ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

AQUOS R2が凄い!スペック・特徴をチェック!

■読者プレゼント!■

GEARBEST×ガルマックスのコラボプレゼント企画を開催中!Snapdragon 660を搭載する高性能スマホ[Elephone U Pro]を1名様にプレゼント!応募最終日は9/22です!

詳細はこちら!

AQUOS R2

鴻海傘下となったSHARPの最新スマートフォン「AQUOS R2」が凄い!最新鋭のSoC、世界初となる動画専用カメラの搭載など魅力がギッシリ詰まっている端末となっています!

価格情報はまだ公開されていないので情報が入り次第追記しますね!

AQUOS R2は最新鋭のSnapdragon 845を搭載!

AQUOS R2はSnapdragon 845を搭載

AQUOS R2は性能が凄い。

処理性能の要となるSoC(CPUのようなもの)にQualcomm社の最新鋭&最上級グレードのSnapdragon 845を採用。もはやオーバースペックと言わざるを得ない程の性能を誇り、リッチな3Dのゲーム、高解像度の動画視聴、操作レスポンスなど、あらゆるシーンで軽快な動作を実現しています。

僕もSnapdragon 845を搭載した端末を所有していますが、滑らかさ・レスポンスの速さは別次元です。ヌルヌルのサックサク。

AQUOS R2は写真用と動画用の専用カメラを世界初登載。AIが動画撮影中に自動で写真を撮影してくれる

AQUOS R2は世界初の動画専用と写真専用のカメラを搭載!

AQUOS R2は世界初となる写真用と動画用の2つのカメラを搭載しました。写真は写真を撮影するための最高のカメラを、動画は動画を撮影するための最高のカメラを利用できるので、写真も動画も最適化された映像美で楽しむ事ができるようになっています。

超ワイドアングルで撮影出来る130°の動画専用ドラマティックワイドカメラ

気になる動画専用のカメラは「ドラマティックワイドカメラ」というい名前で、その名の通りワイドアングルで撮影出来るようにチューニングされています。最大解像度は4K2K、最大135°の超ワイドアングルで撮影出来るので大迫力の動画を撮影出来るようになっています。

▼AQUOS R2と従来モデルでの動画撮影比較動画です。非常に広い範囲を捉えることが出来ています。↓

AQUOS R2は”手ブレ補正”にも力をいれており、激しい揺れや手ブレを強力に補正してくれます。スマートフォンでの動画撮影もここまで来たのか、というほどに美しいブレのない映像が撮影可能となっています。

▼手ぶれ補正オンとオフの映像。手ぶれ補正オン時のブレ軽減が非常に強力であることが伺えます。↓

1つ注意したいポイントなのですが、130°の超ワイドアングルでの動画撮影時は手ぶれ補正が有効に出来ません。ワイドアングルで撮影する時は定点撮影が向いています。

動画撮影時はAIが写真を自動撮影してくれる

AQUOS R2は動画撮影中に自動で写真を撮影してくれるAIライブシャッターが利用可能です。

AQUOS R2はAIを利用して動画撮影時に写真を自動で撮影してくれる「AIライブシャッター」機能を搭載。動画撮影に集中している最中でもAIが最高のシャッターチャンスを逃しません。

▼動画専用カメラで動画を撮影中にAIが写真専用カメラで自動撮影。↓

ここでも動画専用と写真専用カメラを搭載しているからこその利点が際立ちます。

従来は写真も動画も同一のカメラで撮影していたので、動画撮影中に写真を撮影すると動画で設定した画質や比率で写真が保存されたり、撮影した動画を撮影すると写真撮影した瞬間に若干カクつきが起こったりなど”1つのカメラで動画も写真も撮影するからこそのデメリット”がありました。

AQUOS R2の場合、動画撮影は動画カメラ、写真は写真カメラで撮影出来るので、動画は動画撮影する為の設定で大迫力な映像を撮影しながらも、動画撮影中の写真撮影は写真専用カメラで写真を撮影するための設定を用いて撮影することで従来の欠点を解消しています。

写真専用カメラは2260万画素で高画質写真が撮影出来る

AQUOS R2に搭載される写真専用のカメラは2260万画素の高画素センサーを搭載。

繊細に被写体を捉えることの出来る高画質センサーを採用したカメラを搭載しています。

▼画質エンジンも最新の「ProPix」を採用。ノイズ軽減が長けておりスマホカメラが苦手とする夜景撮影も美しく撮影出来る事が自慢です。

AQUOS R2は夜景にも強い写真専用カメラを備えています

写真撮影は「AIオート」により、シーンをAIが自動セレクト。写真を撮影する貴方はカメラを被写体に向けてシャッターを切るだけで美しい写真が撮影できるようにAIがアシスタントしてくれます。

インカメラは高画質&広角カメラでグループ撮影が得意

AQUOS R2のインカメラはメインカメラ並の1630万画素カメラを搭載しています。

最近は自撮り需要も増えたのでインカメラの性能向上が著しいのですが、AQUOS R2は差別化を図る為にインカメラに広角レンズ(モノを小さく捉えて広範囲を捉える事の出来るレンズ)を採用しました。

▼従来のインカメラでは窮屈になりがちだった複数人での自撮り撮影もAQUOS R2ならこの通り。広い範囲を捉える事が出来るので窮屈になること無く広々としたグループ自撮り写真が撮影可能となっています。

AQUOS R2は広範囲を捉える事の出来るインカメラを搭載しています。

AQUOS R2は最新のIGZOディスプレイを搭載

AQUOS R2は最新のIGZOディスプレイを搭載しています。

AQUOS R2ないしAQUOSシリーズはディスプレイが非常に美しいことが特徴の1つです。

液晶テレビのAQUOSで培った技術を惜しみなく投入するだけでなく、スマートフォンに求められる操作時の滑らかさや省電力性にも拘ったIGZOディスプレイを搭載しています。

▼リッチカラーテクノロジーモバイルやバーチャルHDRなどAQUOSの技術をふんだんに取り入れた表現力豊かな表示で写真・動画などを最上級の美しさで楽しむ事が出来ます。↓

AQUOS R2はAQUOSの技術をふんだんにとりいれた最新のIGZOディスプレイです。

最新のAQUOS R2ではディスプレイ形状のトレンドとなる縦長ディスプレイを採用。

従来の16:9から19:9の比率をとりいれたディスプレイを採用しています。ディスプレイは表示領域を最大限に活用出来る様にノッチ(切り欠け)のあるディスプレイを採用しました。ノッチは非常に小さくインカメラ部分のみに施されており技術力の高さに驚かされます。

▼6型は非常に大きなイメージを持たれるかもしれませんが、縦長ディスプレイは「縦に長く・横幅スリム」な形状なので、大画面でありながら従来の5.5型並の横幅で大画面化に伴う持ちにさもクリアしているのです。↓

AQUOS R2は6型ですが19:9のディスプレイで持ちやすいです。

AQUOS R2に搭載されるIGZOディスプレイは操作時の滑らかさと残像を低減するハイスピードIGZOを搭載しています。従来モデルよりも応答速度が25%も向上しているので指に吸い付くような滑らかな操作性を実現しました。

▼100Hz駆動のディスプレイ+応答速度25%アップで驚くほど滑らかに動き、動画も残像の少ない映像を楽しめます。↓

AQUOS R2は100Hz駆動ディスプレイと吸い付くような反応速度で滑らかな動作を実現しています。

AQUOS R2は利用シーンも選びません。屈強な防水防塵性能を有しているのでお風呂やキッチンでも利用できるのですが、手が濡れている状態でもスムーズに操作が可能となっています。

▼濡れた手では誤作動が起こりやすいのですが、IGZOディスプレイならスムーズな操作が可能です。↓

AQUOS R2は濡れた手でもスムーズに操作が可能です。

AQUOS R2はディスプレイの解像度にも注目です。 3,040×1,440の超高解像度ディスプレイは6型の大きなディスプレイを搭載しながらも画素密度は560.635ppiで超高密度です。

画素密度は数値が高くなればなるほど密度が高くなるのですが、人間の網膜で識別できる数値は約300ppiと言われています。300ppiを大きく超えるAQUOS R2のディスプレイはディスプレイの粗さが全く分からないレベルで、息を呑むほどの美しい映像美を堪能出来るようになっています。

AQUOS R2は世界初のドルビービジョン&アトモスに両対応

AQUOS R2は最高の音響を提供するドルビーアトモス(イヤホンからの出力のみ対応)と、最高の映像体験を提供するドルビービジョンに対応。ドルビーの映像と音響から繰り広げられる臨場感と迫力満点の映像でコンテンツを楽しめるようになっています。

▼世界初。ドルビービジョンとドルビーアトモスに両対応したAQUOS R2。↓

AQUOS R2は世界初のドルビービジョンとドルビーアトモスに対応しています。

AQUOS R2の発売は2018年の夏頃!

AQUOS R2はキャリアの夏モデルとして登場予定です。価格情報はまだ公開されていませんが2018年5月16日にドコモが新製品の発表会を行うので価格情報が公開されるかも知れません。価格情報が判明次第追記します!

SHARPは鴻海傘下となったので新生SHARPのスマートフォンの出来栄えが気になっていたのですが、ハイエンド端末路線で安心しました。これから様々な詳細がリリースされるはずなので楽しみですね。

製品ページは以下からご確認下さい!

▼スペックは以下の通り↓

サイズと質量 約156×74×9mm 約181g
OS Android 8.0
CPU Qualcomm® Snapdragon845(SDM845)2.6GHz(クアッドコア)+ 1.7GHz(クアッドコア)オクタコア
内蔵メモリ ROM 64GB(UFS Type)/ RAM 4GB(LPDDR4X)
外部メモリ*1 microSDXC 最大400GB対応
バッテリー容量 3,130mAh
ディスプレイ (画面が完全な長方形として算出したサイズと解像度)
約6.0インチハイスピードIGZO1,440 × 3,040ドット WQHD+
アウトカメラ
標準カメラ
有効画素数 約2260万画素 CMOS 裏面照射積層型
アウトカメラ
ドラマティックワイドカメラ
(動画専用カメラ)
有効画素数 約1630万画素 CMOS 裏面照射積層型
(最大撮影サイズは4K2K(3,840×2,160)になります。)
インカメラ 有効画素数 約1630万画素 CMOS 裏面照射積層型
防水 / 防塵 IPX5/IPX8*2 / IP6X*3
エモパー Ver 8.0
ページトップへ