1100-150 Xiaomi 14

ポート位置が残念すぎる…。Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)のレビュー

Anker 511 Power Bank

Anker 511 Power Bankを購入したので実機を使って分かったメリット・デメリットをレビューでお届けします!

Anker 511 Power Bankってどんなモバイルバッテリー?

Anker 511 Power Bank

Anker 511 Power Bankは、容量5,000mAhのモバイルバッテリー。

最大の特徴は充電器が一体型になってること!直接コンセントに挿して充電できるし、スマホなどの充電器代わりにも使えちゃうってモデルです。

価格は4,990円と5,000mAh級のモバイルバッテリーとしては高めなんですが、使いやすそう!ってことでめちゃくちゃ売れてます。結構在庫切れも起こってるんで気になってる人はAmazonなどで在庫をまずは確認してみて下さい!

それでは開封して触っていきましょう!

▼付属品はこんな感じでした!↓

Anker 511 Power Bank

  • 本体
  • ユーザーマニュアル
  • 製品保証

Anker 511 Power Bankのスペック

スペック表を表示

Anker 511 Power Bankを使って気に入った・気になった点まとめ!

Anker 511 Power Bankを使って気に入った・気になった点をまとめてたので購入前の参考にしてみて下さい!

扱いやすいリップスティック型デザイン

Anker 511 Power Bankを購入する前は「そこそこ大きいのかな?」と思ってたんですが、実機は想像してたよりもコンパクト。

リップスティック型なのでズボンのポケットにも入るし、カバンの小さめのポケットにもスポッと入っちゃいます。Ankerロゴ部分は光沢ある素材なんで傷だらけになりそうだけど。

▼サイズなんてこんなもん。ストラップ付いてるからカバンからも取り出しやすい。↓

Anker 511 Power Bank

重量は170gなのでiPhone 13と同じくらい。スマホで170g前後は軽量な部類ですからね〜。持ち歩いても重さはさほど気になりません。

日常使いに丁度いい容量

Anker 511 Power Bank

追記&修正:すみません、モバイルバッテリーから充電できる容量について、モバイルバッテリーに搭載されてるバッテリー容量の全てを使えないことをすっかり忘れてました。

モバイルバッテリー自体のバッテリー容量が5,000mAhだと使える範囲は3,000強mAhとされてます。ほとんどのスマホを1回フルチャージできる容量と書いてたのは正しい表現ではありませんでした。すみません…。

僕は基本的にスマホのバッテリーだけで1日持つことが多くて、モバイルバッテリーはイザってときのお守り代わりに持ち歩いているくらいだから、5,000mAhの搭載量でも日常使いでは十分です。スマホを沢山使う旅行時でも5,000mAhあれば十分かなって印象です。

充電器一体型は主流になりそう

これまでのモバイルバッテリーって、モバイルバッテリー自体を充電するために充電器と充電ケーブルが必要だったけど、Anker 511 Power Bankは充電器が一体になってるんで直接コンセントに挿してモバイルバッテリー自体の充電ができます。

▼充電する時はプラグ起こしてコンセントに挿すだけ。↓

Anker 511 Power Bank

あと、Anker 511 Power Bankはモバイルバッテリー自体を充電するだけではなく、スマホなどの充電器としても使えちゃうんです。ちなみに充電の順番はスマホ→モバイルバッテリーって流れ。

ポートの位置は大失敗だと思う

めちゃくちゃ気に入ってるモバイルバッテリーなんですが、ポートの位置だけは改善してほしいポイントでした。

コンセントの差込口の並びにもよるんですけど、縦並びコンセントだと隣のコンセントの差し込み口を塞いでしまうんです。これはもう見てもらったほうが早い。

▼スマホを充電しようとポートにケーブル挿したら隣のコンセント使えない…。↓

Anker 511 Power Bank

Anker 511 Power Bank

▼他のプラグを挿していると、今度はポートにケーブルが挿せない…。↓

Anker 511 Power Bank

例えば旅先でこうなってくると、結局コンセントから外してモバイルバッテリーから充電するしかありませんし、充電器として使えるという魅力を潰してしまうポート位置だと思うんです。

ポートがストラップ側にあればまだ良かったんですけどね〜。なので、これから買おうか検討されている人は知っといて欲しいポイントです。

Anker 511 Power Bankはこんなモバイルバッテリーでした!

  • 5,000mAhクラスではちょっと高い
  • 思ってたよりもコンパクト
  • 重量もそんなに重くない
  • 普段使いで十分な容量
  • 充電器一体型はスマホの充電器にもなる
  • コンセント口を塞ぐポート位置は✕

Anker 511 Power Bankは扱いやすさを重視している感じのモバイルバッテリーで、多くの部分はめちゃ気に入ってるんですが、だからこそポートの位置だけは「なんでそこやねん」と思ってしまったのが正直なところ。

充電器一体型だからスマホの充電器としても使えるけれど、旅行や出張時だと使えるコンセント数も限られてくるので、隣のコンセント差し込み口を塞いでしまうポート位置は要改善ポイントかと思います。Ankerさん次のモデルではこのあたり宜しくです。

というわけで、気になっていた人はポート位置が問題ないか確認してからの購入をオススメします。

Anker 511 Power Bankの割引情報・購入先まとめ

■Anker 511 Power Bank■
初出時価格→4,990円
過去最安値→4,990円
▼[Amazon]↓

▼[Anker公式ストア]↓

ページトップへ