Xperia 8/8 Liteのスペックまとめ!防水防塵、おサイフケータイ付きの21:9ディスプレイスマホ!

 

▼過去最安クラス。スマホを新しくしたいなら↓

【おすすめ】BIGLOBEモバイルのキャンペーン、iPhone SEやRedmi Note 9Sが激安

ワイモバイル初となるSONY Xperiaシリーズ「Xperia 8」の気になるその性能をいち早くチェック!

【2020-08-26追記】なんとSIMフリー版のXperia 8 Liteが新たに登場しました!基本スペックはほぼ同一で、対応バンドが増えており、さらに価格も安価になっておりお得感が強いモデル!こちらの記事に追記して紹介します!

Xperia 8、Xperia 8 Liteの詳細なスペック(仕様表)

左がSIMフリー版のXperia 8 Lite、右がXperia 8です!

スペック表の信頼度 ( Xperia 8 Lite vs Xperia 8 )
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
参照先:公式
信頼度:高
製品情報 ( Xperia 8 Lite vs Xperia 8 )
端末名 Xperia 8 Lite Xperia 8
発売年 2020年9月 2019年10月
発売地域 日本:SIMフリー 日本:ワイモバイル、UQモバイル
メーカー SONY SONY
対応バンド・周波数・ネットワーク ( Xperia 8 Lite vs Xperia 8 )
3G W-CDMA:1 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19 W-CDMA:1 / 4 / 8
4G LTE FDD LTE:1 / 3 / 4 / 5 / 8 / 12 / 17 / 18 / 19 / 26
TD-LTE:38 / 41
FDD LTE:1 / 3 / 4 / 8 / 12 / 17
TD-LTE:38 / 41
5G NR 非対応 非対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0 5.0
SIMサイズ・スロット シングルスロット(Nano SIM) シングルスロット(Nano SIM)
ネットワーク関連備考 デュアルSIM非対応
SIMロックなし
デュアルSIM非対応
SIMロックあり
本体仕様 ( Xperia 8 Lite vs Xperia 8 )
ディスプレイ 6インチ/液晶/画面占有率非公表 6インチ/液晶/画面占有率非公表
解像度 2,520×1,080(FHD+)
画面比率 21 : 9
2,520×1,080(FHD+)
画面比率 21 : 9
画素密度 457ppi/高精細でドットの粗さは気にならない 457ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ:158mm
横幅:69mm
厚さ:8.1mm
高さ:158mm
横幅:69mm
厚さ:8.1mm
重さ 170g 170g
本体色 ブラック系/ホワイト系 ブラック系/ホワイト系/シアン(ブルー)系/オレンジ系
システム仕様 ( Xperia 8 Lite vs Xperia 8 )
OS Android
バージョン非公表
Android 9
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 630
Qualcomm Snapdragon 630
AnTuTuベンチマーク

総合スコア約115,000点
GPUスコア約16,000点
(参考値)

総合スコア約115,000点
GPUスコア約16,000点
(参考値)

メモリ/保存容量 ( Xperia 8 Lite vs Xperia 8 )
組み合わせ メモリ4GB+容量64GB メモリ4GB+容量64GB
ストレージカード MicroSD対応(最大512GB) MicroSD対応/最大512GB
カメラ ( Xperia 8 Lite vs Xperia 8 )
メインカメラ デュアルカメラ
①12MP(メイン、f/1.8)
②8MP(望遠、光学2倍、f/2.4)
AI:対応
ナイトモード:非公表
手ぶれ補正:対応
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
デュアルカメラ
①12MP(メイン、f/1.8)
②8MP(望遠、光学2倍、f/2.4)
AI:対応
ナイトモード:非公表
手ぶれ補正:対応
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
前面カメラ ベゼル内蔵式インカメラ
画素数:8MP(メイン、f/2.0)
ビューティーAI:対応
手ぶれ補正:非公表
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
ベゼル内蔵式インカメラ
画素数:8MP(メイン、f/2.0)
ビューティーAI:対応
手ぶれ補正:非公表
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
機能仕様・センサー ( Xperia 8 Lite vs Xperia 8 )
GPS 非公表 搭載(詳細非公表)
センサー 指紋認証(側面)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス 指紋認証(側面)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 IPX5/8
IP6X
IP68
イヤホンジャック あり(本体上部) あり
NFC 対応(FeliCa/おサイフケータイにも対応) NFC/FeliCa(おサイフケータイ対応)
その他機能 いたわり充電機能搭載
シンプルホームランチャー搭載
バッテリー ( Xperia 8 Lite vs Xperia 8 )
バッテリー容量 2,870mAh 2,760mAh
充電 有線充電:W数非公表
ワイヤレス充電:非対応
有線充電:対応
ワイヤレス充電:非対応
ポート USB Type-C USB Type-C
その他 ( Xperia 8 Lite vs Xperia 8 )
公式サイト

Xperia 8 Lite

ワイモバイル – Xperia 8

スペック表に関する免責事項

Xperia 8のスペック、特徴をチェック!

Xperia 8は発売時点でミドルレンジの性能ランクとなるモデル!普段使い重視でゲームは暇つぶしゲームくらいしか遊ばないって方にオススメな性能帯です!

トレンドとなる仕様や機能をてんこ盛りにするのではなく、カメラだったり、耐久性だったり、デザインだったり、端末に対する特徴が1つ2つ盛り込まれている感じで各社の個性が強く出る見ていても面白い性能帯!

  • 普段使い:稀に動作の鈍さを感じる事がある
  • ゲーム:2Dまたは軽い3Dゲームでも、動作の鈍さを感じる事がある

Xperia 8(SnapDragon 630)のAnTuTuスコア

まだXperia 8実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「SnapDragon 630」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。

  • 総合スコア約115000点
  • GPUスコア約16000点

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の参考スコアです。現時点で本端末の性能がどのランクに相当するか確認が出来ます!↓

区分AnTuTu Ver.8 スコア
ハイエンド
(動作に不満なし)
総合スコア:約40万点以上
GPUスコア:約17万点以上
ミドルレンジ上位
(重いゲームもなんとか)
総合スコア:約30万点〜40万点
GPUスコア:約13万点〜17万点
ミドルレンジ中位
(軽いゲームくらいなら)
総合スコア:約20万点〜30万点
GPUスコア:約6万点〜13万点
ミドルレンジ
(必要最低限)
総合スコア:約10万点〜20万点
GPUスコア:約2万点〜6万点
エントリー
(サブスマホ向き)
総合スコア:約10万点まで
GPUスコア:約2万点まで
▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ!↓
実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ[2020/05/05更新]

画面比率が21:9と超縦長!見やすくてしっかりした設計に

▼特筆すべき特徴こそ、このなが~~い画面!非常にスリムな印象です。↓

Xperia 8

6.0インチで2,520×1,080という解像度の液晶を採用!3辺ベゼルレス式となっておりますが、上部分のベゼルを残したちょっと変わった外観になっております。

解像度がフルHD+で粗さを感じさせず、Webブラウジングや動画鑑賞に十分なスペックとなっております。この画面比率、Xperia 1と一緒の長さ!最高級フラッグシップのスマホを使う気分を味わえますよ!

またディスプレイ含めてボディ全体にCorning Gorilla Glass 6で覆っているので、キズやヒビが入りにくくなっております。スマホを落としてしまいがちなユーザーさんにもある程度安心できそうですね!

真価は画面分割モードにあり!

Webでより広い範囲を見られるだけでなく、その恩恵は画面分割の使用にもあります。大体のスマホだと、画面分割で2つのアプリを同時使用すると1コ1コのアプリ表示が小さくなって見づらかったり扱いづらくなったりしますよね?

ですが、このXperia 8(8 Lite)ぐらいの長さだと全然快適。上のアプリを横向きにして表示させれば、下のアプリ部分の画面比率がコレまであったスマホの比率16:9と同じサイズなので、全然窮屈さを感じさせないんです。素晴らしいバランス。↓

Xperia 8

ボディはコンパクトかつ「Xperiaらしさ」を踏襲

▼このXperia 8(8 Lite)。ながーい画面ながらもボディサイズは実にスリムに仕上がって、重さも170g。実に持ちやすそうって印象です!↓

Xperia 8

持ちやすさとコンパクトさも良く、外観も四角くてシンプル。材質は樹脂性で、これまでの「Xperiaらしさ」を感じさせる良きデザインになっております。Xperiaファンに嬉しい設計に仕上がってますね!コレだよコレ!

▼カラーはブラック系、ホワイト系、シアン系、そしてオレンジ系の4色展開!いろんな人にウケそうな豊富なカラバリ構成となっております。↓

Xperia 8

【2020-08-26追記】SIMフリー版となるXperia 8 Liteのカラー構成はブラックとホワイトの2色のみとなります。注目カラーであるオレンジがないのはやや寂しいところ。ここはコストダウンの対象になったっぽいですね。

12MP+8MPのデュアルカメラ搭載!AI搭載でキレイに撮れる!

▼カメラはデュアルカメラになっており、メインカメラが1,200万画素、サブの望遠カメラが800万画素、インカメラは800万画素となっております。↓

Xperia 8

メインカメラはAI搭載で、被写体に応じて自動で補正してくれて1発で「ええ感じ」な写真に仕上げてくれるようです!SNS映えしてとても便利な機能です。ワイモバイル公式いわく、料理や人物、夜景や逆光など、13種類のシーンと4つのコンディションを自動で判断するそうです。

さらに、サブには専用の望遠カメラを搭載したことで、より遠くまできれいなズーム撮影が見込めそう!ただし、広角カメラ非搭載なのが正直残念。かなり便利であったゆえに、ここは搭載してほしかった!

嬉しいイヤホンジャックあり+ハイレゾ対応!

▼最近登場するスマホに省かれがちになりつつあるイヤホンジャックを搭載!これクッソ便利だから嬉しい。↓

Xperia 8

しかも!ハイレゾ再生に対応しており、対応しているアプリとヘッドホンならよりキレイで精細な音質を楽しめるんです!画面だけでなく、音響に対してもソニーのこだわりがうかがえますね!

【2020-08-26追記】SIMフリー版のXperia 8 Liteは、Xperia 8で対応していた「DSEE HX」に非対応となっております。

「DSEE HX」は楽曲データが本来持っている情報を予測・復元することで、CD、圧縮音源にハイレゾ品質の臨場感をもたらすという技術。サウンド面ではやや劣る印象ですが、ここもコストカットの対象と割り切りましょう!

指紋センサーや防水対応など日常で快適な機能もしっかり搭載

▼Xperia 8の側面には電源キーと合体した指紋センサーがあり、使いやすくて便利!電源キーを押すだけでスタイリッシュにロック解除が可能!↓

Xperia 8

また防塵防水もちゃんと対応しており、家事や作業でぬらしても大丈夫。ホコリや土がついても大丈夫!なんといっても、IP68対応で、最高クラスの等級ですから。安心感が段違いですぞ!

Xperia 8 LiteとXperia 8の対応バンドをチェック!

Xperia 8 Liteは国内SIMフリーモデルとなります!

Xperia 8はキャリアモデルなので、契約キャリア以外で使うにはSIMロック解除が必要になります!

Xperia 8 LiteとXperia 8は対応バンドが異なります。購入時はお間違えのないようご注意ください!

Xperia 8(8 Lite)のdocomo回線のバンド対応状況

ドコモの電波バンド(周波数帯) バンド対応
(Xperia 8 Lite)
バンド対応
(Xperia 8)
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band19(4G FDD LTE/800MHz)重要 ×
Band21(4G FDD LTE/1.5GHz) × ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz) × ×
Band42(4G TD LTE/3.5GHz) × ×
n78(5G NR Sub6/3.6~3.7GHz)重要 × ×
n79(5G NR Sub6/4.5~4.6GHz)重要 × ×
n257(5G NR ミリ波/27.4~27.8GHz) × ×

4G LTE対応バンド docomo

▼Xperia 8 Lite↓

4Gで重要なバンド1・3・19に対応しているので実用に問題はありません。

▼ガルマックスがオススメするドコモ回線の格安SIMはこれ!↓

▼Xperia 8↓

4Gで重要なバンドのうちバンド1・3に対応していますが、地下や郊外の繋がりやすさを左右するバンド19に対応していないので電波強度が弱くなる場合があります。

5G NR対応バンド docomo

ドコモで提供されている5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

Xperia 8(8 Lite)のSoftbank・ワイモバイル回線のバンド対応状況

ソフトバンクの電波バンド(周波数帯) バンド対応
(Xperia 8 Lite)
バンド対応
(Xperia 8)
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band8(4G FDD LTE/900MHz)重要
Band11(4G FDD LTE/1.5GHz) × ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz) × ×
Band41(4G TD LTE/2.5GHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GHz) × ×
n77(5G NR Sub6/3.9~4.0GHz)重要 × ×
n257(5G NR ミリ波/29.1~29.5GHz) × ×

4G LTE対応バンド Softbank・ワイモバイル

4Gで重要なバンド1・3・8に対応しているので実用に問題はありません。

▼ガルマックスがオススメするソフトバンク&ワイモバイル回線の格安SIMはこれ!↓

5G NR対応バンド Softbank

ソフトバンクで提供されている5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

Xperia 8(8 Lite)のau回線のバンド対応状況

auの電波バンド(周波数帯) バンド対応
(Xperia 8 Lite)
バンド対応
(Xperia 8)
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band18(4G FDD LTE/1.8GHz)重要 ×
Band26(4G FDD LTE/900MHz)Band18を内包 ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz) × ×
Band41(4G FDD LTE/2.5GHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GH) × ×
n77(5G NR Sub6/3.7~3.8GHz・4.0~4.1GHz)重要 × ×
n78(5G NR Sub6/3.7~3.8GHz)重要 × ×
n257(5G NR ミリ波/27.8~28.2GHz) × ×

4G LTE対応バンド au

▼Xperia 8 Lite↓

4Gで重要なバンド1・18・26に対応していますが、auはバンドが対応していても通信できない場合があります。通信できる確証を得てから検討して下さい。

▼ガルマックスがオススメするau回線の格安SIMはこれ!↓

▼Xperia 8↓

4Gで重要なバンドのうちバンド1のみ対応していますが、全国区をカバーするバンド18(26)に非対応なので多くのエリアで電波の強度が弱くなる場合があります。またauはバンドが対応していても通信できない場合があります。通信できる確証を得てから検討して下さい。

5G NR対応バンド au

auで提供されている5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

Xperia 8(8 Lite)の楽天モバイル回線のバンド対応状況

楽天モバイルの電波バンド(周波数帯) バンド対応
(Xperia 8 Lite)
バンド対応
(Xperia 8)
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band18(4G FDD LTE/1.8GHz)重要 ×
Band26(4G FDD LTE/900MHz)Band18を内包 ×
n77(5G NR Sub6/3.8~ 3.9GHz)重要 × ×
n257(5G NR ミリ波/27.0~27.4GHz) × ×

4G LTE対応バンド 楽天モバイル

▼Xperia 8 Lite↓

4Gで重要なバンド3・18・26に対応していますが、楽天モバイルはバンドが対応していても通信できない場合があります。通信できる確証を得てから検討して下さい。

▼300万人まで月額料金が1年間無料!まだ申し込んでない人は↓

▼Xperia 8↓

4Gで重要なバンドのうちバンド3のみ対応していますが、楽天モバイルのパートナー回線(au回線)であるバンド18に対応していないので多くのエリアで電波の強度が弱くなる場合があります。また楽天モバイルはバンドが対応していても通信できない場合があります。通信できる確証を得てから検討して下さい。

5G NR対応バンド 楽天モバイル

楽天モバイルで提供される5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

Xperia 8まとめ!エンタメ特化だけど普段使いも楽しめる良スペック機種

Xperia 8

Xperia 8はミドルスペックながらも普段使いにバッチリ快適な機能性を揃えている機種!

フラッグシップスマホのXperia 1のSoC、メモリ、カメラ性能、保存容量を控えめにしつつ、Xperiaらしさと縦長画面など快適に使えるポイントを引き継いでくれたのが嬉しいポイント!特にその縦長画面は本当に快適そうですね。

Webやツイッター見ながらニコニコ動画やYoutube見たり音楽流したりナビ画面開いたり。「まるでスマホの画面がもう1個上についているかのよう」な気分でとっても快適なんす。これは使ってみたらなかなかハマっちゃう。

Xperia 8はワイモバイルでお値段約54,000円となっております。価格は割高感が否めないんで割引とか狙ったほうが良さそう!

一方、Xperia 8 LiteはNuroモバイルで29,800円とかなり割安になっております!SIMフリーになっており対応バンドが幅広くなってますし、何よりXperiaの魅力を得られつつ安価で手に入るので、かなり有力なチョイスといえるでしょう。

発売時期と価格・購入先

Xperia 8の発売時期は2019年10月頃でワイモバイルでの価格はメモリ4GB/容量64GB:54,000円(税込)です!

Xperia 8 Liteの発売時期は2020年9月。Nuroモバイルでの価格はメモリ4GB/容量64GB:29,800円(税込)です!

■Xperia 8■

▼[Ymobile]新規・MNPは35,784円、機種変更は46,872円!

 

■Xperia 8 Lite■

▼nuroモバイルでは端末価格29,800円!8月26日から先行受付開始!9月1日販売!↓

 

▼mineoでは端末価格36,168円で9月1日から販売開始!先着でソニーストアで使える4000円分の買い物券をプレゼント!

ページトップへ