POCO X5 Pro 5G-1100-150

watchOS 9はWWDC 2022で発表?Series 3は最後のアプデになるかも

Apple Watchが搭載するwatchOSの新バージョン「watchOS 9」は、WWDC 2022内にて発表されるかもしれません。詳細は以下より。

watchOS 9はWWDC 2022内で発表されるかも?

Apple Watchの新OSとなるwatchOS 9は、6月6日に開催されるとされているWWDC 2022の基調講演で発表される可能性が高と海外メディアの9to5Macが報じています。

また、当該記事内では、型落ちの最廉価版として販売され続けているApple Watch Series 3に関し、発表予定のwatchOS 9が最後のアップデートになる可能性が最も高いと思われるとしています。

9to5MacはSeries 3がwatchOS 9をサポートする理由について、手頃な価格とApple Fitness+との互換性を挙げています。

ちなみに、watchOS 9に対応するとされるApple Watchのリストは以下の通り。

  • Apple Watch Series 7
  • Apple Watch Series 6
  • Apple Watch SE
  • Apple Watch Series 5
  • Apple Watch Series 4
  • Apple Watch Series 3

watchOS 9の新機能について、9to5Macはあまり周知はされていないと前置きしつつも、Mark Gurman氏が以前に公開していた搭載が期待される機能を挙げています。以下はMark Gurman氏が取り上げていた機能とのことです。

  • ユーザーが特定の期間にどれくらいの頻度で心房細動の状態になっているかをモニターする機能
  • アプリや機能と連動する低電力モード
  • iPhoneから離れた場所でもSMSやSOSアラートを送信するための衛星通信に関する機能
  • 新しい睡眠トラッキング機能
  • 既存の女性向け健康機能を改良した新しいトラッキング機能
  • 新しいワークアウトアプリ
  • 新しいウォッチフェイスと刷新されたウォッチフェイス

Series 3は更なる延命となるか。watchOS 9の新機能にも期待!

いつ足切りされるのかと言われていたApple Watch Series 3ですが、まだまだアップデートが継続される見通しですので、未だに最廉価版として販売されている状況と合わせてかなり息の長いモデルになっていると感じました。

実は最近までSeries 3を使っていたんですが、筆者の使い方(時間や通知を確認するのが主でヘビーには使用していない)では、多少のモタつきはあったものの、取り立てて困った場面は無かったんですよね。

確かに使用できる機能は新しいモデルと比べると最小限で画面も小さいですが、他のモデルよりも圧倒的な低価格でApple Watchが購入できる点を考えるとそこまで悪い選択肢では無いと思っていましたので、とりあえずアップデートが提供される見通しなのは歓迎されるべきだと考えています。

また、筆者のように「あまり使い込まないから代わりにバッテリー持ちを良くして欲しい」と考えているユーザーには、実装が噂される低電力モードが気になるところですね。目指せ、1回の充電で3日間使用!

ウォッチフェイスも追加されるとのことですし、watchOS 9も新鮮な気持ちで使えるかも。続報に期待ですね!

ページトップへ