ワイモバイル バナー ヘッダー

エックスモバイル「スマートWiFi XM-SW1」発表!スマホとモバイルWi-Fiが1台に!早期申込で本体無料!

エックスモバイルが新型スマホスマートWiFi XM-SW1を発表しました!スマホとしても使えるモバイルWi-Fiが登場!プランは20GB+5分かけ放題で3,278円/月!さらに早期申込なら本体代金と事務手数料が無料ですよ!

スマートWiFi XM-SW1の特徴

スマートWiFi XM-SW1の特徴は以下の通り!

スマートWiFi XM-SW1のハイライト

  • エントリークラスのスペック
  • 小型サイズで、重量も140gと軽い
  • 対応周波数が豊富!国内、海外問わず使える
  • QRコードでカンタンに接続できる!最大8台まで対応
  • バッテリー容量は3,000mAh

スマートWiFi XM-SW1はSoCがHelio P22(MT6762)となっており、一番下っ端なエントリーの性能帯となっています。メインスマホとして使う場合は電話・SNS・メールのみといった最低限の使い方に絞り込む必要が出てきます!

▼ただし、メモリ(RAM)は4GB、保存容量(ROM)は64GBとしっかりした構成になっているのはGood!普段使いとしては申し分ない容量の大きさはありますね。OSはAndroid 11と最新バージョンがインストール済みです!↓

▼文字とボタンを大きくしたシンプルな表示となるらくらくモードへの切り替えにも対応しています!シニア向けに見えつつ、ショートカットで電話もかけられるので業務用スマホとしての相性もバツグン。↓

▼本体デザインはシンプル!カラーはブラックとホワイトとゴールドの3色です。そして「高さ138mm×横幅70mm×厚さ9.05mm」とコンパクトなサイズになっており、140gという軽さも魅力!持ち運びに適している印象です。↓

またイマドキのスマホでは極めて珍しい外付けナビキー方式というのも面白いですね。デザインといい外付けナビキーといいノッチなしの画面といい、黎明期のスマホを思い起こす懐かしいデザイン。もちろん2021年発売の最新モデルなのでご安心を。

スマートWiFi XM-SW1の対応周波数はドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線、楽天モバイルの主要周波数にフル対応!どこのキャリアでも使える仕組みとなっています!

またeSIM+物理シングルSIMスロットでのデュアルSIM運用にも対応しています。ただし、eSIMはエックスモバイル専用とのことです。

▼もちろんモバイルルーターなのでテザリングは対応。最大8台まで接続できるほか、QRコードを読み取らせることでパスワードを設定せずにカンタンに接続ができる仕組みとなっています!↓

▼Wi-FIモードは国内外問わず使用できるようになっており、海外に行ったときは現地のSIMカウンターで手続き不要というのも嬉しいポイント!↓

その一方でバッテリー容量は3,000mAhとイマドキのスマホよりも少なめなので、電池もちに不安は残る印象です。スマホとしてはエントリースペックなので消費電力は少ないと予測できますが、ここは実際どうなるかは気になる部分です。

まとめ

発売日は10月10日。記事執筆時点で事前予約受付を開始しています。

スマートWiFi XM-SW1はエックスモバイルのプラン申し込みが必須となっております!エックスモバイルのプランは「月額3,278円」「容量は月20GB」「5分のかけ放題が付属」「ドコモの電話回線とauのデータ回線を使用」となります!

先行での事前予約であれば端末代金と事務手数料が無料になるので超お得!さらにスマートWiFi XM-SW1の専用ケース、フィルム、充電器も無料で付属します。特に端末代金は43,780円と結構高いので、無料で手に入る事前予約がオススメ!

▼ただし事前予約段階ではMNP転入ができないので注意。早期申込でゲットしたいのであれば、新たに電話番号を取得する必要が出てきます!仕事用だったりLINEのサブアカウント用など、用途に応じて新しく番号を取得すると良いでしょう。↓

スマートWiFi XM-SW1はスマホというより「モバイルルーターにスマホ機能がついたもの」と考えるべきです。上述のように性能は高くないので、メインスマホよりかは、業務用、モバイルルーター特化な使い方がオススメ!20GBのプランと合わせて検討すべきといえる1台です。

ページトップへ