ワイモバイル 新プラン登場 オンラインストアなら最大18,000円引き②

「Xiaomi Mi MIX FOLD」発表!液体レンズ搭載、開くとタブレットになる折り畳みスマホ

Xiaomi Mi MIX FOLD

Xiaomiが久しぶりにMIXシリーズの新スマホXiaomi Mi MIX FOLDを発表。開くとタブレットになる折り畳み式、液体レンズを採用したカメラ、最新世代のSoCを搭載するフラッグシップモデルです!

Xiaomi Mi MIX FOLDの特徴

Xiaomi Mi MIX FOLDの特徴は以下の通り!

Xiaomi Mi MIX FOLDのハイライト

  • ハイエンドクラスのスペック
  • 開くとタブレットになる折り畳み式
  • 液体レンズを搭載

Snapdragon 888の最上位チップを搭載。価格は約16.9万円〜

Xiaomi Mi MIX FOLDは執筆時点でQualcommの最上位チップであるSnapdragon 888を搭載、メモリは最大16GBまで選択可能でガッチガッチのハイエンドモデル。これだけの性能があればグラフィックの綺麗なゲームもガンガン遊べそうですね!

▼SoCはQualcommの最新SoCで最上位のSnapdragon 888を搭載。↓

価格はフラッグシップモデルらしく、なかなかのお値段します。最小構成のメモリ12GB+容量256GB版で9,999元。執筆時点で日本円に換算すると約169,000円。

まぁ、フラッグシップモデルなので価格はこんなもんでしょ。Appleの最新iPhoneで最上位モデルのiPhone 12 Pro Max/256GBモデルも14万円超えてくるし。

ちなみにXiaomi Mi MIX FOLDは1台でタブレットにもなる。そう考えるとiPhone 12 Pro Max+iPad miniの組み合わせより低コスト。Xiaomi Mi MIX FOLDを選ぶ僕はきっと節約家。

こんな感じでXiaomi Mi MIX FOLDを購入する理由を模索しております(笑)だって欲しいもんこれ!

パカッと開けば8インチクラスのタブレットに!

Xiaomi Mi MIX FOLDで一番の特徴は「折り畳み式」であること!

最近はモトローラの折り畳みスマホが日本でも発売され話題となりましたが、あれは普通のスマホが折り畳めるタイプ。昔のパカパカケータイみたいな感じ。

Xiaomi Mi MIX FOLDは折り畳むとスマホサイズ、開くとタブレットサイズになるタイプ。ガルマックスでもレビューしたGalaxy Z Fold 2と同じ系統でございます。

▼開くと8.01インチのタブレットに!読書や動画視聴だとこれくらいのサイズが見やすいんだよね。↓

Galaxy Z Fold 2

あと、個人的に面白いなーって思った機能がPCモード。

PCモードはGalaxyなど一部のフラッグシップモデルで搭載されているモードで、通常は外部モニターに接続することでPCライクなUIで利用できるモードなんですが、Xiaomi Mi MIX FOLDは単体で動いちゃうんです。

▼タブレット状態でPCモードが利用可能。これ個人的には物欲に結構刺さった機能です。複数ウィンドウ表示で利用できるのが良い。↓

ちなみに背面にも大型ディスプレイを搭載してます。こっちのパネルも8.01パネルと同様に有機ELを採用。サイズは6.52インチあるので普通のスマホみたいに使えるんです。普段はこっちのディスプレイ使うことが多そうね!

あと、8.01インチのディスプレイはリフレッシュレートが一般的な60Hzなんですが、背面のディスプレイは滑らかな表示ができる90Hzの高リフレッシュレートに対応しちゃってるんです。

滑らか表示に対応するゲームをプレイする場合は背面ディスプレイでのプレイだと、よりリッチな動作で楽しめそうですね!(まぁ、内側も90Hzに対応して欲しかったけどね笑)

▼有機ELを採用し90Hz表示にも対応する背面ディスプレイを搭載。↓

Xiaomi Mi MIX FOLD

液体レンズを採用したカメラを搭載!

これ以上スマホカメラは進化しないんじゃ無いかって思ってたんですが、Xiaomi Mi MIX FOLDは新たな技術を詰め込んできました。それが液体レンズ。

この液体レンズのギミックを駆使することで、これまでは難しかった複数のカメラレンズを1つにまとめることが出来たんです。

Xiaomi Mi MIX FOLDが搭載する液体レンズは「望遠レンズ」でもあり「マクロレンズ」でもあるのです。これまではそれぞれのカメラユニットを搭載する必要があったんですが、1つになるなんて。。。すごすぎ。。まぁ、僕はマクロなんて普段使わんけど。

▼望遠とマクロを切り替えられる液体レンズを搭載。凄いよね。パリーンて割れたら水出てくるのかな。↓

Xiaomi Mi MIX FOLD

液体レンズに目が行きがちですがその他のカメラ構成も良い感じ。メインカメラはXiaomiが推しまくってる1億800万画素カメラを搭載するほか、広い範囲を撮影できる超広角カメラに望遠、マクロというカメラのトレンド全部いれちゃいました系なのです。

▼トリプルカメラだけど液体レンズにより、メイン、超広角、望遠、マクロとクワッドカメラ構成と同じ使い方ができるようになった。Good!↓

まとめ:僕は一番物欲を刺激された折り畳みスマホだった

開くとタブレットサイズになる折り畳みスマホは僕も何台か触ってきたんですが、他社製品をよく研究していらっしゃる様子。後出しジャンケン感はあるんですが、それもまた良し。今から折り畳みスマホ買うんだったら絶対コレだな。

最新の液体レンズを搭載してくるなど、ワクワクさせてくれる新たなギミックも詰め込んでくれるなんて素敵よね。

結構良いお値段しますが、ハイエンドスマホ+ハイエンドタブレットの2台を購入することを考えてみて下さい。なんと安いことでしょうか!たったの17万円弱で最新のハイエンドスマホとタブレット、どちらも手に入るんです!

ほら、安く見えてきた。さぁ、皆さん、ポチる準備をしておきましょう!購入先など新たな情報が入ったらTwitterFacebookでお伝えするのでフォローよろしくね!

▼Xiaomi Mi MIX FOLDの詳細なスペック・対応バンドはこちら↓

Xiaomi Mi MIX FOLDのスペック・対応バンドまとめ

ページトップへ