ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

iPhone SEもサムスン製のA9が流通してるのか調べてみた。

garumax-A9

どうも、ガルマックスの猶木(ナオキ)です。

先日、初期不良に見舞われた私のiPhone SEが、やっと交換できました。

実は、A9プロセッサーは2社が製造していまして、A9を搭載しているiPhone 6s/6s Plusで話題となりご存じの方も多いと思いますが、iPhone SEでもA9を搭載しているので、早速調べてみました。

私のiPhone SEはサムスン?TSMC?

世間では台湾のTSMC製が「アタリ」、韓国のサムスン製が「ハズレ」とか言われていますが、Appleでは「性能差は1%~2%程で誤差の範囲」としています。

今回は「Lirum Device Info Lite」と「AnTuTu」で調べてみました。

Lirum Device Info Liteでの判定。

garumax-iPhone-SE-A9-Samsung (2)

早速調べてみましたが、Modelが「N69uAP」となっていました。

「N69uAP」を調べてみたところ「サムスン製」だそうです。TSMC製は「N69AP」と表示されるそうですよ。

AnTuTuでの判定ではまさかの。

iPhoneSE-A9-Samsung

続いてはベンチマークテストアプリでお馴染みの「AnTuTu」で調べてみました。

上部のModelにはしっかりと「Apple A9」と表示されていますが、下部のCPU項目では、まさかの「A9X」。

私のiPhone SEはサムスン製のA9Xという、超大当たりなのでしょうか。

んなこたぁない。

iPhone SEでも、しっかりとサムスン製A9プロセッサーは流通している。

個人的にはサムスンだろうがTSMCだろうが特にどうということは無いです。

ちなみに、iPhone 6s/6s PlusでのA9製造元違いによる性能差問題は、当初TSMC製がアタリという流れでしたが、その後、様々なベンチマークサイトが検証した結果、一長一短であることが判明しています。

少し、個人的な感想を。

実は、修理に出す前に初期不良のあったiPhone SEでA9の製造元を調べており、そちらは「N69AP」。つまりTSMC製。

サムスン製A9のiPhone SEを丸一日使って早々に気がついたこと。

バッテリーの減りが早い。

初期不良のあったiPhone SEを2週間程使っていたので、バッテリーの減りの早さが気になり調べた所、サムスン製であったということです。

バッテリーは何度か充電と放電を繰り返すことで本来の性能を発揮するもの。

今後、少しは改善するとは思いますが、現時点ではバッテリー持ちは一割減といった所。今日初めてiPhone SEでバッテリーマークが赤くなったところを見ました。

それでもバッテリー持ちの良いiPhoneであることには変わりありません。

ちなみにベンチマークスコア的にはサムスン製が一歩リード。

A9プロセッサーの製造元を調べるなら「Lirum Device Info Lite」。

今回、2種類のアプリで製造元を探りましたが、「AnTuTu」では正確な情報が得られなかったので、A9プロセッサーの製造元を調べるなら「Lirum Device Info Lite」をおすすめします。

サムスンでもTSMCでも、手元にあるiPhoneを可愛がってやりましょう。個人的には最高の端末。

以下は「Lirum Device Info Lite」のモデル名一覧です。参考にどうぞ

項目TSMCサムスン
iPhone SEN69APN69uAP
iPhone 6sN71MAPN71AP
iPhone 6s PlusN66MAPN66AP

Lirum Device Info Lite - System Monitor

Lirum Device Info Lite – System Monitor
開発元:Rogerio Hirooka
無料
posted with アプリーチ

iPhone SEに関しての記事は以下でまとめています。宜しければどうぞ

ページトップへ