ELEPHONE E10のスペック・対応バンドまとめ!1.2万円で手に入るならサブ機に良いかも

 

▼過去最安クラス。スマホを新しくしたいなら↓

【おすすめ】BIGLOBEモバイルでiPhone SEやRedmi Note 9Sが激安に

ELEPHONE E10

ELEPHONEからエントリークラスのスマートフォン、ELEPHONE E10が登場!エントリーながらもクアッドカメラを搭載し、価格も2万円以下とお安く仕上げてきた意欲的なスマートフォンになります!セールだと1.2万円での販売を確認できているので、このくらいの値段で手に入るならアリ。

ELEPHONE E10 の詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度
信頼度 参照先:公式サイト
信頼度:高
製品情報
端末名 ELEPHONE E10
発売年 2020年4月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー Elephone
備考 日本語対応
Googleサービス対応
対応バンド・周波数・ネットワーク
3G 1 / 5 / 8
4G LTE 1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 20 / 28ab / 38 / 40 / 41
Wi-Fi 対応
Bluetooth 対応
SIMサイズ・スロット Nano SIM×2+MicroSD
ネットワーク関連備考 2回線同時待ち受け対応
本体仕様
ディスプレイ 6.5インチ/液晶/画面占有率90.3%
解像度 1560×720/HD+/画面比率19.5:9
画素密度 264ppi/画面の粗さが気になるかも
サイズ 非公表
重さ 非公表
本体色 ブラック系/グリーン系/ブルー(グラデーション)系
システム仕様
OS Android 10
CPU(SoC) Helio A25
AnTuTuベンチマーク

AnTuTu v8(参考値):総合スコア約93,000点、GPUスコア約7,000点

メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ4GB+容量64GB
ストレージカード MicroSD対応/最大256GB/独立スロットあり
カメラ
メインカメラ クアッドカメラ
①48MP(メイン)
②13MP(非公表)
③5MP(非公表)
④2MP(非公表)
特性:ナイトモード、広角撮影、ポートレート撮影、マクロ撮影
AI:非公表
手ぶれ補正:非公表
センサーサイズ:メイン:1/1.2
PXサイズ:非公表
前面カメラ 水滴型カメラ
13MP(メイン)
AI:対応
手ぶれ補正:非公表
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
機能仕様・センサー
GPS 非公表
センサー 指紋認証(側面)、近接センサ、ジャイロ、照度センサ
防水/防塵 非対応
イヤホンジャック 非公表
NFC NFC(FeliCa非対応/おサイフケータイ非対応)
バッテリー
バッテリー容量 4,000mAh
充電 有線充電:急速充電対応
ワイヤレス充電:対応
ポート USB Type-C
その他
公式サイト

ELEPHONE E10

スペック表に関する免責事項

ELEPHONE E10 の発売時期と価格

ELEPHONE E10 の発売時期は2020年4月頃で価格は以下の通り!購入先やセール情報は記事の最後に記載しています!

  • メモリ4GB/容量64GB:169.99ドル(約18,500円)

ちなみにBanggoodでのセール価格は記事公開時点で約1.2万円。一旦ここまで安くなっていることが分かっているので、購入検討時の目安価格ですね。1.8万円なら正直要らないかな。

ELEPHONE E10 の性能をチェック!

ELEPHONE E10 は発売時点で性能が一番下っ端ランクとなるモデルです!非常に価格が安価であることから連絡用やサブ端末として人気の高い性能帯です!機能や性能よりもコスト重視となるので、カメラなどもオマケ程度が多いです!

  • 普段使い:動作の鈍さを感じる事がある
  • ゲーム:処理性能不足でゲームが起動できない場合もある

ELEPHONE E10 (Helio A25)のAnTuTuスコア

AnTuTu 最新

まだELEPHONE E10 実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「Helio A25」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。

  • Helio A25(参考):総合スコアが93,000点、ゲーム性能(GPU)が7,000点
▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の参考スコアです。現時点で本端末の性能がどのランクに相当するか確認が出来ます!↓
性能区分AnTuTu Ver.8 スコア
ハイエンド
(動作に不満なし)
総合スコア:約40万点以上
GPUスコア:約17万点以上
ミドルレンジ上位
(重いゲームもなんとか)
総合スコア:約30万点〜40万点
GPUスコア:約13万点〜17万点
ミドルレンジ中位
(軽いゲームくらいなら)
総合スコア:約20万点〜30万点
GPUスコア:約6万点〜13万点
ミドルレンジ
(必要最低限)
総合スコア:約10万点〜20万点
GPUスコア:約2万点〜6万点
エントリー
(サブスマホ向き)
総合スコア:約10万点まで
GPUスコア:約2万点まで
▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ!↓
実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ[2020/05/05更新]

ELEPHONE E10 の対応バンドをチェック!

ELEPHONE E10 は海外スマートフォンなので技適に関してはご留意下さい。

ELEPHONE E10 のドコモ回線対応状況

ELEPHONE E10 のLTEですが、全国区をカバーするバンド1や東名阪の高速通信バンド3には対応していますが、残念ながら地下や郊外での繋がりやすさを左右するプラチナバンドの19に非対応です。。。また、3Gも山岳地帯や農村地区をカバーするFOMAプラスエリアのバンド6には対応していません。。。

ELEPHONE E10 はドコモ回線で利用する複数のバンドに対応していますが、ドコモが販売する端末よりエリアが狭くなったり圏外率が高くなる可能性があります!

ELEPHONE E10 のソフトバンク回線、ワイモバイル回線の対応状況

ソフトバンクとワイモバイルは同じ回線を利用しているので合わせて紹介。

ELEPHONE E10 のLTEは主力のバンド1、補助バンドの3、プラチナバンドの8に対応。また、通信方式の異なるTDD-LTEのバンド41にも対応。3Gも通信に必要なバンド1および8に対応しています!

ELEPHONE E10 はソフトバンクやワイモバイルで販売している端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で通信できる対応バンド構成となっています!

ワイモバイル回線やソフトバンク回線を利用する格安SIMを利用している方は気にしなくて良いのですが、ソフトバンク純正のAndroid SIMを利用している方は注意が必要です。

ソフトバンクでAndroid端末を購入した時に付属するSIMはAndroid用SIMで、SIMと端末が紐づけされています。このため、異なるAndroid端末での利用は通信できない制限が発生する場合があります。Android SIMを利用している方はソフトバンクショップで機種変更手続きが必要ですが、その際に技適の確認が有るみたいです。

海外でELEPHONE E10 をソフトバンクのローミングサービスで利用したいと考えている方は、購入前にソフトバンクショップで相談してみましょう!

▼ガルマックスがオススメするソフトバンク&ワイモバイル回線の格安SIMはこれ!↓

ELEPHONE E10 のau回線対応状況

ELEPHONE E10 は通話もデータもLTEを利用するau VoLTE SIMで必須となるバンドに対応していないので非対応です。

ELEPHONE E10の特徴ピックアップ!

カラーリングは定番のグラデーションがベース

▼ELEPHONE E10のデザインは定番のグラデーションカラーを採用。イメージ画像からなんですが、2万円以下という低価格でもチープさを感じさせないデザインになっています。定番のブラックやグリーンはもちろん、ブルーのグラデーションカラーがあったりとカラーリングは豊富。↓

ELEPHONE E10

カメラ部分はiPhone 11のように左上の四角形内にまとまっているスタイルです。デザイン面では好みが分かれるところではありますが、個人的にまとまりを感じるデザインだと感じています。

▼ブラックは定番ながらも落ち着いた色合い。光沢のあるピアノブラックのような感じですね!↓ELEPHONE E10

▼グリーンはHUAWEI nova 5Tのクラッシュグリーンのように、みずみずしさを感じるグリーンに仕上がっています。↓ELEPHONE E10

▼ブルーをベースとしたグラデーションカラーは、定番になった感はあるもののかなり綺麗。↓

ELEPHONE E10ELEPHONE E10

指紋認証はサイドに配置!

▼ELEPHONE E10は指紋認証センサーも搭載!明言はされていませんが、電源ボタンとの併用と思われます。↓ELEPHONE E10

スマホを持ち上げて握った際にすぐ認証ができますので、ロック解除の際もスムーズに一連の流れが行えますので、地味に快適なんですよね!

6.5インチディスプレイ搭載!ノッチは水滴型を採用!

▼ELEPHONE E10は6.5インチのLCDディスプレイを搭載。ノッチは今やベーシックとなった水滴型を採用しています。↓ELEPHONE E10

▼水滴ノッチ型なので、パンチホール方式と比べると大画面感は薄れるものの、四方のベゼルを薄くすることで水滴型でも圧倒的な90.3%もの画面専有率を実現しています!↓ELEPHONE E10

ただし、解像度は1,560×720と(HD+)相当とエントリークラスらしい差別化が図られています。FHD相当のディスプレイと比べると精細さには欠きますが、バッテリーの持続時間の面ではHD相当の方が有利。

48MP搭載クアッドカメラを搭載!

▼ELEPHONE E10はエントリークラスでありながらクアッドカメラを搭載。構成は48MPのメインを筆頭に超広角カメラ、深度測定カメラ、マクロカメラのクアッドカメラ構成となっています。↓

ELEPHONE E10

▼メインカメラは48MPの高解像度カメラ。サンプル写真では分かりにくいですが、細かいディティールも描けるようです。↓

ELEPHONE E10

▼超広角カメラは120度に対応。作例のような迫力のあるワイドアングルの写真が撮影可能です。↓

ELEPHONE E10

▼深度測定用カメラのおかげで背景ボケもしっかりと撮れるとのこと。低価格帯のエントリースマホでは割とおざなりになりそうな部分ではあるので、実際の作例が気になるところですね。↓

ELEPHONE E10

▼マクロカメラは4cm対応。接写撮影もカバーしているので、被写体にかなり近づいても大丈夫!↓

ELEPHONE E10

▼ナイトモードも搭載しているとのことで、周りの光量を調整したメリハリの効いた夜景撮影なんかもできちゃいます!↓

ELEPHONE E10

かなりカタログスペック上ではマシマシなカメラですが、ELEPHONE E10は1万円台のエントリークラスのスマホ。実際に見てみないと分からないところですが、期待しすぎは禁物。ですが、2万円以下という価格を考えるとどれほど健闘できるのかを密かに期待してます!

4,000mAhのバッテリーを搭載!ワイヤレス充電にも対応!

▼ELEPHONE E10は4,000mAhのバッテリーを搭載。エントリーでも近年のトレンドをおさえているのは嬉しいポイントです。↓ELEPHONE E10

また、詳しいスペックに関しては記載がないものの、急速充電やワイヤレス充電にも対応。置くだけで充電ができる便利なワイヤレス充電をエントリースマホでも体感できるのは嬉しいポイントです!

NFCに対応。支払いもスピーディー

▼ELEPHONE E10はNFCも搭載。ファイルの転送や支払いなんかもポンと置くだけで可能!なんだかんだいっても置くだけで済んじゃうってのは一回体感しちゃうとラクチンなんでやみつきになるはず!但し、日本ではNFCではなくFeliCaが一般的なのでこの点は注意ポイントです。↓

ELEPHONE E10

ELEPHONE E10まとめ!2万円以下のスマホではかなり機能マシマシな機種!

ELEPHONE E10は2万円以下の価格でありながら、90%以上もの画面専有率を誇るディスプレイ、ワイヤレス充電、さらにはクアッドカメラとワンランク上のスマホに搭載されている機能がてんこ盛りになっているスマホです。

セール時だとさらに価格も下がることが期待できますし、割り切って使う予定の方や、サブ用、オモチャに使えるスマホをお探しの方にはうってつけの遊べるスマホと言えるのではないでしょうか!

ELEPHONE E10 の割引クーポン・セール・購入先まとめ!

この項目ではELEPHONE E10 をお得に手に入れるために情報をまとめています!

割引クーポンの発行とセールの開催状況

Banggoodで発売記念セールを開催!期間限定で1.2万円ほどで手に入るようです!

【公式】ELEPHONE E10

ELEPHONE E10 の購入先情報

ELEPHONE E10 は以下で取り扱っています!

ELEPHONE E10 の公式サイト

ELEPHONE E10 の公式サイトは以下です!

ページトップへ