ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

透明で丸見え!2.5インチHDD/SSDストレージケース「2139C3-G2」レビュー!

▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB”以上”使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

透明。クリア。スケスケ。丸見え。

オリコテクノロジー株式会社がリリースする、男心とガジェッター心をくすぐる透明でクリアでスケスケで丸見えの2.5インチストレージケース「2139C3-G2」が、ビューンとガルマックス編集部にやってきたぞー!

単純にカッコいい!という完全に見た目から入った「2139C3-G2」ですが、いや、透明ってカッコいいだけじゃないんだ。スゲー扱いやすい。2.5インチのHDDやSSDが部屋に当たり前のようにに転がっている諸君。これは、なかなか良いものだ。余ったストレージをこれで外付けストレージ化してしまおう。

というわけで、しばらく使ってみたのでレビューをお届けしますよ!

▼ちなみに価格はたったの1,999円。価格は変動するのでリアルタイム価格は以下からチェックしてみてね!↓

付属品のレビュー

▼2139C3-G2はこんな箱に入って届いた。10Gbpsと書いているんだけど、USB3.1 Gen2 10Gbps通信プロトコルを採用しているという意味で理論値は最大6Gbpsみたい。そこんとこ宜しく。↓

2103C3 2103C3

▼付属品は以下の通り。超カッコいい透明ケースはあとで舐め回すように眺めるとして、付属品はケース以外に両端がUSB-Cのケーブル、片方がUSB-Aでもう片方がUSB-Cのケーブルが2本付属。そう、2139C3-G2はUSB-Cを搭載する僕の愛するMacBook Proちゃんにも直接ぶっ挿せるのだ。あとは中国語と英語の取扱説明書など。↓

2103C3

必要最低限ではあるんだけど必要十分。あとは何処のご家庭でも数個は転がっている2.5インチHDDやSSDがあればOK。

外観とデザインをレビュー

▼これが2139C3-G2のケース本体。ガジェット心をくすぐりまくるクリアケースはストレージを入れなくても眺めているだけで所有満足度が鰻登り。か、かっこいい。。。

2103C3

▼サイズはこんなもん。↓

2103C3

▼持っていることを自慢したいだけのiPhone 11とも並べてみた。↓

2103C3

基盤が「ブラック」なのもCoool。個人的にはブラック基盤が好きなので良いんだけど、カラバリで緑とか赤とかあれば良いね!メーカーさん、見てるでしょ!作って!

2103C3

▼接続端子はUSB-C!最大転送速度は6Gbpsに達します!↓

2103C3

2139C3-G2を実際に使ってみた使用レビュー

ストレージの取り付けが簡単。ちょっと中で動くからスペーサーかましたほうが良い

2139C3-G2へストレージを取り付けたんですが、めっちゃ簡単。

▼ケースをスライドして〜↓

2103C3

▼2.5インチストレージをぶっ挿して〜↓

2103C3

▼蓋閉めたら完成。スーパーイージー。

2103C3

ただ、使っていると気になったのがケース内側とストレージの間に隙間があることで、振るとカラカラと内部でストレージがご乱心している感じがヒシヒシと伝わってくるんですよ。コン!コン!って。

使っていて端子から抜けてしまうってことはないんですが、この隙間による振動が気になるならシリコン系のスペーサーかましたほうが良いっす。

ちゃんとインジケータも付いてるよ!

▼2139C3-G2をPCに接続するとピカッとブルーのLEDが点灯して視覚的に通電しているかちゃんと分かるようになっております。書き込み最中とかはブルーLED横のレッドLEDがピカッと光っていてカッコいい!↓

2103C3

▼特に暗い場所ではケース全体がウッスラとブルーに光り・・・これまたカッコいい!

2103C3

特に読み書き速度も問題なし

▼早速、SSDをMacBook Proでフォーマットしてスピードテスト!特に読み書きが遅くなるような挙動はなくて一安心。たまーに読み書き速度が本来のSSDから大幅に遅くなる製品もあるんですが、2139C3-G2なら一般的な使い方だと不満はないでしょう。↓

2103C3

中のストレージが確認できるのが凄く便利!

何個かストレージがあまっていて、それらを活用しようと同じドライブケースを購入すると・・・中に入れたストレージが分からん!!!じゃあ、デザインの異なるケースを買えばいいじゃんって言われるとそうじゃない。同じデザインのケースで揃えたいの!

そんな悩みを解決してくれるドライブケースが2139C3-G2なのです。

▼スッケスケだから中に入っているSSDの種類も一発で確認できるもんね!これ、実際に使ってみると凄く便利だった(笑)ホント、何個かストレージ余っているなら中身が見える利点が際立つ。

2103C3

常に読み書きを行い続ける使い方じゃなければ熱も特に問題なし。あと、静電気対策もバッチリ

2103C3

ご覧の通り、2139C3-G2はスッケスケのクリアケース。樹脂ケースってことで静電気が気になっている方もいらっしゃると思うんですが、そのあたりはメーカーが静電気対策を行っているので心配無用。

心配なのは発熱だよ発熱。

2139C3-G2はクリアケースなので金属ケースと比較した場合、放熱性が劣るのは一目瞭然。長時間ずーっと読み書きを行い続けるような使い方だと熱が心配になるはず。

僕は写真データを保存するためにちょこちょことデータを転送してるんですが、そんなライトな使い方なら発熱も今んところ一切気になってないです。

なので!常にメインストレージとして読み書きを行い続けるヘビーな使い方を想定しているなら発熱に注意な!

2139C3-G2まとめ|安い。カッコいい。注目度も抜群。そして案外便利

2103C3

透明ケースって使ってみたら案外便利だった。もちろん、見た目がカッコいいし、あまり見かけないケースで注目度も抜群なんだけれど、透明ケースって中身のストレージが確認できるので、何を保存しているか凄く分かりやすくて、使ってみた後はカッコいい!を上回り便利!って感じが際立った製品。

あと、直接HDDにテプラとかで「○○の保存データ」とか貼り付けておくのもオススメ。ケースの内部に重要な保存データ内容を貼り付けられて外部から目視出来るんで、ケースの擦れなんかで記載事項が分からなくなるってこともなし。案外、長期的にデータを保存するような使い方にも良いね。

あとね、ホットスワップ出来る。つまり、2139C3-G2をPCに挿している状態でデータのやり取りを行っていない状態なら、そのままパッコーンとストレージ外して付け替えOK。ケースもスライドで開くことが出来るので、頻繁にストレージを交換するような使い方もいける。

2.5インチストレージが余っているそこのアナタ!是非、2139C3-G2で再活用してあげて下さい!

ページトップへ