1100-150 Xiaomi 14

Vivo「iQOO Neo7」発表!Dimensity 9000+搭載の超ハイエンドで5.5万円の超コスパモデル

Vivoが新型スマホ「iQOO Neo7」を発表!Dimensity 9000+搭載のガチなハイエンドモデルで120W急速充電に6.78インチの有機ELディスプレイを搭載、それでいてメーカー価格も5.5万円とかいうぶっ飛んだコスパの良さが魅力的な1台ですよ!

iQOO Neo7の特徴

iQOO Neo7の特徴は以下の通り!

iQOO Neo7のハイライト

  • ハイエンドクラスのスペック
  • カラーはブラック、ブルー、オレンジの3色
  • 120Hz表示対応の有機ELディスプレイ
  • デュアルスピーカー搭載
  • メイン+超広角+マクロの3カメラ
  • 5,000mAhバッテリーで120W急速充電に対応
  • 冷却システム、X軸リニアモーター搭載

▼本体デザインはVivoらしいスタイルで、カメラは円形ユニットを四角く囲っているのが特徴的です!カラーはオレンジ、ブルーそしてブラックの3色ですが、ブラックは光を当てると青っぽく光る感じが凄いかっこいい!↓

▼SoCはDimensity 9000+を搭載!公称AnTuTuスコアはなんと108万点とすんげー処理性能!現行スマホでもトップクラスの処理性能とゲーム性能を誇り、原神もサクサク動かせるんじゃないかなって個人的に期待したいところ。↓

▼6.78インチの大型ディスプレイは有機ELで解像度は2,400×1,080のFHD+クラス、最大120Hzの高リフレッシュレートに対応しており視認性となめらかさはハイエンド相応に期待できるナイススペックになっとります!↓

▼スピーカーはデュアル式で臨場感も感じられそう。残念ながらイヤホンジャックは非搭載です。↓

▼カメラはトリプルカメラで、メインカメラはSONY IMX766Vセンサーを採用している5,000万画素の高画素スペック。サブカメラは超広角カメラとマクロカメラを採用しており実用性が高い組み合わせ。望遠カメラは非搭載です。↓

▼iQOO Neo7のバッテリー容量は5,000mAhと大容量、くわえて充電スペックは最大120Wに対応しておりめちゃ速!たったの9分で53%も充電できるので電池が切れても即復帰できるのはありがたい!↓

▼また振動システムはX軸リニアモーターを2基も搭載しており、ゲームや通知、文字入力時などの振動の感触もとっても良さそう!こういう部分もこだわっているのはハイエンドらしくて良い。↓

▼発熱をおさえられる冷却システムも搭載しているので長時間の撮影もゲームプレイも安心できそう!ハイエンドモデルは発熱が懸念されるので実際に使って試してみたいところです。↓

高スペックで価格も安いコスパ機!

iQOO Neo7の価格は以下の通り!

  • メモリ8GB/容量128GB:2,699元(約5.5万円)
  • メモリ8GB/容量256GB:2,999元(約6.1万円)
  • メモリ12GB/容量256GB:3,299元(約6.7万円)
  • メモリ12GB/容量512GB:3,599元(約7.3万円)

この価格、あくまで中国向けとはいえAnTuTuスコアが100万点レベルの超ハイエンドモデルでは規格外の安さ!おそらくGMSサービスは非搭載で後から入れるタイプだと思うんですが、それでもこの価格は凄い。さすがコスパ優等生のiQOOシリーズだぜ!

ECサイトで実際に買う場合は価格は変わるのですが、ベースがこの値段であればAliExpressとかに並んだときが楽しみですね(`・ω・´)。安く快適にゲームができるスマホを求めるなら間違いなく魅力的な1台となりそうです!

▼iQOO Neo7の詳細なスペック・対応バンドはこちら↓

Vivo iQOO Neo7のスペック・対応バンドまとめ

ページトップへ