ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

個性的なドクロ柄のモバイルバッテリー!REMAX COOZYのレビュー!

REMAX COOZY

ガルマックスレビュアーのrubyです。

今回はREMAXさんより大容量10000mAhのモバイルバッテリーCOOZY(コージー)を提供していただいたので、レビューをしていこうと思います。

目立った機能はありませんが、外観及び手触りがすこぶる良いため、質感を表現するため写真が多いレビューとなりそうです。

それでは早速始めて行きましょう!

REMAX COOZYの総合評価

[良かった]

  • 外観の質感が非常に高く、全体に丸みを帯びたデザインのため、スマホと接触した際にスマホ側に傷を付けづらい
  • 表面がシボ加工のように表面をボコボコ加工されているため、手で持った際に非常に良く馴染み、滑りにくく、落としにくい。
  • リチウムポリマー電池を採用しているため、本体が軽量でかつ、発火しにくい
  • 二つのUSB出力端子を備えるが、どちらも2.1A出力のため、暗いところで使用する際も出力の高い方の端子を探す必要が無い

[イマイチ]

  • デザインがガチなドクロなのでホラーが苦手な人に向かない

[総合評価]

モバイルバッテリーとしては、必要十分な性能を備えた製品でありますが、これといって真新しい要素はそれほどありません。

ですが、この製品は僕が今まで触ってきたモバイルバッテリーの中でも1、2を争うほど、製品表面にこだわりを持っており、さわり心地が非常に良いです。

安全面においてもREMAXさんの製品らしく、リチウムポリマー電池が採用されているので発火はしにくいものと思われます。

デザインについてはホラー的なガイコツプリントをあしらった本製品の他、可愛いスカルデザインバージョンもカラバリとしてあります。

それでは実際に製品を見ていきましょう!

▼ちなみに価格は執筆時点で4,309円。安全性の高いリチウムポリマー採用なのでやや割高です。↓

REMAX COOZYのスペック

項目 仕様
電池容量 10000mAh
電池タイプ リチウムポリマー
入力 5V/1.5A
出力 5V/2.1A、2ポート(最大2.1A)
サイズ(本体) 108×68×16mm
重量(本体) 約190g

スペックとしては2.1A出力が二つ、1.5A入力による充電、電源ボタン、4点表示の電池残量インジケーターを備えています。必要な機能はすべて備わっていますね。

重量に関しては190gと10000mAhのバッテリーの中で比較的軽い方に分類されます。一般的には200gくらいですので、持ちやすい形状と合わせて、実重量以上に軽く感じるはずです。

REMAX COOZYの同梱品をチェック

▼早速開封していきましょう!箱はこのような感じ。↓

REMAX COOZYの外箱はプラスチックケース

▼この箱がまた凝っていて、箱の外周部分にREMAXの文字が彫られています。プリントではなく実際に凹凸があるのが画像からもわかると思います。箱の質感が非常に高いです。↓

REMAX COOZYの外箱の横にはREMAXの文字が刻み込まれており外装から非常に凝った作りとなっています

▼箱の裏側にはREMAXさんが仕様や特徴に関して日本語のシールを貼ってくれていますので、ご安心を。↓

REMAX COOZYの外箱には日本語で仕様や特徴が書かれています

▼付属のMicroUSBケーブルは長さが15cmほどあります。ケーブルは平形なので、コンパクトにまとめることが出来ます。↓

REMAX COOZYに同梱されているケーブルは平型で耐久性の高いケーブルが同梱されています

▼説明書には残念ながら日本語はありませんでした。ですが、使い方は一般的なモバイルバッテリー同様ですので、迷うことは少ないはずです。↓

REMAX COOZYの取扱説明書は英語ですがモバイルバッテリーなので使い方が分からないということも無いはず

▼きちんと検査合格証も同封されています。

REMAX COOZYは検査合証も入っています

▼以下が同梱されているすべてのアイテムです。↓

REMAX COOZYの同梱物は本体、ケーブル、合格書、取扱説明書のシンプルな構成です

REMAX COOZYの外観をチェック

REMAX COOZYの外観をチェック

REMAX COOZYの外観をチェックします。

表面は凹凸加工されており、質感が非常に高い

▼画像を何枚か貼り付けますので、是非とも拡大して見ていただきたいのですが、本製品の表面処理は、公式HPによると3D風の浮き彫りプリントになっているとのことです。↓

REMAX COOZYの本体表面は3Dプリントで凹凸感がある

▼バッテリーの外殻はプラスチック素材なのですが、見るからに柔らかな印象を受けますよね。実際に手に持った際のしっくり感もかなりのものです。

REMAX COOZYは手に馴染む質感で吸い付くようです

長辺がわずか10cmとサイズも非常にコンパクト

▼リチウムポリマー電池を使用しているせいか、外観も非常にコンパクトにまとまっています。

▼スマホと合わせてもこの通り。5インチのコンパクトなスマホが巨大に見えるほどです。

REMAX COOZYは5型スマホと比較しても非常にコンパクトです

本体上部には、2.1A出力端子(USB-A)が二つ、入力用1.5A端子(MicroUSB)が一つ、本体側面に電源ボタンが搭載

▼出力はどちらも2.1Aなので、どちらにケーブルを挿しても高速充電されるのは意外とありがたいです。むしろ、通常1Aの方を選ぶ人なんていないと思うので、この仕様はユーザーの心理が反映されていると言えますね。↓

REMAX COOZYの出力口はどちらも最高出力が2.1Aに対応

REMAX COOZYを使ってみた結果!

REMAX COOZYの仕様と性能をチェックします。

めちゃめちゃ目を引く外観!カラバリも!

本製品最大の特徴はなんといってもこのデザインでしょう。これだけガチなスカルデザインを施された製品はガジェット界隈ではほとんど見かけません。もう少しソフトなスカルデザインがご希望の方は、カラバリとして柔らかいタッチのデザインも用意されているので、そちらを選択すると良いと思います。↓

REMAX COOZYは様々な色が配色されたカラーと白黒のカラーの2種類から選択できます

知人や友人でドクロ柄の製品を集めている方がいれば是非教えてあげて下さい。きっと喜びますよ。

iPhone7Plusを充電してみた

▼手持ちのiPhone7PlusをREMAX COOZYで充電してみました。結果は約50分で32%(42%→75%)充電となりました。Apple純正のアダプターを介するよりもわずかに速い充電速度と言えると思います。

電池残量インジケーターは25%刻みで表示される

▼本製品の残量インジケーターは、25%毎に点灯するようになっており、REMAX COOZY は10000mAhの大容量なので、放電ロスを考慮するとインジケータの表示一つにつき、4.7インチの無印iPhone8が1回分満タンに出来ると考えるといいでしょう。

REMAX COOZYの充電残量は4つのLEDで確認できます

REMAX COOZYのまとめ

REMAX COOZY

いかがでしたでしょうか?

そもそもコージーとは、和訳すると「居心地のいい」という意味のようで、本製品の場合は外装に施された柔らかい感触が、商品名に込められた「居心地のいい」に繋がっているのではないかと僕は感じました。

REMAX COOZY

ちなみに、Amazonの販売ページには5V1.0A出力が一つだけとなっていますが、きちんと出力端子は2.1Aが2つありますので、ご安心ください。

最後に本製品の質感が伝わるよう、バッグ類と合わせた画像を掲載しますので、その質感の高さをご堪能ください。


REMAX COOZYの購入は以下からどうぞ

▼本製品以外にもガルマックスでは沢山のモバイルバッテリーをレビューしているので是非チェックしてみて下さいね!↓

▼本記事のジャンル以外の製品も数多く実機レビューを書いています。宜しければどうぞ!↓

ページトップへ