Xperia 8 Liteのレビュー。WEBブラウジングや動画視聴中心ならアリ

Xperia 8 Lite

ソニーの「Xperia 8 Lite」は21:9のディスプレイを採用したスリムなボディーが魅力的なミドルレンジスマートフォン。IIJmioさんに実機をお借りしたのでレビューをお届けします。

Xperia 8 Liteの良かった点と気になった点

Xperia 8 Lite

メーカーでの立ち位置:ミドルレンジ帯のスマートフォン。各MVNOで取り扱われているライトユーザー向けの端末

特徴:21:9の縦に長いディスプレイを搭載。横幅がスリムで持ちやすい。

良かった点

・軽量で持ちやすい筺体

・21:9コンテンツを楽しめるディスプレイ

・精度の良い指紋センサー

・FeliCa対応

気になった点

・バッテリー持ちが悪い

Xperia 8 Liteの詳細スペックや特徴は以下で紹介しています。

Xperia 8/8 Liteのスペックまとめ!防水防塵、おサイフケータイ付きの21:9ディスプレイスマホ!

Xperia 8 Liteの外観

Xperia 8 Liteは21:9の縦に長い6型ディスプレイを搭載。6型ともなれば大きな筺体サイズを思い浮かべるが、縦長ディスプレイの恩恵で筺体の横幅は69mmと非常にスリムだ。

Xperia 8 Lite
手の小さな筆者でも非常に握りやすく感じた
Xperia 8 Lite
丸みを帯びた筺体で持ち心地が良い

ディスプレイは上部に太めのベゼルあるデザイン。画面が中央に備わっていないので横持ち状態では左右のどちらかに画面が偏る。横持ちでゲームをプレイする際は少々気になった。

Xperia 8 Lite
ディスプレイは上部のみベゼルが太いデザイン

カメラは少々出っ張っており、卓上に置いて操作するとガタつく。段差が気になるならケースを利用したほうが良さそうだ。

Xperia 8 Lite
カメラの出っ張り

その他、配置は以下の通り。

Xperia 8 Lite
左側面にSIM・MicroSDスロット
Xperia 8 Lite
右側面に音量ボタンと電源ボタン一体型指紋センサー
Xperia 8 Lite
上部にイヤホンジャック
Xperia 8 Lite
下部にスピーカーとUSB-Cポート

付属品・同梱物

Xperia 8 Lite

Xperia 8 Liteは本体以外にクイック系ガイドなどが同梱されていた。充電器や充電ケーブルは付属していない。必要ならばケースや充電器も購入しておこう。

▼充電器はAnker製がオススメ。↓

保護フィルムはPDA工房さんからリリース済み。様々なフィルムタイプがリリースされているので検討してみて下さい。

タイアップクーポンを発行中。500円以上のご購入時に適用すると100円オフ。割引クーポンをコピーしてレジで適用して下さい。

▼YouTubeではテンポ良く見られる凝縮レビューも公開中。質感・カラー・雰囲気は実機動画でチェック。↓

Xperia 8 Liteの処理性能

Xperia 8 Liteの頭脳にあたるSoCはQualcommのSnapdragon 630を搭載。メモリは4GB、容量は64GBのミドルレンジモデルである。

ミドルレンジ帯ではあるが、その中でも性能が低い部類。筆者が利用した中では文字入力で遅延が発生することがあった。

ゲーム性能も高くは無いので、3Dゲームではフレームレートを犠牲にするような設定が必要になるシーンが多い。

Xperia 8 Liteは主にWEBブラウジングや動画視聴を中心に利用されている方向けの性能である。

ベンチマークスコアをチェック

端末の処理性能を数値化するベンチマークを走らせてみた。

▼Xperia 8 LiteでのAnTuTuベンチマーク結果は、総合スコアが115,452点、GPUスコアは18,266点だった。ガルマックスが定めているスコア基準ではエントリーに近いミドルレンジといったところだ。↓

Xperia 8 Lite

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の参考スコアです。現時点で本端末の性能がどのランクに相当するか確認が出来ます!↓
AnTuTu Ver.9 スコア動作・操作感
総合スコア:約50万点以上
GPUスコア:約18万点以上
ヌルヌル、動作に不満なし
総合スコア:約35万点〜50万点
GPUスコア:約14万点〜18万点
重いゲームもなんとか
総合スコア:約25万点〜35万点
GPUスコア:約7万点〜14万点
軽いゲームくらいなら
総合スコア:約15万点〜25万点
GPUスコア:約3万点〜7万点
必要最低限
総合スコア:約15万点以下
GPUスコア:約3万点以下
サブ端末向き
AnTuTu Ver.8 スコア動作・操作感
総合スコア:約40万点以上
GPUスコア:約17万点以上
ヌルヌル、動作に不満なし
総合スコア:約30万点〜40万点
GPUスコア:約13万点〜17万点
重いゲームもなんとか
総合スコア:約20万点〜30万点
GPUスコア:約6万点〜13万点
軽いゲームくらいなら
総合スコア:約10万点〜20万点
GPUスコア:約2万点〜6万点
必要最低限
総合スコア:約10万点以下
GPUスコア:約2万点以下
サブ端末向き

▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ!↓

スマホの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

▼その他、Geekbench 5、PCMark、3DMarkでのスコアは以下の通り。↓

Xperia 8 Lite

▼ストレージ速度は書き込みが205.6MB/s、読み込みが302.5MB/s。↓

Xperia 8 Lite

Xperia 8 Liteの機能・仕様の検証結果

通知ランプ
指紋認証 ○:左側面。速度・精度は申し分なし
顔認証
アプリクローン
PCモード
外部映像出力 △:ワイヤレスのみ対応/ケーブル出力不可
戻るボタン入れ替え ☓:デフォルトは左
ジェスチャー操作
クイックランチャー ○:サイドセンス
ゲームモード
冷却システム
MicroSD
内部ストレージ化
☓:外部ストレージのみ使える
Photoshop Camera
PUBGモバイル
グラフィック設定
フレームレート設定
スムーズ設定時→スムーズ+中
最高クオリティ&フレーム設定→標準+中
スピーカー シングル/下部
イコライザー
備考

ソフトウェア・ハードウェアの特徴

サイドセンスが使いやすい

Xperia 8 Liteは、ディスプレイに表示されているサイドセンスバーをダブルタップすることでクイックランチャーを開くことができる。

Xperia 8 Lite
サイドセンスバーは任意の場所に移動もできる

サイドセンスは、任意のアプリを登録することでよく利用するアプリに素早くアクセスできる。また、片手モードや画面回転切り替えなどの機能も利用可能。

その他、マルチウィンドウの組み合わせを予め決めることもでき、よく利用する2つのアプリをマルチウィンドウで素早く表示もできる。

サイドセンスが登場した頃はタップ反応が悪く使い勝手がイマイチに感じていたが、Xperia 8 Liteでは感度も改善されており便利に利用できている。

おサイフケータイ対応が嬉しい

Xperia 8 Lite

Xperia 8 LiteはFeliCaを搭載することでおサイフケータイが利用できる。筆者もモバイルSuicaを日々利用しているのでおサイフケータイがなくなると困るのだが、Xperia 8 Liteなら問題なさそうだ。

指紋センサーの精度が良い

Xperia 8 Lite

Xperia 8 Liteは左側面に電源ボタン一体型の指紋センサーを搭載する。設定を終えメインのロック解除として利用しているが、ロック解除精度・速度ともに不満はない。

以前レビューしたモデルでは、スリープ状態→電源ボタン押下でスリープ解除&指紋認証というパターンで指紋認識しないことがあったが、Xperia 8 Liteではこのような症状もなく、素早く指紋でロック解除できた。

最近はコロナ禍の影響もあり指紋センサーが再度注目されているが、このような状況下ではやはり指紋センサーは非常に便利だ。

ディスプレイ:21:9の縦長が使いやすい

Xperia 8 Lite

最近のSONY製スマートフォンは21:9の縦に長いディスプレイを搭載しているが、Xperia 8 Liteも同じ比率のディスプレイを搭載している。

解像度はFHD+で高精細。NetflixなどDRMコンテンツはWidevine L1に対応しており著作権コンテンツもFHDクラスで再生できるのも嬉しい。

▼Netflixではシネマスクリーン比率に近い21:9でも視聴できる。画面いっぱいに表示される映像で没入感も高い。↓

Xperia 8 Lite

縦長ディスプレイはWEB閲覧でも1画面に表示できる情報量が多いのも魅力だが、この縦長ディスプレイを活かしたマルチウィンドウを是非試して頂きたい。

上部でYouTubeを見ながら下部でWEBページを見たり、上部で地図を確認しながら下部でLINEで文字メッセージを送るといった使い方もできる。

Xperia 8 Lite
上部にYouTube、下部にChromeを表示中。縦長ディスプレイはマルチウィンドウと相性抜群

マルチウィンドウ機能自体はAndroidスマートフォンで利用できる標準的な機能だが、窮屈に感じることが多かった。縦長ディスプレイはマルチウィンドウ機能と相性が良いのでXperia 8 Liteならではの使い勝手の良さが光る部分だ。

DRMコンテンツ Widevine:L1
FHDまで対応
高リフレッシュレート
表示モード ダークモード
画質調整 色域とコントラスト、ホワイトバランスが調整可能
備考

バッテリー持ち:減りが速く感じた

Xperia 8 Liteのバッテリーは2870mAh。一般的なスマートフォンよりも搭載容量が少ない。実際に利用しているとバッテリーの減りが速く感じた。

▼撮影時はバッテリー残量が95%。↓

2870mAh

▼満充電してからの画面使用時間は約15分。↓

Xperia 8 Lite

上記の画面が点灯している15分は画面輝度を65%ほどに設定して常時点灯状態で製品撮影を行っていた。ベンチマークやゲームをプレイしていた訳ではない。

撮影前の検証期間での実用でもバッテリーはガンガン減る印象だった。ライトな使い方でも1日バッテリーがギリギリ持つか持たないかという感じだったので、不安ならモバイルバッテリーを持ち歩いたほうが良い。

通信・SIM周り:対応バンドが充実している

Xperia 8 LiteのSIMスロットは少々特殊。

▼蓋はSIMピン不要で外すことが可能。この蓋側にはMicroSDスロットが備わっている。↓

Xperia 8 Lite

▼端末側にはSIMトレイが内部に挿入されていた。爪で引っ掛けて引き抜くことは可能だが、少々扱いづらい。↓

Xperia 8 Lite

通信検証では、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイル回線で通話・データ通信可能だった。今後、キャリア回線が変わってもXperia 8 Liteを使い回せるので経済的である。

SIMはシングルSIMタイプで、2枚のSIMを挿入して同時待ち受けするような使い方は出来ない点は留意頂きたい。

今回はIIJmioさんに端末とデータSIMをお借りしたので実機でも試してみた。APN設定はIIJmioのプリセットが既に登録済みなので、SIMを挿して即利用可能である。

▼今おすすめのWi-Fi系SIMカードはこちら↓

▼デュアルSIMを生かせば低価格で通話SIMつきの大容量スマホが構築できるかも↓

デュアルSIMを活用!音声SIMとデータSIMを分けた最強スマホの構築方法

ドコモ回線 データ通信:○
通話:○
(LINEモバイルで検証)
ソフバン回線 データ通信:○
通話:○
(LINEモバイルで検証)
ワイモバ回線 データ通信:○
通話:○
(ワイモバイルで検証)
au回線 データ通信:○
通話:○
(mineoで検証)
楽天モバイル回線 データ通信:○
通話:○
Rakuten Link:○
(楽天モバイルで検証)
2回線同時待ち受け ○:4G+4GのDSDV
備考

Xperia 8 Liteのカメラをレビュー

Xperia 8 Lite

構成 12MP(メイン)、8MP(望遠)
AI 設定項目なし/シーン認識はしている
撮影モード 写真、ビデオ、ポートレートセルフィー、レンズ、ボケ、スローモーション、マニュアル、クリエイティブクラウド、パノラマ
ズーム 光学2倍に対応。最大5倍のデジタルズームに対応
シャッター音の消音 不可
マニュアルの設定幅 ISO:50〜3200、WB:オート、曇、晴天、蛍光灯、電球、SS:1〜1/4000、露出:-2〜+2
写真解像度 12M
ビデオ解像度 4K/30FPS、1080P/60FPS、1080P/30FPS、HD、VGA
手ブレ補正 30FPSのみ電子式手ブレ補正が利用可能

画質:明るい場所では綺麗に撮影できる

Xperia 8 LiteはAIカメラ機能を謳っていないが、撮影時はシーンを認識してアイコンで表示してくれる。

▼料理撮影では色鮮やかになる傾向だった。↓

Xperia 8 Lite
シーンセレクトは「料理」と認識した

ハイエンド並の写真クオリティーは求められないが、明るい場所では綺麗な写真を撮影できることが多い。とは言え、光量の少ないシーンや夜間になると暗めの写真に仕上がることが多いので、記念撮影よりも記録撮影が合った使い方と言える。

昼間に撮影した屋外写真:曇りでも暗くなりがち

屋外での撮影では比較的光量が多いので美しい写真を撮影できることが多いのだが、曇り空の少々光量が少ない状態だと写真が暗くなってしまった。

▼左がXperia 8 Lite、右がiPhone 12 Pro Max。↓

▼光量の多い晴天時では画質も向上するが、撮影シチュエーションで画質のクオリティーが大きく変化しやすい。以下は晴天時に撮影した写真。↓

Xperia 8 Lite

ズームカメラ:光学式なので画質劣化しない

Xperia 8 Liteは光学式の2倍ズームカメラを搭載。デジタルズームと異なり、光学式は画質劣化しないことが特徴。倍率切り替えもワンタップで変更できるので扱いやすかった。

▼左が通常カメラ、右が光学2倍。↓

Xperia 8 Lite

Xperia 8 Lite

ポートレート:人物撮影向き

ポートレート撮影では撮影時に-10〜+10までの範囲でボケ味の強度を変更できる。撮影時はボケ効果が高くなるよう光学2倍ズームでの撮影となり通常画角では撮影できない。

▼ぼけモードで撮影した写真。やや背景との切り離しで甘さはあるものの、ポートレート撮影は十分楽しめる。↓

撮影時は被写体の顔を認識している挙動だった。試しに500mlサイズのペットボトルサイズのフィギュアでは上手くボケてくれなかったのでご留意を。

ナイトモード・夜景撮影:ノイズが多く光量調整も甘い。夜間撮影は苦手

Xperia 8 Liteはそれほどカメラ性能が高くないので、カメラにとって悪条件となる光量の少ないシーンではイマイチに感じる仕上がりの写真が多かった。

まずは比較的光量の多い夜景だが、明るい看板は白飛び、暗い箇所は黒つぶれした。光量の多いポイントをタップすると全体的な明るさ調整はされるが、光量の多い部分を抑えるとそれに釣られて暗い部分はより暗くなる。

▼左がXperia 8 Lite、右がiPhone 12 Pro Max。↓

▼光量の少ないシーンではピント調整もさらに甘くなった。左がXperia 8 Lite、右がiPhone 12 Pro Max。↓

▼2倍ズームでも撮影してみたが、メインカメラ同様に白飛び・黒つぶれが目立つ。↓

Xperia 8 Lite

Xperia 8 Lite

▼その他のポイントでも撮影してみた。全体を通して夜間撮影は写真クオリティーがそれほど高くなかったのでご留意を。↓

自撮り:撮影時は明るい場所がおすすめ

Xperia 8 Liteは8MPのインカメラを搭載。

室内で撮影

明るい場所であれば比較的綺麗な自撮り撮影が楽しめるが、光量の少ない場所だとやや明るさが物足りない。画質調整も可能なので少し薄暗い場所では微調整しながら撮影することオススメする。

インカメラ撮影時は「ポートレートセルフィー」も楽しめる。ポートレートセルフィーでは背景をボカした撮影だけでなく、合わせて美顔調整も可能である。

動画撮影時の手ブレ補正:定点撮影向き

Xperia 8 Liteは30FPSに限り電子式手ブレ補正が利用できる。手ブレ補正の度合いは手持ち定点撮影時にブレを軽減してくれる程度で、歩き・走りでの大きなブレはカバーできないことから撮影するなら定点での撮影をオススメする。

Xperia 8 Liteの実機レビューまとめ

Xperia 8 Lite

性能はそれほど高くは無いが、21:9のディスプレイやFeliCa搭載は魅力的。動画視聴が多いユーザーは満足度が高くなりそうだ。特にNetflixで21:9の迫力ある映像がこの価格帯のスマートフォンで体験できるのは嬉しい。

Xperia 8 Liteはこんな方にオススメできそうだ。

  • スマホではブラウジングや動画視聴が中心
  • NetflixやAmazonプライムビデオをよく見る
  • マルチウィンドウを利用することが多い

対応バンドも充実していることから、今後、回線キャリアを変更する場合でも使い回すことができ長期的に利用できるので、是非、レビューも参考に検討頂きたい。

■今安い!セールピックアップ■
▼19,800円!MNP乗り換えなら8,580円に大幅値引き!↓

▼プランSなら18,360円、プランM/Lなら14,400円!↓

■格安SIM(MVNO)■

Xperia 8 Liteの口コミ・評判

Xperia 8 Liteを使っているTwitterユーザさんへ。使用感・写真作例、良かった点・不満点など何でもいいので評価を募集中!内容に公序良俗の問題がなければ口コミとして掲載させていただきます!

以下の内容をコピーして感想ツイートをお願いします!

端末名:Xperia 8 Lite
#ガルマックスユーザレビュー

Xperia 8 LiteにおすすめのSIMカード

Xperia 8 Liteを格安SIMで使いたいならおすすめのMVNOはこちら。全てではありませんがドコモ系、ソフバン系、au系、楽天モバイルの回線でそれぞれ検証しています。

▼ドコモ回線の格安SIMなら↓

▼ソフトバンク回線の格安SIMなら↓

▼au回線の格安SIMなら↓

▼格安SIMじゃないけど楽天モバイルで使えました。タダのうちに飛び込もう!↓

ページトップへ