ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

[海外]Samsung Galaxy M40が公式サイトに登場!

▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

Samsungのインド市場向けの新機種「Galaxy M40」のランディングページが公開され一部の仕様が明らかとなりました!インドのSamsung公式ページより確認できます。

※本記事は正式発表前のリーク情報などを含むため、正式発表時に情報が変更となる可能性があります。

Galaxy M40の外観・デザイン

GalaxyのMシリーズでは初のパンチホールデザインを採用!パンチホール+ベゼルレス化を採用したことにより大画面化を図っているようです。ちなみに公式のページには「OMG(びっくり)!」Oを目立たせたコンセプトで宣伝しています。パンチホールのマルと上手く引っ掛けてますね!面白イイセンス。↓

▼公式ページでは背面にトリプルカメラと指紋認証センサーが確認できます。カメラの真ん中がメインカメラでしょうか?ちょっとしたアクセントが加えられててイカしていますね!↓

Samsung Galaxy M40

電源キーと音量キーは右側面に配置されています。本体カラーは今のところディープブルーが確認されています。

Galaxy M40の性能・スペック

インドのSamsung担当によると、Galaxy M40のトリプルカメラには3200万画素のカメラが搭載される予定だそうです。おそらくメインカメラになる部分でしょう。自分撮り用の前面カメラは1600万画素になる予定だとか。

SoCは「Snapdragon 675」という噂。ミドルハイクラスながら、メモリは6GB、保存容量は128GB!フラグシップ級の容量を持ち合わせています。普段使いにまず困ることはないスペック!

先代機種のGalaxy M20とM30は両方とも5000mAhの大容量バッテリーを搭載していることから、おそらくM40も同じかそれ以上のバッテリーを搭載してくる予感。間違いなく電池持ちは最高クラスかもしれません。ただしそれ相応に重さもついてくるので、本体重量は200g超えそうな気もしますが…

充電端子はType-C、急速充電も対応。またイヤホンジャックとMicroSDスロットも搭載してるって噂です。使い勝手が良さそう!

OSはAndroid Pie。操作性にすぐれた最新OSを搭載しています。

価格・発売日について

お値段は17,990ルピー、日本円にして約2万8千円。ミドルハイスペックながら、思ったより安い!中華スマホに匹敵するコスパです。発売日は2019年6月11日を予定しているそうです。

まとめ

GalaxyのMシリーズは主にインド市場向けに投入されている機種であり、日本では未発売になるでしょう。ううむ、使い勝手とコスパに優れている分悔やまれる!

同社機種のA30が国内キャリアでも発売されたからこっちも出してほしいもんです。

この機種もHuaweiのP30 Liteもそうですが、フラグシップの専売特許でもあったトリプルカメラがいよいよミドルクラスにもどんどん搭載されていくんだなぁ。時代の移り変わりは速いなァ…と思わされる一台なのでした。

ソース

ページトップへ