ワイモバイル バナー ヘッダー

BIGLOBE、料金の一部が社会貢献団体に寄付されるモバイルサービス「donedone」を発表

donedone

ビッグローブ株式会社が新しいモバイルサービス「donedone(ドネドネ)」を発表。利用料金の一部が社会貢献団体に寄付されるドネーション型のサービスなんですって。

【2021/7/8追記】7月1日からサービスがスタートしたんですが、0円で試すことができる「エントリープラン」が申し込み殺到でSIMカードの配送に時間を要しているそうです。で、エントリープランは新規受付を一時停止とのこと。ベーシックUプランとカスタムUプランは引き続き受付を継続してます。

donedone(ドネドネ)は支援先を選択できる

ドネーション型のサービスってことで、どんな仕組みなんだろう?と調べていたら、ユーザは支援先を複数の支援領域から選択できるんだって!支援先は以下の通り!

  • 教育支援
  • 環境保全
  • 海洋保全
  • 医療支援
  • 緊急支援(災害発生時)
  • 健康支援

この中で1つだけの支援先を選べるのか、または複数の支援先を選択できるのか分からんのですが、この中だったら個人的に教育支援にするかなー。

人それぞれ支援先への考え方が異なるとは思いますが、そういった支援について少なからず考えさせられたので、個人的には良いサイクルのサービスだなーって思いますな。

緊急支援のみ災害発生時のみ支援できるそうですよ。日本は天災が多く明日は我が身。助け合いの意味も込めて災害時に素早く支援できる仕組みは良いですね。

▼BIGLOBEが分かりやすい動画をアップしているのでチェックしてみて下さい!↓

3つのプランから選べるが通信速度制限など内容が特殊

▼donedoneは3つのプランから選択可能みたいっす。↓

プラン内容はかなり特殊ですねー。

まずエントリープランなんですが、通信速度128Kbpsで月額料金0円。何に使うんだコレ?とか思ってたら、どうやらお試しクーポン利用時は音声プランと同じ通信速度で利用できるので速度チェック用として展開しているみたい。

ベーシックUプランは音声プランで月額2,728円。50GBのデータ容量付きなんですが通通信速度は上限3Mbpsなんすよね。まぁ、3Mbpsでたら結構いろんな事が快適にできそう。ビッグローブ曰く、YouTubeは720Pで見れるみたい。

カスタムUプランは月額料金やデータ容量はベーシックUプランと変わらないんですが、対象アプリは速度制限なし、その他は上限1Mbpsって特徴になってます。YouTubeやInstagramなど3つまでのサービスを選択可能で、任意のタイミングで対象となるサービスを変更可能みたいですよ。

その他、回線はau回線を利用、ベーシックUとカスタムUプランはビッグローブ光と同時利用で月額200円の割引が受けられます。(ビッグローブ光の料金から割引、要エントリー)

手数料は申込時に事務手数料が3,300円必要です。最低利用期間や契約解除料はありません。eSIMや5Gは今後対応予定とのことっす。

donedoneの提供開始は7月1日

donedoneのサービス開始は2021年7月1日!サービス開始を記念したキャンペーンも行うようです!

▼ベーシックUとカスタムUプラン申込時に適用できるキャンペーン↓

  • ベーシックU:クーポン「PBS019」適用で事務手数料無料/終了日未定
  • カスタムU:クーポン「PCS019」適用で事務手数料無料/終了日未定

▼エントリープラン申込時に適用できるキャンペーン↓

  • ベーシックUプランお試し特典:「PEB019」適用で14日間容量3GBまでベーシックUプランを試せる(上限3Mbps)
  • カスタムUプランお試し特典:「PEC019」適用で14日間容量3GBまでカスタムUプランを試せる(上限1Mbps、対象アプリは通信制限なし)

支援には興味があるけどどうしたら良いのか分からない、なにか世のため人のためにお手伝いをしたい。そんな方はdonedoneをチェックしてみて下さい!

ページトップへ