1100-150 Xiaomi 14

AYANEO AIR 1Sがクラファンに登場!Ryzen7 7840U、5.5型の有機EL、重さ405g~でめちゃ軽!

AYANEOの新型モバイルゲーミングPC「AYANEO AIR 1S」がクラファンサイトIndiegogoに登場!5.5インチととってもコンパクト。それでいてRyzen7 7840U搭載+有機ELディスプレイ搭載!性能とコンパクトを両立してて良さげじゃん!

AYANEO AIR 1Sの特徴

AYANEO AIR 1Sの特徴は以下の通り!

AYANEO AIR 1Sのハイライト

  • Ryzen7 7840Uを搭載、この手のPCには十二分にいいスペック
  • カラーは4色でレトロカラーのみ薄型限定モデル
  • 本体厚みは最薄部21.6mm、重さも450gで軽量
  • レトロカラーは最薄部18mm、重さは405g
  • 5.5インチ、1080P解像度の有機ELディスプレイ
  • USB-C×2、イヤホンジャック、SSD換装など拡張性もあり
  • バッテリー容量は10,050mAh(レトロ版は7,350mAh)

▼まず肝心な性能ですが、AYANEO AIR 1SはAMD Ryzen7 7840Uを搭載!良いチョイスじゃん!↓

というのも、こいつは処理性能の指標を示すフロップ数で言えば8.6TFlopsと結構な高さなんですよ。

参考までにPS4 Proは4.2TFlopsなので、その倍以上の処理性能とも言えます。その次世代機PS5は10.3TFlopsなので劣るものの‥後述するサイズを考えればかなりのスペックではないでしょうか。

メモリ(RAM)は16GBと32GBの2つのラインナップ。容量は512GB、1TB、2TB、4TBの構成でムチャ大容量!

▼AYANEO AIR 1Sのカラーはブラックとホワイトとベージュ+レトロで計4つのバリエーションとなります。こちらはブラック、ホワイト。↓

▼ベージュの色合い結構カワイイ感じ!男性ってか女性向けな印象です。ボタンのイロモワインレッドっぽくなってていいアクセントだね。↓

サイズは224mm×89.5mm×21.6mmで重さは450gとこの手のポータブルPCとしてはとっても小さくて軽いですね(`・ω・´)。

▼また、薄型・軽量に特化した限定モデルであるレトロカラーも用意されていました。ベースはホワイトで一部ブラック、アクセントカラーがレッドとなっていますね!↓

▼薄型レトロモデルは厚みがさらに抑えられており最薄部18mm、重さは405gと脅威のシェイプアップっぷりを遂げています。↓

ノーマルSwitchよりは軽いですが流石にSwitch Liteの275gよりは重い。ですが性能を考えればしゃーないかも。

▼本体サイズもスマホよりちょっとでかいかな?ってぐらい小さい印象を受けます。ポケットやハンドバッグにも入るのをアピール。↓

▼あとディスプレイは解像度が1,920×1,080。さらに液晶ではなく有機ELを採用しているのがポイント!液晶よりも黒色が引き締まって表示されて色合いも鮮やかなので視認性という面においてはかなり期待できますね(`・ω・´)。↓

ただリフレッシュレートの記載はありませんでした。なので標準的な60Hzと思われます。

昨今ではONEXFLYとかROG ALLYみたく、他社のモバイルゲーミングPCには120Hzリフレッシュレート表示が可能なものも出てきたし、その点ではネックに感じるかもしれない。

ただこの手のモデルを実際触った筆者からしたら、ゲームで60Hz張り付いてくれればよくて120Hzまでは求めてないって基準なもんで‥そう考えると60Hzであっても十分良いかなーとは思う。あくまで筆者目線ではの話。

▼拡張性もバッチリ。Type-C端子を2つ、イヤホンジャックも搭載でMicroSDスロットもあり、そしてSSDもM.2 228のものを増設・換装できるようになっています!↓

▼バッテリー容量は通常版が10,050mAhで薄型モデルは7,350mAhとなっています。最大60Wの急速充電にも対応。容量はなまじ小型なだけに控えめで電池持ちもあんまり良くは無さそうに見えるが‥どうなんでしょうかね。↓

AYANEO AIR 1Sは執筆時点でIndiegogoにてクラファンの出資者を募集。支援価格は以下の通りとなります。

▼ブラック・ホワイトの価格↓

  • メモリ16GB+容量512GB:899ドル(約12.6万円)
  • メモリ32GB+容量1TB:1,099ドル(約15.4万円)
  • メモリ32GB+容量2TB:1,129ドル(約15.8万円)

▼ベージュの価格↓

  • メモリ32GB+容量2TB:1,179ドル(約16.6万円)
  • メモリ32GB+容量4TB:1,259ドル(約17.7万円)

▼レトロ薄型モデルの価格↓

  • メモリ32GB+容量2TB:1,129ドル(約15.9万円)

Early Bird Priceつまり早期支援の場合はこれよりも安くなります。ブラック・ホワイトの最安値であれば799ドル(約11.2万円)からで手に入るんで気になる方は狙っておきましょう(`・ω・´)。

CPU AMD Ryzen 7 7840U
メモリ 16GB/32GB
LPDDR5X
容量 512GB/1TB/2TB/4TB
M.2 2280 PCle SSD
ディスプレイ 5.5型/有機EL/1,920×1,080
ポート USB4 Type-C ×2
3.5mm Headphone jack ×1
TFカードスロット
Wi-Fi 6E
Bluetooth 5.2
サイズ 224 × 89.5 × 21.6mm(Standard)
224 × 89.5 × 18mm(Ultra light)
重量 450g(Standard)
405g(Ultra light)
バッテリー 10,050mAh(Standard)
7,350mAh(Ultra light)
OS Windows 11 Home
備考
ページトップへ