ワイモバイル 新プラン登場 オンラインストアなら最大18,000円引き②

ソフトバンク「LINEMO」発表で変更されたプラン内容まとめ

ソフトバンクのオンライン専用ブランドはこれまで「Softbank on LINE」と仮称でプランなどが発表されていましたが、2月18日に新ブランド名「LINEMO(ラインモ)」が発表されました!プラン内容も少し変わったようですね!

本記事内の価格・料金は全て税抜き金額です!

ソフトバンクがLINEMO(ラインモ)を発表!

ソフトバンクがドコモのahamo対抗で発表した内容は20GB、5分かけ放題付きで2,980円でLINEのデータ通信でギガを消費しないという内容でしたが、プラン内容も少し変わっていたので最終的なプラン内容をまとめておきます!

LINEユーザから「5分かけ放題なんて要らん」と言われ分離。月額2,480円〜に!

LINEMO

初回発表時は前述通り5分かけ放題付きで2,980円という料金でしたが、発表後にLINEユーザから「LINEで無料通話するんだから5分かけ放題なんて要らない」という声が挙がり、それを反映する形で「かけ放題はオプション扱い」に変更となりました!

この変更で月額は2,480円〜とau式に。もちろん、5分かけ放題は500円、24時間かけ放題は1,500円でオプション契約も可能です!↓

LINEMO LINEMO

確かにLINEユーザって電話はLINEの無料通話を使っている方も多いんで、この変更は個人的にGood!通話かけ放題は必要・不要で選べるのは良いね!

ソフトバンクと同じ品質の5Gが使える

LINEMO

LINEMOはソフトバンクがLINEモバイルを吸収して登場した新たなブランド。LINEモバイルといえば格安SIMとしてサービス提供していましたが、LINEMOでの通信品質はキャリア準拠に!

つまり、LINEMOはソフトバンク本家と同じネットワーク・品質で利用可能なので、より安定的な通信が可能となっています!もちろん、5Gにも対応してます!

eKYC対応!eSIMなら即日開通!

LINEMO

LINEMOはオンライン専用ブランドなので、すべての手続はオンライン上で行うタイプなのですが、eKYC(電子本人確認)を導入することで、本人確認もオンライン上で完結!

さらにeSIMなら即日開通も可能!ちなみにeSIMはスマホ埋込み型SIMで、利用するにはeSIMに対応するスマホが必要なので注意!もちろん物理SIMも選択できるのでご安心を!

LINEでトーク、通話、ビデオ通話をどれだけ使ってもギガを消費しない

LINEMO

最近はコロナ禍の影響もありビデオ通話の需要が高まったんですが、ビデオ通話って音声以外に映像データも送るので地味にデータ容量つかちゃうんですよね。

LINEMOはLINEでのトーク、通話、ビデオ通話した時に必要なデータがカウントフリーになり、どれだけ使ってもギガを消費しない!LINEヘビーユーザさんはかなり嬉しい特典ですね!

▼LINEでデータノーカウント対象も出てました!↓

LINEスタンプ プレミアムベーシックコースが無料で使える

LINEMO

LINEスタンプ プレミアムベーシックコースは700万種類以上のスタンプが利用できる月額240円の有料コースなのですが、LINEMOユーザは無料で利用可能になる特典が追加!僕もLINEでは結構スタンプ使いまくっているのでこれは楽しそう(笑)

使い慣れたLINEがサポート窓口の1つに

オンライン専用ブランドってことで、他キャリアは公式サイトなどから各種申込みやサポートが受けられるんですが、LINEMOはそれに加えて使い慣れたLINEで申込みから各種手続き、サポートを行えるようになってます!

まぁ、LINEで各種手続きを行うには連携作業が必要にはなってくる(格安SIMのLINEモバイルではそうだった)んでちょっと面倒な部分もありそうですが、使い慣れたLINEで色々手続きとかできるのはGood。

提供開始は3月17日!先行エントリーキャンペーンも有り!

LINEMO

LINEMOの提供は2021年3月17日!

先行エントリー特典はPayPayボーナス3,000円相当がもらえるそうです!あと、先行エントリー後はTwitterを利用する「先行エントリー完了Twitterキャンペーン」も参加OK!抽選で1万円のPayPayボーナスが当たるそうです!

普段からLINEを沢山使っている方は検討してみて下さいね!公式サイトも公開されているので先行エントリーや、プラン・キャンペーン詳細のチェックは以下からどうぞ!

ページトップへ