1100-150 Xiaomi 14

Blackview W50のスペックまとめ!ミリタリチックなタフネスデザインのスマートウォッチ

Blackview製のタフネスデザインスマートウォッチ「Blackview W50」が登場。特徴やスペックをまとめたのでチェックしてみてください。

Blackview W50の特徴をチェック!

▼デザイン自体はかなりイカつい形状!ベゼル部分から側面までガッチガチにかためているような見た目。カラーも豊富でブラックとベージュとグリーンの3つが用意されております。ミリタリチックだぜ!↓

▼IP68とか5ATMといった規格は見当たりませんが防水設計になっており、10メートルまでの水没まで耐えられるようになっています。↓

▼ディスプレイは1.39インチ、解像度は360×360で精細さもありそう!ただ有機EL記載はありません。格安モデルだと液晶ディスプレイを搭載することも往々にしてあったんで、Blackview W50も液晶の可能性は高そう。↓

▼健康管理や運動測定の機能もバッチリ持ち合わせており、血中酸素濃度の測定や睡眠モニタリングも対応。この点もしっかりしてる印象です。↓

▼またスマホの音楽コントロールや通知表示、さらにBluetoothを介した通話も対応と安価ながら結構機能性も揃っとります。筆者的にはここが結構気になる。作り込みがどれほどなのか試してみたいもんです(`・ω・´)。↓

▼電池持ちは通常使用で5日とのこと。スタンバイ状態では30日持つそうです。ヘビーに使ってどれほど持つのかな。↓

他のスマートウォッチでは基本的に通常使用で7日、ヘビーユースで4~5日って公称値だったのでそれと比較するとやや電池持ちが短めに思えます。あと充電速度はどれほどあるんだろう。そこも含めて結構気になる。

▼あと言語もちゃっかり日本語に対応していたり。海外メーカー品だと日本語非対応のものもあったんですが、Blackviewって結構日本市場意識しているのかな。↓

Blackview W50の価格・発売日

Blackview W50の発売日は1月。執筆時点での価格は34.65ドル(約5,000円)となっています。

Blackview製のスマートウォッチは筆者は触ったことがなくどういう使い心地なのか結構気になるところではある‥見た目は結構カッコいいんで、前にレビューしたFOSMET H5見たく見た目重視で買うならアリかもしれんです(`・ω・´)。

■Blackview W50■

初出時価格→34.65ドル

▼[AliExpressリーベイツ対応!忘れずに)]↓

ページトップへ