショップで機種変更手続きが必要ですが、その際に技適の確認が有るみたいです。

海外でMoto G8 Powerをソフトバンクのローミングサービスで利用したいと考えている方は、購入前にソフトバンクショップで相談してみましょう!

▼ガルマックスがオススメするソフトバンク&ワイモバイル回線の格安SIMはこれ!↓

Moto G8 Powerのau回線対応状況

Networks + Bands版

Moto G8 Powerの「Networks + Bands版」は通話もデータもLTEを利用するau VoLTE SIMで必須となるバンドに対応していないので非対応です。

Super row SKU bands版

Moto G8 Powerの「Super row SKU bands版」は通話もデータ通信もLTEを利用するau VoLTE SIMのバンドにフル対応しています。しかしながらau回線はSIMフリースマートフォンと相性が悪くバンドに対応していても利用できない場合も多々あるので、実際にMoto G8 Powerでau VoLTE SIMが利用できる確証を得てから検討して下さい。

auでは相互通信テストをクリアしていないとVoLTEが利用できない場合が多いので確認してみましょう!

Moto G8 Powerの特徴ピックアップ!

「イマドキのスマホ」らしい見た目だけどモトローラらしいルックスがイイ!

▼あんまり公式動画で触れられていないんですが、見た感じボディは鏡面に縦のストライプ加工で美しいルックス!高級感漂ってます。カラーはブラックとブルーの2色展開!↓

Moto G8 Power

▼ディスプレイは左上にパンチホールのあるタイプ!ノッチよりもひろく画面が使えて嬉しい設計ですよ!↓

Moto G8 Power

▼極めつけは背面の指紋センサー!モトローラのロゴが入っており、一発でモトローラとわかる外観!指紋センサー自体に加工が入るスマホって非常に稀。実にかっこいいっす!↓

Moto G8 Power

見た目もイカすクアッドカメラ搭載!

▼Moto G8 Powerのカメラにご注目。メインカメラに並び3つのサブカメラが並んだクアッドカメラを搭載!見た目もクアッドカメラらしさが溢れててカッコいいっす。↓

Moto G8 Power

カメラは上から8MPの超広角、16MPのメインカメラ、2MPのマクロカメラ、8MPの望遠カメラの構成!実はメインカメラは上から2番めのカメラ。一番上は広範囲を一枚に収められる超広角カメラになっております!

機能性もバッチリ!超広角もマクロも望遠もあるぞ!

超広角カメラは立ち位置変えずにグッと引いたような写真が撮影出来るカメラ!サンプル画像のようにたくさんの人々を撮影したい時、室内で一歩引きたいけど引けないような状況下でとても役に立つんです!↓

Moto G8 Power

さらに、被写体にめっちゃ近づいて撮影できるマクロカメラを搭載!超接写でも撮影できる便利なカメラでございます。↓

Moto G8 Power

マクロカメラって、最初は使いみちに戸惑いますがね、結構便利なんすよ。小さい被写体はもちろんのこと、ヤフオクやメルカリなどで商品を細かく撮影したり傷やスレといった状態をしっかり写真にできるんす。筆者もこの機能は結構重宝しているんすよ!でも何より楽しい!ここ大事。

また、専用の望遠カメラまでしっかり搭載!一般的なミドルスマホのカメラってデジタルズームでそのまま拡大するようなスマホが多いんですけども、Moto G8 Powerは光学2倍ズームに対応しており、2倍までくっきりキレイな写真を収められるんですよ!

Moto G8 Power

遠くの被写体はもちろんのこと、近づくと逃げちゃうような動物を撮影したい動物スキーなユーザーさんにも嬉しいポイントといえますぞ!

丸2日持つ大容量バッテリー搭載!

▼一般的なスマホのバッテリー容量は3,000mAhなんですが、Moto G8 Powerのバッテリー容量がこれまた5000mAhとタップリサイズ!公式によれば丸2日もバッテリーが持つんだそうっす。↓

Moto G8 Power

スマホで無視できないのはやっぱりバッテリー持ち。たくさん電話したり、Webブラウジングしようがゲームしようが音楽聴こうが、しっかりバッテリーが持ってくれるのは嬉しいポイントっすね!

Moto G8 Powerまとめ!ミドルクラスな性能ながらも満足感たっぷり得られそうな性能!

Moto G8 Power

まずMoto G8 Powerの価格なんですが、現時点では未定。4月の発売が待ち遠しいですね!ガルマックスでも情報が入り次第、TwitterFacebookお伝えしますね!

ミドルクラスのSoCでありつつも、カメラもバッテリーもステレオ対応スピーカーもギュッと詰まっているんで、コスパがとてもイイんじゃないかなと予想しております!

名前にPowerと付いているスマホは、ほとんどがバッテリー特化で他の機能を削ったという方向性に仕上がっているんですが、Moto G8 Powerは全体的にバランスが優秀。価格次第で大きく人気の出そうな機種!ぜひとも今後の情報に期待したい1台なのでした!

ガルマックス編集長 ナオキ
Super row SKU bands版って完全に日本を意識したバンド構成だね!これまでもMotorolaは日本で積極的に端末をリリースしてくれていたので日本発売に期待!でも、情緒不安定な感じの通知音はなんとかして欲しいwww

Moto G8 Powerの割引クーポン・セール・購入先まとめ!

■格安SIM(MVNO)■
▼音声通話SIMとのセット購入で1,760円!↓

ページトップへ