ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

有線ヘッドホンを「DA88」でワイヤレス化してみた!

送受信に対応したBluetooth接続機器DA88

お気に入りの有線ヘッドホンやスピーカーをワイヤレスで利用したいと思ったことは無いでしょうか?また、テレビやパソコン等のBluetooth非搭載機器でお気に入りのBluetoothヘッドホンやスピーカーを利用したいと思ったことは無いでしょうか?

そんな時に役立つのがdodocoolの「送信・受信に対応したBluetoothトランスミッター&レシーバー(DA88)」です。

気軽にワイヤレス化を実現できるDA88をゲットしたので利用してみましたが、思っていた以上に様々なシチュエーションで活用できる機器でした!

製品価格は時期によりセールなどで変動するのでAmazonなどで確認してみてくださいね!

Bluetoothで簡単ワイヤレス化!送信・受信に両対応のDA88実機レビュー!

超コンパクトなのに2時間のフル充電で連続待受時間は100時間、送信モードでは連続13時間、受信モードでは連続8時間の駆動時間を実現。充電が切れても充電しながら使えるので安心。最大8台のBluetooth機器を記憶出来ます。

▼4インチのiPhoneSEと並べてみたのですが超コンパクト。これだけ小さいとポケットに入れても邪魔になりません。↓

1.74 x 1.73 x 0.50インチで片手で握れる大きさ20円チロルチョコより一回り大きいくらい

▼同梱物には有線接続用のケーブルや充電ケーブルも入っているので安心。説明書は各国の言語が纏まっているタイプですが、日本語も記載しているので使い方が分からないということも無し。↓

ケーブル類が一式入っているので余計な出費は抑えれます

▼本体側面には送信(TX)と受信(RX)の切り替えスイッチと電源ボタン。↓

右と左にレバーをスライドするタイプで突起も少ないので引っかかりにくいです

▼こっちには3.5mmのオーディオジャック(AUX)。充電はMicroUSB経由となるのでスマホの充電器やモバイルバッテリー、パソコンなどから充電可能です。↓

イヤホン端子と同じ形状のケーブルなら何でも挿せます。

▼本体上面のロゴは充電時やペアリング時など本体の状況を知らせてくれるインジケータとなってます。↓

dodocoolのロゴが充電中は赤、起動中はブルー、ペアリング中は点滅など視覚的にも分かりやすいです

DA88の受信(RX)モードで有線機器をワイヤレス化!

有線接続のヘッドホンをDA88に接続。スマホとDA88はBluetoothで接続しているのでスマホの音がDA88を介して聴こえます

今回は「H501ヘッドホンレビュー。アクティブノイズキャンセリングの実力を試す」で紹介したヘッドホンをワイヤレス化してみました。DA88とスマホをBluetooth接続しているのでスマホからの音はDA88を介してヘッドホンから音が聴こえます。

ヘッドホンに限らず有線スピーカーでも同じように利用できるので、店舗などでよく見かけるBGM用スピーカーを天井付近に設置する様な使い方でも、簡単に音源をBluetooth経由で飛ばせるので便利。

DA88の送信(TX)モードでノートパソコンの音源をワイヤレスでBluetoothヘッドセットへ飛ばす!

BluetoothのりようできないノートパソコンをDA88と有線接続。DA88は送信モードでBluetoothヘッドセットに音を飛ばします

テレビやパソコン等、Bluetoothに対応していない機器でもDA88の送信モードを利用する事でBluetoothヘッドホンやイヤホン、スピーカーにワイヤレスで音を飛ばせます。以前「SoundPEATSのBluetoothヘッドセット「Q12」レビュー。音質は低音寄りで心地よい」で紹介したBluetoothヘッドセットをDA88を利用してパソコンと接続してみました。

DA88とBluetoothヘッドセットのペアリングはお互いをペアリングモードにするだけで自動接続するので超簡単。

例えば、リビングで利用しているBluetoothヘッドホンを自室のパソコンでも使いたい場合や、テレビの音をBluetoothスピーカーに飛ばしたい場合に最適。

機器を問わずワイヤレス化出来るのが素晴らしい。

1つで送受信どちらも対応出来るのでとてもありがたいですね。

3.5mmのジャック(イヤホンジャック)での接続ですので汎用性は非常に高く、例えば自動車のカーオーディオにAUX端子がついていれば簡単にスマホの音源をカーステレオに飛ばせます。

また、最近では設置場所に困らないBluetoothスピーカーが人気ですが、DA88を利用することでお気に入りのスピーカーをBluetoothスピーカーとして利用できます。

ページトップへ