ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

ワイモバイルを1年使っての評価。割引終了で値上がりしたけど使い続けたい

  • ▼▼必ずチェック▼▼

    ガルマックスでは期間指定の割引クーポンや期間限定割引などを以下のページで全て告知!お得な情報を見逃さないように!

  • 【関連】期間限定のお得な情報一覧!

ワイモバイルのSIMが届きました

どうも、ガルマックスの猶木(なおき)です。

今回は久々となる通信回線のお話です。

気がつくと、ワイモバイルを契約してから早一年が経ちまして、ワンキュッパ割(1年間1,000円割引の特典)も無くなりましたが、現在もワイモバイルをメイン回線として利用しています。

本記事ではワイモバイルを1年使い、そして割引が無くなり値上がりした状態でも使い続ける理由など総まとめしたいと思うので、ワイモバイルが気になっている方は参考にしてみて下さい。

ワイモバイルを使って感じたメリット

ここではワイモバイルを1年以上利用して感じたメリットをまとめたいと思います。

ワイモバイルの利用料金は値上がりしても大手キャリアよりも安い

僕がワイモバイルで契約しているプランはスマホプランM(データ容量3GB)で月額は3,980円。1年間はワンキュッパ割適応で1,000円オフの2,980円で利用できます。また、データ容量が2倍となるキャンペーンも利用できたので、データ容量は2倍の6GBとなってます。

ちなみに執筆時点の現在も新規又はMNPでワンキュッパ割(1年間、毎月1,000円割引)と、データ容量2倍の特典が利用できます。

主力プランは以下の通り。赤文字はワンキュッパ割とデータ容量2倍のキャンペーン適応時。

項目 S M L
月額 2,980円

1,980円(1年)
3,980円

2,980円(1年)
5,980円

4,980円(1年)
データ容量 1GB

2GB(2年)
3GB

6GB(2年)
7GB

14GB(2年)
 通話  10分以内無料  10分以内無料  10分以内無料

最低利用期間は2年で25ヶ月目に解約やMNPしなければ自動更新となる部分は大手キャリアと変わりません。2年縛りの期間中に解約やMNPする場合は解除料として9,500円が必要です。

僕はスマホプランMにオプションで時間指定なしの通話かけ放題(オプション月額1,000円)を加えたので、月額はトータルで3,980円。

スマホプランを契約した場合は指定時間の無いかけ放題が+1,000円で利用できる

現在、僕はワイモバイルを契約して1年3ヶ月目となりワンキュッパ割が終了。通話かけ放題のオプションを含めて僕の月額は4,980円となりました。

例えばドコモの場合、通話かけ放題+5GBの総額が8,000円、5分以下かけ放題+5GBの総額が7,000円。ドコモが打ち出している指定端末を購入すると月額1,500円割引となるdocomo withを併用したとしても、通話かけ放題+5GBの総額が6,500円、5分以下かけ放題+5GBの総額が5,500円。

ここで注目したいのが、ドコモの場合は5分以下かけ放題と5GBのデータ容量の組み合わせで5,500円で有ることに対し、ワイモバイルでは24時間かけ放題+データ容量は増量特典の6GBが利用できて4,980円と割安なのです。

こうやって見ると、ワイモバイルって24時間かけ放題のオプション料金がベラボウに安いですね。格安SIMでも24時間かけ放題は2,000円以上のオプション料金を取られるので、通話が多い方はワイモバイルが非常に魅力的であると言えます。

僕が利用料金に対して気に入っているポイントは以下の3つです。

  • 割引特典が無くなったとしても大手キャリアよりも料金が圧倒的に安い
  • 24時間かけ放題を利用しても大手キャリアの5分以下プランを利用するよりも安い
  • 利用料金は安いけどデータ容量が多い

上記の特徴はワイモバイルのプランが異なっても同じです。どのプランを選んでも、ワンキュッパ割がなくなっても、大手キャリアよりも割安です。

この事から、ワンキュッパ割の特典の美味しい部分を1年間利用して値上がった後も大手キャリアよりも割安で利用できるので現在も利用しています。

通信品質に対する不満が1年間1度も無かった

スマートフォンはネットに繋がっていないと出来ることが極端に少なくなるデバイスです。そして、ネットを通じて様々なコンテンツを利用する時に重要となるのが通信品質です。

利用料金だけに目をやると、ワイモバイルよりも格安SIMが圧倒的に低価格ですが、その代償として通信速度が時間帯により左右されるというデメリットがあり、僕もその点が納得できずに「格安SIMを解約。結局、使い続けた回線はこれだった」で書いている通り、多数の格安SIMを解約してしまいました。

最近は面白いサービスがあって、人気格安SIMの通信速度をリアルタイムで見ることが出来るSIM Wというサービスが有るのでここに格安SIMのリアルタイム通信速度を載せておきます。

ご覧頂く様に、格安SIMは8時台、12時台、18時台、20時台に通信速度がガクっと落ちているのが分かると思います。

つまり、格安SIMは率直にお伝えすると通信速度が遅すぎて使い物にならない時間帯が存在します。

大手キャリアでは、この様な使い物にならない時間帯をなくす為に莫大な費用をかけて通信速度の底上げを図り、いつ利用しても不満ない速度を維持しています。

実はワイモバイルは大手キャリアであるソフトバンクの回線をそのまま利用しているので、利用料金は大手キャリアよりも安いけれど、通信品質は同じという利便性の高さを兼ね備えています。

僕がワイモバイルの通信品質で気に入っているポイントは以下。

  • 格安SIMの様な通信速度が低下して使い物にならない時間帯が無い

通信速度を重要視している方が沢山いらっしゃいますが、通信速度なんてLTE全盛期の現在だと何処を選んでも不満が出る事はありません。それよりも大切なのが”いつでも快適に利用できる通信速度が出ること”であり、現代では通信速度よりも通信品質が大切です。

端末とのセット購入だけでなくSIM単体でも契約出来る

ワイモバイルはSIMのみでも契約可能

ワイモバイルも魅力的な端末を数多くリリースしており、大手キャリアのように割引特典があったり、分割払いが可能であったり、内容は大手キャリアと変わりません。

初めてワイモバイルに乗り換える時は端末とセット購入するのも1つの手ですが、ワイモバイルはSIMのみでも契約可能です。ちなみに僕はSIMフリースマートフォンを持っているのでSIMのみを契約しました。

勿論、端末抱き合わせでなくてもワンキュッパ割やデータ容量2倍の特典が利用できます。

例えば大手キャリアで購入したiPhoneでSIMロック解除を行いワイモバイルのSIMのみを契約(MNP)すると、iPhoneはそのままワイモバイルで利用できるので新たに端末を購入せずに利用料金だけ下げるという乗り換えも可能です。

また、最近人気を博している家電量販店などで購入可能なSIMフリースマートフォンもワイモバイルの電波に9割以上が対応しているので、スマートフォンが古くなると格安なスマートフォンを電気屋で購入して切り替えることも出来ます。

僕が気に入っているポイントは

  • ワイモバイルで安心して利用できる端末をワイモバイルが販売している
  • SIMだけの契約も可能なので、MNPに合わせて端末を購入しなくても使いまわせる
  • SIMだけの契約であっても、ワンキュッパ割やデータ容量2倍の特典は変わらない

ちなみに、ワイモバイルで端末をセットで購入する場合は端末割引などが適応されて魅力的、SIMだけの契約でも最大15,000円のキャッシュバックが貰えるので端末を使いまわしても魅力的です。(記事の最後にワイモバイルのリンクやSIMのみ申し込む場合のリンクを残しておきますね。)

実店舗の対応が大手キャリアと遜色ない

ワイモバイルショップ

大手キャリア程ではありませんが、ワイモバイルショップも次々にオープンしており、全国各地にワイモバイルショップが展開されています。

これは店舗によっても対応が変わるのかもしれませんが、僕がワイモバイルショップを実際に利用した限り、ドコモ・au・ソフトバンクと対応は遜色なかったです。

実店舗の数は大手キャリアに敵いませんが、全国各地にワイモバイルショップが展開されているので、フェース・ツー・フェースで様々な手続きや案内を受けられるのは大手キャリアからの以降でも安心感が高いでしょう。

利用料金が安くなるのは分かった、通信品質が良いのも分かった、でも、ネットでの申込が良くわからない。という方は、近場のワイモバイルショップに足を運んでみて下さいね。

ワイモバイルを使って感じたデメリット

ここではワイモバイルを1年以上利用して感じたメリットをまとめたいと思います。

[解決しました!]1年間使って不便に感じたのはデータ容量の追加予約

記事を公開後にTwitterにて回数指定でデータ容量を追加出来る”快適モード”を教えて頂き、ここで記載しているデメリットは解決しました!快適モードは注意点も有るので是非以下の記事もチェックしてみて下さい!

僕が1年間ワイモバイルを利用して「不便だな」と感じたのはデータ容量の追加予約。

前述した通り、ワイモバイルでは現在でもデータ容量が2倍となるキャンペーン(新規又はMNPで自動適応)が利用できるのですが、増量分は500MB単位で追加するタイプです。

イメージとしては、データ容量を追加購入した費用を特典として増量した容量分、利用料金から割り引く感じです。

データ容量の追加予約は可能なのですが、これが500MB単位なので増量データ分を利用している最中は500MBを使い切る前に次の予約を行わないと通信速度低下状態となるので、中々使い勝手が悪い部分です。

もちろん、高速通信出来ている間にワイモバイルから”データ容量が少なくなっているよ”とメッセージが届くので、これまで予約忘れで速度低下状態に陥った事は無いのですが、僕の場合だと3GBが増量分となるので、データ増量分を全て使うには500MB×6回ものデータ容量の追加予約が必要でした。

この点はユーザーの利便性を考慮して、特典で増えたデータ容量はノンストップで利用できる様に改善して欲しいポイントですね。

ワイモバイルを長期利用した総まとめ。これは本当に”コスパ”が良い通信回線

ワイモバイルは通信品質が大手キャリアと同等、それでいて利用料金が安い、本当にコスパの良い通信回線だと思います。

格安SIMの利用料金は非常に魅力的ですが、「いつでも快適に利用できる」という通信品質が損なわれているので、コストは良いもののパフォーマンスはそれほど良くありません。

通信品質の高さと安さを兼ね備えている事に注目してワイモバイルを契約しましたが、値上がりした今でも大手キャリアと比較して通信品質も遜色なく、それでいて安いことには変わりありません。

ワイモバイルから離れる時は、2年利用してデータ容量の2倍キャンペーンが終了する時ですね。その時にはUQモバイルにでも変更してまた甘い蜜を吸ってやろうかと思います。とりあえず、ワイモバイルを1年利用した結果もう一年使い倒してみたいと思います。

ワイモバイルは現在も新規又はMNPでワンキュッパ割(月々1000円割引/1年)とデータ容量2倍(2年)が利用できます。また、家族と一緒に乗り換えなら2回線目以降は更に500円オフとなり、各種特典を利用してデータ容量2GB+10分以下かけ放題の場合だと月々1,480円。

最近、ドコモ・au・ソフトバンク以外に沢山魅力的な通信会社が出てきましたが、「通信品質を変えずに利用料金だけを安くしたい」という方は、ワイモバイルが最も合致しているので是非検討してみて下さい。

ページトップへ