ワイモバイル バナー ヘッダー

iOS14.3以前だとセキュリティに問題があるそうなのでiOS14.4にアップデートした

iOS14.4

iPhoneiPadの話。iOS14.2を使っていたのですが「Appleが最新のiOSじゃないとセキュリティに問題があると言っている」との記事が出ていたのでiOS14.4にアップデートしました。

iOS14.3以前にセキュリティ脆弱性があるとか

普段はiOSのアップデートはかなり後回しにする派です。マイナーアップデートはそんなに魅力的な機能追加がある事も少なく、メジャーアップデートはバグや不具合が目立つからです。基本的には様子見。

ただ先ほどCNNが「最新バージョンに更新しないと危ないって米アップルが言ってるよ」という記事を出していて、最近iPhone自体からも早くアプデしろしろというメッセージが常に出ていたのでこの機会に更新しました。

米アップルがスマートフォン「iPhone」やタブレット端末「iPad」のユーザーに対し、今すぐOSを更新してセキュリティー問題を解決するよう呼びかけている。この問題は、既に悪用されている可能性もある。

アップルのiPhone、今すぐOS更新を セキュリティー問題の悪用発覚

iOS14.4の更新内容

iOS14.4の更新内容は以下の通り。私がアップデートしたのはiPhone SEです。なのでiPhone 12関連の内容は無意味。いくつか不具合の修正もされているようですね。キーボード関連、アクセシビリティ関連などなど。

iOS 14.4には、iPhone用の以下の機能改善が含まれます:
・より小さなQRコードを認識可能
・“設定”でBluetoothデバイスの種類を分類するオプションにより、音声通知の送信先のヘッドフォンを正しく識別
・iPhone12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、およびiPhone 12 ProMaxのカメラが新しい正規のApple製カメラとして確認できない場合に通知

このリリースには、以下の問題の修正も含まれます:
・iPhone 12 Proで撮影したHDR写真に画像のアーティファクトが現れることがある問題
・“フィットネス”ウィジェットに最新のアクティビティデータが表示されないことがある問題
・タイプ入力の反応が遅くなる場合や、単語の候補がキーボードに表示されない場合がある問題
・“メッセージ”で正しい言語のキーボードが呼び出されないことがある問題
・“アクセシビリティ”でスイッチコントロールを有効にすると、ロック画面から電話に応答できなくなる場合がある問題

iPhoneだけでなくiPadにも「iPadOS 14.4」が配信されています。中身はほぼ同じ。

容量は337.5MBでした。現在のOSバージョン、使っているモデルによります。時間は家のケーブルテレビ回線のWi-FIですがダウンロードに30分、インストールに5分くらいかかりました。

iOS 14.4

公人はアプデ推奨

機能追加やバグ修正に関してはアップデートするデバイス上でも確認ができますが、Appleのセキュリティのアップデートは調査が終わるまでその内容が公開されません。ブラウザであるSafari、そのレンダリングエンジンであるWebkitに問題があったみたいです。

Apple セキュリティアップデートにて過去の情報が確認できますが、最新は古めのiPhoneがiOS12.5.1、新しめのiPhoneが今回ご紹介したiOS14.4。後者に関しては後日時間差で内容が公開されます。

最新から一つ前のバージョンというかなり新しいOSの脆弱性が原因で一般人が被害を被る事はまずないと思うのですが、公的な地位のある人は最新バージョンにしておいた方がいいかと思います。

一般ユーザはご自身の判断にお任せします。iOS14.4は普通に触って問題らしい問題は体感できていません。ソフトウェア更新する時間がある方、追加機能やバグ修正に恩恵が受けられそうな方はやっておいていいかも。「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から。

ページトップへ