ワイモバイル バナー ヘッダー

他人のAirTagを拾った時にどうすればいいか。余裕で追跡出来てしまう仕様に懸念

AirTag

AppleのAirTagを買ったんですが、誰かのAirTagを拾った場合はどうしたら良いんだろう、他の人にAirTagをカバンに入れられて追跡された時はどうなるんだろうと気になったので検証してみました。

AirTagはApple純正の紛失物を探すタグ

AirTagはAppleが2021年4月30日にリリースした純正の紛失物を探すタグ。これを付けておくと紛失した際に強力なAppleの「探す」ネットワークを使って紛失物を見つけることができます。

iPhone SE(第2世代)を除くiPhone 11以降のモデルなら、「正確な場所を探す」機能が使えるので、同じ類の製品では難しかったタグまでのピンポイントな誘導もしてくれます。

価格は1個3,800円、4つセットは12,800円。レビューも書いているのでチェックしてみて下さい。

AirTagのレビュー。忘れ物探しは得意、置き忘れ対策には不向き。設定や使い方も解説

他人のAirTagを見つけた時の手順

これから紛失物を見つけた時にAirTagが付いているかも知れません。

AirTagは紛失者が「紛失モード」に切り替えると、AirTagを拾った第三者は紛失者が設定した連絡先やメッセージを確認することが出来ます。

この紛失者情報の確認ですが、iPhoneはもちろんNFCを搭載したAndroidでも確認することが出来ます。

▼左が紛失モード時。電話番号やメッセージが表示されます。右の非紛失モード時は電話番号やメッセージは表示されません。↓

AirTag

悪意のない単なる紛失物なら、AirTagがカバンに付いていたり鍵に付いていたり財布に入っていたりするはず。

こんな時は紛失者さんが困っているはずなので、警察に紛失者情報を添えて届けてあげましょう。

iPhoneユーザが他者のAirTagを見つけた場合の手順

▼アナタがiPhoneを使っている場合、見つけたAirTagの白い部分をiPhoneの上部にタッチしましょう。↓

AirTag

▼保護ガラスを貼ってると認識しづらかったので何度かタッチしてみて下さい。認識するとサファリの通知が出てきます。↓

AirTag

▼サファリの通知をタップすると紛失者情報が表示されました。↓

Androidスマホユーザが他者のAirTagを見つけた場合の手順

AirTagはNFCを搭載するAndroidスマホでも紛失者情報を読み取ることが出来るんですが、NFCの機能がオフになっている場合もあるので確認しましょう。

▼画面の上からスワイプするとランチャーが開くので、NFCがオンになっているか確認しましょう。↓

AirTag

▼AirTagの白い部分をAndroidのNFCにタッチしましょう。AndroidスマホのNFC位置は機種ごとに異なるので根気よくタッチしてみて下さい。↓

AirTag

▼AirTagの情報を読み取ると、Androidスマホの検証機種ではWEBブラウザが立ち上がり紛失者情報が確認できました。↓

AirTag

悪意あるAirTagの利用で追跡されたらどうなる?

AirTagはとても便利なアイテムですが、悪意ある利用が出来てしまうのではないかと懸念の声も挙がってます。知らないAirTagを持ち歩いていると通知するようになってますが、少々懸念が残る結果となりました。

iPhoneは通知が表示されるが、消してしまうと再表示されなかった

▼まず、アナタがiPhoneを持っている場合ですが、第三者のAirTagを持ち歩いていることを検知すると通知が飛んできます。↓

AirTagを持ち歩いていた経路なども表示されるので、どこでAirTagを忍ばせられたのかも把握可能。また、この通知にはAirTagを無効にする手順も書いてます。

しかしながら、この通知が飛んでくるまで数時間の時間を要しました。多分、通勤時間が1時間以内とかだと自宅の場所とかバレるんじゃないかと思う。

あと、僕は検証で記事に掲載するスクショを撮ってたんですが、誤って通知を消してしまったんです。その後、1日ほど休暇で家で第三者の体となるAirTagを持ってたんですが、再通知はありませんでした。

つまり、この通知を見逃したり、よく分からずスルーすると、悪意ある第三者はアナタの位置をずっと監視することが出来てしまいます。

この事から、個人的には第三者のAirTagを持ち歩いている場合、しつこいほど通知を出したほうが良いんじゃないかと。

AndroidユーザはiPhoneユーザほど追跡対策が考慮されていない

iPhoneは第三者のAirTagを持ち歩いていると数時間後に通知が飛んできましたが、Androidスマホしか持ってないユーザはどんな挙動になるのだろう。

一応、iPhoneユーザ以外がAirTagを持ち歩くとサウンドで知らせてくれるみたいですが、ここで疑問が。

AirTagは持ち主からしばらく離れてから動きを検知するとAirTag自体がサウンドを鳴らす機能があるみたいなのですが、悪意ある追跡を検知した場合は3日待たずともサウンドがなるのだろうか。

この検証では、Androidスマホしか持っていない弟に了解を得て持ち歩かせ検証したのですが、残念ながら検証2日目に突入しても弟のカバンに仕込まれたAirTagはサウンドを発していません。

この2日間、僕は手元のスマホで弟の位置情報を得て、自宅を特定することも出来てしまいました。なので、他者のAirTagを持ち歩いていてもサウンドがなるであろう3日目までは位置情報が筒抜け状態と言えそうです。

iPhoneを持ち歩いての検証では数時間後に通知が飛ぶ一方、Androidスマホしか持たないユーザはiPhoneユーザほど悪意ある追跡への対策は考慮されていないなと感じてしまいました。

実際に使ってみたら、余裕でストーキングに使えてしまうこの仕様はどうなんだろうと改めて考えさせられます。

第三者のAirTagを持ち歩いている事に気がついたら電池を抜いて警察へ。自宅へは持ち帰らないように

先述通りカバンや鍵、財布などとセットでAirTagが付いているはず。アナタのカバンやプレゼント品にコロッとAirTagが入っていたりすることは基本無いと思います。

もし、入っていたら、アナタの位置を誰かが知ろうとしているのかも知れません。出先で知らないAirTagがカバン等から見つかった場合は少なからず相手はこちらの位置情報を確認できる状態にはあるので、自宅へは持ち帰らないようにしましょう。

見覚えの無いAirTagを見つけたら以下の手順で無効化して最寄りの警察へ届けて下さい。

  1. AirTagの情報をスマホで読み取る
  2. シリアル番号が記載されているのでメモを取る
  3. 電池を抜いて無効化する
  4. 警察へシリアル番号を添えて届け出る

ちなみに2で伝えたように、AirTagはシリアル番号が割り振られています。AirTagは初期設定時にApple IDと紐付けられる仕様なので、悪意ある利用をしていたユーザは、AirTagのシリアル番号から速攻足がつきます。

まぁ、こんなアホなことをする人は居ないと思いますが、可能性は0では無いので見覚えの無いAirTagを見つけた場合の対処法は覚えておいたほうが良いです。

まとめ:iPhoneやAirTagユーザ以外も仕組みは知ってほしい

AirTagはAppleの製品ですが、これまでの紛失タグとは比にならない強力な「探す」ネットワークを持っています。

なぜ、強力なネットワークを構築できるのか。それは、iOSやiPad OSににAirTagを探すためのネットワークに参加する機能が加えられたからです。

つまり、AirTagを利用していなくても、困った誰かのAirTag探しに参加するネットワークの一部として僕のiPhoneもアナタのiPhoneも使われるってことです。もちろんそれらの通信は完全にプライバシーが守られるとAppleは説明しています。

日本はiPhoneの人気が高く、スマホ利用者の約半数がiPhoneユーザ。OSに探すネットワークへの参加機能が加わっているので、日本国内ではとても強力なネットワークが構築されることになります。

非常に高精度な位置検知能力は、本来の目的に合う使い方では大変魅力的ではありますが、一方で悪意ある利用ではストーキングツールにもなりうるものです。

検証の結果、現在の仕様では容易にストーキング行為が出来る状態。その被害に遭うのは、iPhoneユーザ、Androidユーザ、スマホ自体を持っていない人、全てが対象です。

AppleのAirTagは素晴らしい製品ではありますが、iPhoneを利用する圧倒的なユーザ数、それらを利用した強力なネットワークを保有する製品。だからこそ、AirTagに興味の無い方も、仕組み、リスク、対処法は知っていて損は無いかと思います。

ページトップへ