ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

ZTE Axon 10 Pro 5Gのスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

ZTE Axon 10 Pro 5G

ソフトバンクより新発売される5G対応のフラグシップ機種「ZTE Axon 10 Pro 5G」のスペックや特徴をご紹介!次世代規格5G対応で高速通信もできるモデルとなります!

※本記事はソフトバンクモデルの端末情報で作成しています!

スペックデータベース登録済み

ZTE Axon 10 Pro 5Gの詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度ランク
信頼度 参照先:公式サイト
信頼度:高
製品情報
端末名 ZTE Axon 10 Pro 5G
発売年 2020年3月27日
発売地域 日本:ソフトバンク
メーカー ZTE
言語 日本語対応
Googleサービス対応
対応バンド・ネットワーク
2G 非対応
3G 900MHz , 2.1GHz
4G FDD-LTE:1 , 3 , 8 , 28
TDD-LTE:41 , 42
5G n77 (3.7GHz)
ドコモ対応状況

必須バンド非対応
圏外率が高くなったりエリアが狭くなります
プラチナバンド19非対応
FOMAプラスエリア非対応

ソフバン・ワイモバ対応状況

フル対応
プラチナバンド8対応

au対応状況

フル対応

通信できるかは実機検証が必要

SIMサイズ・スロット NanoSIM+MicroSD
ネットワーク関連備考 SIMロックあり
SIMフリー化にはSIMロック解除が必要
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth 5.0
本体仕様
ディスプレイ 6.4インチ/有機EL/画面占有率87.9%
解像度 2,340×1,080/FHD+/画面比率19.5:9
画素密度 398ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ159mm
横幅73mm
厚さ7.9mm
重さ 176g
本体色 ブルー系
システム仕様
OS Android 10
SoC Qualcomm Snapdragon 865
CPU Kryo 585/2.84GHz×1+2.42GHz×3+1.80GHz×4/8コア
GPU Adreno 650
ベンチマーク AnTuTu v8(参考値):総合スコア約568000点、GPUスコア約220000点
メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ6GB+容量128GB
ストレージカード MicroSD対応/最大2TB/独立スロットあり
カメラ
メインカメラ 48MP+20MP+8MP
特性:標準+超広角+望遠(光学3倍)
F値:非公表
AI:対応
手ぶれ補正:非対応
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
前面カメラ 20MP
F値:非公表
AI:非公表
手ぶれ補正:非対応
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
機能仕様・センサー
GPS 情報アップデートをお待ち下さい
センサー 指紋認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 非対応
イヤホンジャック なし
ネットワーク機能 NFC(FeliCa非対応/おサイフケータイ非対応)
バッテリー
バッテリー容量 4,000mAh
充電 有線充電:18W
ワイヤレス充電:非対応
ポート USB Type-C
その他
価格 89,280円
公式サイト

SoftBank ZTE Axon 10Pro 5G

購入先/割引情報

ZTE Axon 10 Pro 5G|ソフトバンクオンラインショップ

スペック表に関する免責事項

ZTE Axon 10 Pro 5Gの発売時期と価格

ZTE Axon 10 Pro 5Gの発売時期は3月頃で価格は以下の通り!

  • メモリ6GB/容量128GB:89,280円

▼ソフトバンクでトクするサポート+(特典A)を利用すると負担額はこんな感じ。↓

ZTE Axon 10 Pro 5Gの性能をチェック!

ZTE Axon 10 Pro 5Gは発売時点で最高峰の性能となるハイエンドモデルです!各社のフラッグシップモデルに多く採用される性能帯で先進的な技術や最新鋭のカメラ、機能が盛り込まれている事が多いです!

  • 普段使い:非常に軽快。大多数が不満を抱くことが無い動作
  • ゲーム:設定を高くしても非常に快適に遊べる。ゲーマーにもおすすめ

ZTE Axon 10 Pro 5G(Snapdragon 865)のAnTuTuスコア

AnTuTu 最新

まだZTE Axon 10 Pro 5G実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「Snapdragon 865」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。

  • Snapdragon 865(参考):総合スコアが568,000点、ゲーム性能(GPU)が222,000点
以下は現在市場で主流となっている各性能帯の平均スコアです。新しい世代に切り替わるとリストのスコアも切り替えるので、現時点で本端末の性能がどのランクに相当するかいつでも確認が出来ます!AnTuTuのバージョンで規準スコアが異なるので注意!
AnTuTu 8ハイエンド
ゲーミング仕様
ハイエンドミドルレンジ
最上位
ゲーミング仕様
ミドルレンジ
最上位
ミドルレンジ
上位
ミドルレンジエントリー
スコア総合
約49万点

GPU
約20万点
総合
約46万点

GPU
約17万点
総合
約28万点

GPU
約7.1万点
総合
約24万点

GPU
約6.5万点
総合
約17.5万点

GPU
約3.6万点
総合
約10万点

GPU
約2万点
総合
約8万点

GPU
約1.5万点
AnTuTu 7ハイエンドミドルレンジ
最上位
ミドルレンジ
上位
ミドルレンジエントリー
スコア総合
約36.2万点

GPU
約15.7万点
総合
約16.5万点

GPU
約4.7万点
総合
約13.5万点

GPU
約2.9万点
総合
約8.6万点

GPU
約1.8万点
総合
約7.1万点

GPU
約1.2万点
  • ▼AnTuTuベンチマークスコア募集中!▼
    スマートフォンは日々進化しており、例えば去年のミドルスペックと今年のミドルスペックでは同じ性能帯でも性能差があります。理由は処理チップにも世代があり、新世代になると性能も大きく向上するためです。SIMフリー端末はキャリアに縛られない汎用性の高さから、今後は中古市場でも人気が高くなると予想しています。
  • そこで、端末の性能を数値化するAnTuTuベンチマークアプリを用いて実機のスコアを収集し、新端末や中古端末を選ぶ際の1つの指標となるように日々実機を用いたAnTuTuベンチマークスコアを以下の記事でまとめて公開しています。もし、実機AnTuTuベンチマークスコアを提供してもいいよ!(端末は全機種対象)という方は以下の記事に投稿方法も記載しているのでチェックしてみて下さいね!
  • 【関連】スマートフォンの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

ZTE Axon 10 Pro 5Gの対応バンドをチェック!

ZTE Axon 10 Pro 5Gのドコモ回線対応状況

ZTE Axon 10 Pro 5GのLTEですが、全国区をカバーするバンド1や東名阪の高速通信バンド3には対応していますが、残念ながら地下や郊外での繋がりやすさを左右するプラチナバンドの19に非対応です。。。また、3Gも山岳地帯や農村地区をカバーするFOMAプラスエリアのバンド6には対応していません。。。

ZTE Axon 10 Pro 5Gはドコモ回線で利用する複数のバンドに対応していますが、ドコモが販売する端末よりエリアが狭くなったり圏外率が高くなる可能性があります!

ZTE Axon 10 Pro 5Gのソフトバンク回線、ワイモバイル回線の対応状況

ZTE Axon 10 Pro 5Gはソフトバンクで発売する端末のため、ソフトバンク及びワイモバイル回線にフル対応しております!またソフトバンクの5G電波にもフル対応しています!

ただしソフトバンクのSIMロックがかかっている状態なので、ワイモバイル含めた他社で使用する際はソフトバンク側でSIMロック解除の手続きを行ってください!

▼本端末のバンドに合致!ガルマックスがオススメするソフトバンク&ワイモバイル回線SIMはこれ!↓

ZTE Axon 10 Pro 5Gのau回線対応状況

ZTE Axon 10 Pro 5Gは通話もデータ通信もLTEを利用するau VoLTE SIMのバンドの26に対応しています。しかしながらau回線はSIMフリーや他社のスマートフォンと相性が悪く、表記ではバンドに対応していても実際に利用できない場合も多々あるので、実際にZTE Axon 10 Pro 5Gでau VoLTE SIMが利用できる確証を得てから検討して下さい。

auでは相互通信テストをクリアしていないとVoLTEが利用できない場合が多いので確認してみましょう!

ZTE Axon 10 Pro 5Gの特徴ピックアップコーナー!

ノッチ付き大画面ディスプレイ搭載!

▼ZTE Axon 10 Pro 5Gのディスプレイ!水滴ノッチでベゼルを極力省いた大画面モデルとなっております。さらに側面は曲面エッジ加工になっており、より見た目の滑らかさが感じられる造形となっております!よく見たらこのソフトバンクの紹介画像、ノッチがない!編集ミスかな?↓

ZTE Axon 10 Pro 5G

▼実際は下の画像のように水滴ノッチがございます。↓

ZTE Axon 10 Pro 5G

ディスプレイは液晶ではなく有機ELを採用!さらに、映像を最適化する技術の「AXON Vision」を搭載し、コンテンツに応じた最適なチューニングを施してくれるそうです!かなりキレイなディスプレイ表示で期待できそう!

フラグシップ品質なトリプルカメラを搭載!

▼ZTE Axon 10 Pro 5Gのカメラはデュアル…と見せかけたトリプルカメラ!その見た目も特徴的っす。↓

ZTE Axon 10 Pro 5G

メインの画素数は48MPと大きく、フラグシップに相応しい性能!さらにAIを搭載し、被写体によって様々な調整を施し、バツグンの映えある写真に仕立ててくれるんです。

▼さらにサブカメラは望遠と超広角の2つのカメラを搭載!超広角カメラはひろーい範囲を撮影したいって場面に、そして望遠カメラは光学3倍までのズームに対応し、遠い被写体もキレイに撮影可能!↓

▼インカメラも20MPで画素数が大きく、加工アプリを使わずともキレイに撮れるんだとか!セルフィー品質にも期待できますね!筆者もこんなシーンで写真撮りたい(泣)。↓

ZTE Axon 10 Pro 5G

5G対応で通信もゲームもサックサク

▼名前にドドンと5Gを載せている通り、ZTE Axon 10 Pro 5Gは5G通信に対応!これまでの4G通信とは比べ物にならないぐらいの超高速通信が楽しめるんです!↓

ZTE Axon 10 Pro 5G

SoCもフラグシップ最新モデルなのでヘヴィな3Dゲームもサクサク!それでいて回線も高速なので、頻繁に通信する対戦ゲームやFPSで大活躍できそう!

バッテリーも4,000mAhと大容量!

▼ZTE Axon 10 Pro 5Gはバッテリー容量が4,000mAhと大きく、電池もちにも期待できそうっす。ハイパワーSoCなので電池消費がどうなるか気になる部分ですが、バッテリー容量を大きくしているぶん電池もちも良さそう。↓

ZTE Axon 10 Pro 5G

おサイフケータイや防水防塵、イヤホンジャックは無し

ZTE Axon 10 Pro 5Gはおサイフケータイ機能のあるFelicaや防水防塵規格に非対応、さらにイヤホンジャックもそなわっていない点に注意っす!国内で発売するモデルだけあってせめておサイフケータイは実装してほしかっただけに残念。。。

ZTE Axon 10 Pro 5Gまとめ!ZTE初5G対応モデル!

外観はシンプルで美しくスタイリッシュ、かつ性能も外観を裏切らぬ高さで5Gスマホに相応しいトレンディな1台。次世代を味わいたい方にオススメできそうです。

個人的にはもう少し機能性を頑張ってほしかったなーと思う所。イヤホンジャックがないのは痛い(´・ω・`)機能性を切り詰めたぶん、カメラやチップセットにリソースを割いているのかな?とも思えます。

そういえばZTEスマホのカメラの評判ってそこまで聞いたことなかったし、筆者自身もZTEスマホを使ったことがない…使い心地と品質はどこまで高いのか?期待を寄せたい1台なのでした。

ZTE Axon 10 Pro 5Gの割引クーポン・セール・購入先まとめ!

この項目ではZTE Axon 10 Pro 5Gをお得に手に入れるために情報をまとめています!

割引クーポンの発行とセールの開催状況

現在、ZTE Axon 10 Pro 5Gの割引クーポンの発行やセールの開催が無いので、次の項目で紹介している最安値ショップでゲットして下さい!

割引クーポン発行時や割引セールが開始された時はTwitterFacebookで紹介するのでフォローを宜しくお願いいたします!

ZTE Axon 10 Pro 5Gの購入先情報

ZTE Axon 10 Pro 5Gは以下で取り扱っています!

ZTE Axon 10 Pro 5Gの公式サイト

ZTE Axon 10 Pro 5Gの公式サイトは以下です!

ページトップへ