au「povo 2.0」発表!ベース0円?!新料金プランの詳細をチェック!

2021年3月にスタートしたauのオンライン専用ブランド「povo」ですが、大刷新された「povo2.0」が発表され業界を賑わせてます!どんな内容なのかチェックしてみましょう!

povo2.0の詳細まとめ

これまでpovoは通話かけ放題など、ユーザにより「必要」「不要」が異なる部分をトッピング化(分かりやすく言えばオプション化)している点がウリでした。

このpovoのウリを最大限まで伸ばすと、「全てを自由にトッピングできること」になるわけですが、それを実現したのが「povo2.0」。より柔軟にトッピング出来るようになりました。

KDDI、沖縄セルラーは2021年9月下旬 (予定) から、auのオンライン専用ブランドpovoにおいて、月額基本料0円から開始し、お客さまのライフスタイルにあわせて10種類のトッピングを自由に選択できるオールトッピング「povo2.0」を提供開始します。

povo、基本料0円から始まるオールトッピング「povo2.0」を提供開始

ちなみに2021年3月からスタートした現行の「povo」は、povo2.0のスタートに合わせて名称が「povo1.0」に変更となります。

povo2.0は2021年9月下旬より提供開始

povo2.0の提供開始時期は2021年9月下旬とのこと。

これに合わせて現行のpovoがpovo1.0に名称変更となり新規受付を停止するので、2021年9月下旬以降の申し込みはpovo2.0となります。

povo1.0の新規受付は停止しても、それまでに契約されている方は引き続きpovo1.0の内容で利用可能とのことです。

povo1.0からpovo2.0への変更は所定の手続きを行う必要があるんですが、povo2.0へ変更するにはSIMカード・eSIMの変更が必要。これは面倒くさい部分ですね。

povo1.0とpovo2.0を比較

povo1.0 / povo2.0比較表では現行のpovo(名称変更後はpovo1.0)との比較が掲載されてます。

比較を見てみると、povo1.0のベースを引き継いで+αな刷新ではなく、根本的な部分からガラッと変わっていることが分かります。

個人的に注意すべき点をピックアップすると、auかんたん決済がpovo2.0では「提供予定」となっているので、早期乗り換えでは一時的にauかんたん決済が利用できなくなりそうです。

また、LINE年齢認証は「非対応」に。ここまで言い切られると、恐らくLINEの年齢認証は今後povoでは利用できなくなると予想できます。

ベースプランのみでは利用停止、契約解除の恐れあり

povo2.0を利用するには月額0円のベースプランへの加入必須。

このベースプランは月額0円で通話は30秒22円の使った分だけ支払うタイプ。データ容量は0GBなんですが、最大通信速度128Kbpsの超低速通信は利用可能です。

電話番号の維持などでベースプランは魅力的なんですが、「180日以上有料トッピングの購入がない場合、利用停止、契約解除となることがあります。」とのことなんで注意。

でも、180日以内ならベースプランのみでも問題ないんで、なにか理由があってベースプランのみで回線維持している場合は、180日に1度は低用量のデータ容量をトッピングして対策することで、超低料金で回線維持はいけそうです。

最大150GBまで選べるデータトッピングは「利用日数制」

データトッピングは複数の容量からデータ容量を選べるタイプ。一般的なプランは、「1カ月で○GB」といった提供方法ですが、povo2.0は、「○日で○GB」な利用日数制を採用。

au曰く、好きなタイミングで必要なデータ容量を購入して使い始めることが出来るとしてるんですが、月によって30日だったり31日だったりするんで、これはちょっと管理が大変そうな印象ですね。

各容量と利用日数は以下の通り

項目 利用料金 利用日数
1GB 390円 7日間
3GB 990円 30日間
20GB 2,700円 30日間
60GB 6,490円 90日間
150GB 12,980円 180日間

現行のpovoは、通話が従量課金でデータ容量20GB付いて月額2,728円なんですが、povo2.0では60GBが90日で6,490円、3カ月で割ると月々2,163円なのでかなり割安に使えます。現行のpovoユーザは60GBプランがコスパ良さげ。

あと小容量プランなら、これまで取り扱いの無かった3GBプランが使い勝手良さそう。最近はLINEMOがデータ3GBのミニプランを打ち出したんですが、これに対抗できるんで、povoで低用量プランを熱望していた方にもピッタリ。

その他、povoのウリの1つである「24時間データ使い放題」も引き続き提供。330円で24時間はデータ容量を気にせず思いっきり使えます。

5分以内かけ放題と通話かけ放題も選べる

ベースプランは使った分だけ支払う従量課金制なんですが、通話を沢山する方は「通話トッピング」もあるんでご安心を。

通話トッピングは、5分以内かけ放題が月額550円、通話かけ放題が月額1,650円の2つから選べます。

DAZN、smash.も低料金&データ使い放題トッピングができる

povo2.0では「コンテンツトッピング」も提供。

コンテンツトッピングでは、野球やサッカー、モータースポーツなどが見放題の「DAZN使い放題パック (7日間)」が760円。音楽、ドラマ、アニメやバラエティーを楽しめる「smash.使い放題パック (24時間)」が220円。

月額ではないので「観たいときにトッピングして楽しむ」ことが出来るのがGood。また、これらのトッピング利用期間中は、DAZNやsmash.のコンテンツで利用するデータ通信は使い放題なので容量を気にせず使えるのもポイント。

ギガ(データ)が貯まる「#ギガ活」

povo2.0では新たな取り組みである「#ギガ活」をスタート。

#ギガ活は、「もらう」「さがす」「あたる」の3つの方法でギガ(データ)を貯めることができるギガチャージ活動です。

▼例えば、au Payで支払うとギガが貰えるんですが、結構な容量が貰えるんですよ。以下は2021年9月13日時点↓

毎日ローソンで昼食なんかを購入している人なんか、結構貯まりそうですよね。今後もどんどん対象店が増えそうなんで上手く活用したいサービスです。

povo2.0 デビューキャンペーン

povo2.0に乗り換える!という方は「povo2.0 デビューキャンペーン」も要チェック。

このキャンペーンは、povo2.0で「最初に購入したデータ容量」に応じて最大20GBのデータが貰えるキャンペーンです。キャンペーンへの参加は、「事前エントリー」を行う必要があるので注意。

エントリー期間は2021年9月13日〜終了時期未定となっているので、いつ終わるか分かりませんが、povo2.0へ変更される方はとりあえず事前エントリーを済ませておけばOK。

貰えるデータ容量(データボーナス)は以下の通り

▼事前エントリーは公式サイトで以下から行えます。↓

公式サイトは以下からどうぞ

ページトップへ