ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

DTI SIMの「でんわかけ放題」注意点と詳細。他社よりも一歩進んだカケホ

garumax-dti-sim-kakeho (1)

どうも、ガルマックスの猶木(ナオキ)です。

「遂にこの時が来たか」という程、個人的には衝撃的。恐らく、格安SIMが気になっている方は必見の内容となっています。

快進撃を続けているDTI SIMが、遂に5分以下かけ放題の「でんわかけ放題」を発表しましたが、その内容が凄い。

「何も変わらない事が凄い」DTI SIMの5分以下かけ放題プラン。

もう、何言ってるか分からないでしょ。

でも、その内容を知ると利便性の高い「5分以下かけ放題」と分かるはず。

他社の「5分以下かけ放題」と違うポイント。

格安SIMを提供するMVNOでは、楽天モバイルやFREETELが「電話回線を利用した5分以下かけ放題プラン」を提供しています。

今まで、格安SIMでの「5分以下かけ放題」プランの訴求ポイントは「電話回線か否か」で大きく評価が分かれました。

電話回線を利用した「かけ放題」

大手キャリアでは、電話回線を利用した「高品質」なかけ放題を提供しており、楽天モバイルやFREETELは、独自の電話アプリ経由で電話回線を利用した「5分以下かけ放題」を提供しています。

現在、格安SIMで主流の「かけ放題」はこのタイプ。

インターネット回線を利用した「かけ放題」

こちらは電話回線ではなく「インターネット回線」を利用したかけ放題で、格安SIMで電話回線を利用したかけ放題が主流となる前はこちらがメジャーでした。

LINEの無料通話やスカイプ等と同じシステムですが、格安SIMで提供されていたものは、電話番号にインターネット回線を利用して通話が可能ということ。

欠点は、電話回線を利用した通話と比べて「遅延」や「音質劣化」があることに加え、インターネット回線を利用した通話は、「データ容量」を消費するということ。また、専用アプリからの発信となります。

DTI SIMでは大手キャリアと変わらない「かけ放題」

DTI SIMの「5分以下かけ放題」は、楽天モバイルやFREETELと同じ「電話回線を利用した高品質な通話」です。

先ほどお伝えしたように、楽天モバイルやFREETELでは、「専用の通話アプリ」から発信した時のみ、5分以下かけ放題が適応されます。

追記:「専用の通話アプリ」とは、プレフィックス番号を付与する通話アプリです。楽天モバイルやFREETELでは、自社が提供しているプレフィックス番号を自動で付与するアプリをリリースしています。

基本的には、電話番号の前にプレフィックス番号を付け加えると、プレフィックス番号経由での通話となり、5分以下かけ放題を契約していた場合、適応となります。つまり、純正アプリでも電話帳登録時にプレフィックス番号を手動で追加しての登録でも利用可能というわけです。また、各社が提供している純正のプレフィックス番号付与アプリ以外のサードパーティー製プレフィックス番号付与アプリでも、設定をすることにより利用可能となります。

表現が曖昧で「mvnoが提供している専用の通話アプリ」のみで利用可能と捉えることの出来る表現は正しくありませんでした。お詫びして訂正申し上げます。

つまり、スマートフォン標準の通話アイコンからの発信は適応外で、通話アプリが標準のアプリと5分以下かけ放題で通話するための専用アプリの2つが混在します。

DTI SIMが発表した「5分以下かけ放題」は、ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルと同じ、「標準の通話アプリ」からの発信に対応した「5分以下かけ放題」なのです。

ですので、大手キャリアから格安SIMへ乗りかえたユーザーさんが、今までと使い方が「変わらない」唯一の格安SIMかけ放題プランなのです。

DTI SIMの「5分以下かけ放題」の提供開始日や利用料金。

garumax-dti-sim-kakeho (2)

DTI SIMで提供される「5分以下かけ放題」は、オプション扱いで月額利用料は780円。5分を超えた通話は30秒20円となっています。

提供開始は5/25からで、現在は音声通話プランと同時申し込みで利用が可能となっています。

既存ユーザーさん向けには6月上旬から提供開始となるので、現在DTI SIMで音声通話プランを利用している方は暫く待ちましょう。

5分以下かけ放題オプションは「満額請求」

5分以下かけ放題のオプション利用料金は日割り計算はされず、月の何処で加入しても「満額請求」となります。が、加入月全ての通話に対して「5分以下かけ放題」が適応されます。

また、5分以下かけ放題オプションに関して最低利用期限はありません。

DTI SIMは、使い方が変わらない「敷居の低い」格安SIMです。

私もDTI SIMを利用していますが、ここの格安SIMは以前から非常におすすめしている格安SIMです。

DTIって聞いたこと無い方も多いのですが、知っている方はその「老舗具合」を知っているので、申し込みが殺到しているんですね。

DTIは、インターネット・プロバイダーとして20年という超老舗。

だから格安SIMでの調整が長けているんです。絶対的な速度が出る格安SIMは他にもありますが、個人的には速度より安定性が重要と考えています。

格安SIMは、混雑時に著しく速度が低下することが格安で利用できる代償となっていますが、この「混雑時の捌き方」が老舗ならではの調整力で比較すると安定しています。

即日MNPに対応しているから、不通期間もなし。

DTI SIMでは、即日MNPが利用可能となっているので、手元にSIMが届いてからMNPとなります。繋がらない時間がキャリアでのMNPと同じ程(手続き中のみ)ですので、安心して乗りかえが可能なことも魅力。

DTI SIMが発表した「5分以下かけ放題オプション」は音声通話プランと同時加入で利用が可能となっている(既存ユーザーは6月上旬提供開始)ので、大手キャリアのケータイ利用料金が高くて不満がある方は乗りかえましょう。

かけ放題の使い方が変わらない格安SIMは現在DTI SIMだけです。また、ガルマックスでは通信品質の安定性からDTI SIMをおすすめします。

キャンペーンを利用すると、大手キャリアの解約金も相殺されるので、検討してみてくださいね!

  • ▼キャンペーン内容変更告知▼

    音声通話プランの基本料金半年無料キャンペーンは終了しましたが、データ通信プラン(データのみ及びSMS付き)の3GBプランは半年間基本料金無料で試せるキャンペーンを実施しています。格安SIMは通信品質が重要ですので、タダで半年間利用してみましょう。解約金&契約期間は一切なし。ドコモ系回線網の格安SIMを試したい方はDTI SIM一択。

ページトップへ