ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

テレワーク増加で在庫少なめ。WiFiOの大容量WiFiルーターは早いもの勝ち

WiFiO

テレワークの増加により急激に需要が増した「モバイルWiFi」。ほとんどのブランドでは在庫が無くなりながらも需要の高さから特に法人による大発注を受けているそうです。

我々、個人も外出禁止で自宅での通信が増加傾向だと思いますが、ガルマックスのスポンサーであるWiFiOに大手キャリア回線を利用した大容量WiFiルーターの在庫が少しあるようなので紹介。

申込み前にご留意頂きたいこと

現在、皆さんも御存知の通り新型コロナウィルスが世界的に蔓延しており、それに伴ったテレワーク推奨から全国的にデータ通信のトラフィックが著しく増加しています。これに伴い、今後は市場のトラフィック負担を分散するために「キャリア(大本の回線事業者)の判断で通信速度が調整されるおそれがある」状況です。

大容量プランと言えど、現在の状況から通信速度の調整がいつ行われるか分かりませんし、また、既にそのような事例も少なからず発生しているようです。これはWiFiOだからというわけではなく通信業界全体での事柄なので、重々ご承知の上、検討して下さい。

WiFiOの容量無制限プラン|初期費用や利用料金

本記事で紹介しているWiFiルーターサービスはクラウドSIM 無制限プラン」とは異なるプランです。クラウドSIM 無制限プランも新型コロナウィルスの影響により利用する端末「G3000」の生産が遅れ、執筆時点で在庫は10台。次回入荷未定となる寸前です。これから紹介するサービスはWiFiOのもう一つのプランなのでお間違いのないようにお願いします。

月額は3,680円。事務手数料0円、契約期間なし・解約違約金も0円

WiFiOの容量無制限プラン

WiFiOの容量無制限プランは月額3,680円です。事務手数料も0円ですが、この月額と初期費用0円は「クーポンコード」を利用した場合に適用となるので注意。クーポンコードは記事の最後に記載しています。

利用料金の注意点ですが、日割り計算がないので月の途中で契約しても満額請求となります。この点は知っておきましょう。

通信するためのモバイルWiFiルーターは「無償貸出」ですが、初回のみ「端末登録手数料」として4,980円が発生します。また、端末は貸し出しなので解約時は返却が必要です。故障していたり紛失した場合は機器代金として税別15,000円の請求が発生する場合があるので丁寧に扱ったほうが良いですね。

気になる最低利用期間はありません。また、解約金も発生しないのでいつでも解約できるのは利点でしょう。

初回のみ「プレミアム保証」「ウイルスソフト」の加入が必須。

申し込み時に注意したいポイントですが、「プレミアム保証」「ウイルスソフト」の加入が必須です。

▼プレミアム保証は端末弁済金を上限2万円(税別)まで保証してくれるサービス。月額は500円。↓

WiFiOの容量無制限プラン

▼ウイルスソフトiOSやAndroidはもちろん、WindowsやMacにも対応しており、任意の端末3台まで対応できるものです。↓

WiFiOの容量無制限プラン

どちらも人それぞれ「必要」「不要」が異なるものですが、初回はどちらも加入が必須です。

不要な場合は2ヶ月目以降の解約は可能で、別途、WiFiOの問い合わせから解除の申し入れが必要です。解除を行わない場合は翌月継続でプレミアム保証が月額500円、ウイルスソフトが月額500円発生するのでご留意を。

※たまにガルマックスの問い合わせに解除申請が来ますが、ガルマックスがWiFiOを運営している訳ではありません。ガルマックスに申請が届いても対応出来ません。WiFiOへの各種問い合わせはWiFiOのお問い合わせからお願いします。

WiFiOの容量無制限プランは、一応、容量無制限を謳うルーター

WiFiOの容量無制限プラン

月間の通信容量は公式サイトに記載されておらず、「月間○GBまで」という制限は基本ないようです。ただし、前述した新型コロナの影響によるトラフィックの増加に伴ったキャリアのさじ加減による通信速度調整は入る恐れがあるとのことです。

もちろん、これはWiFiOだけではなくキャリアの全国的な処置に該当していて、WiFiO側ではどうすることも出来ない部分なのでご理解下さいとのことです。なので、申込みする方はその点を納得した上で検討して下さいね。

WiFiOの容量無制限プランまとめ|需要急増でもう手に入らないかも。検討されている方はお早めに

執筆時点で在庫は残り100台です。

WiFiOの話では無いのですが、テレワークの急増に伴い社員に渡す通信機器としてこれらのモバイルWiFi製品は多くが法人向けに流れている状況で、個人で入手するのはこれから更に難しくなることが予想されます。

新型コロナの影響で通信速度の調整がいつ起こるか分からない状況は現状だと拭いきれない不安な部分でもあるはずです。なので、「契約の最低利用期間や解約金が無いから使えなくなったら解約しよう」くらいの考えで検討頂いたほうが良いと思います。

既にこの記事を書いている最中も在庫が減っているので、検討されている方はお早めにお申し込み下さい。なお、在庫が無くなっていたらご了承下さい。(在庫切れが情報がWiFiOから届き次第、記事に追記します。)

お詫びと訂正:記事公開時に「プレミアム保証」「ウイルスソフト」は初月無料と記載しておりましたが、正しくは初月加入必須で有料、2ヶ月目以降の解約可です。お詫びして訂正いたします。

ページトップへ