楽天モバイル 3ヶ月無料

Galaxy S21の噂・リーク情報!無印は10.7万円から、UltraはSペン付属か

SamsungのGalaxy S21についてのリーク情報(正式発表前情報)をまとめています!

有名リーカーがGalaxy S21のスクリーンについてリーク

次期モデルは「Galaxy S21」!S21とS21+はフラットディスプレイになるかも?

的中率の高く有名なリーカーであるIce universe氏はTwitterにてGalaxy S21(S30)のリークツイートを投稿しました。

Google翻訳を通すと「Samsung Galaxy S21(S30)シリーズの3つの製品は、同じ幅の4つの側面で設計されています。その内、S21とS21+は2Dスクリーンであり、S21Uは曲面スクリーンです。」とのこと。

Galaxy S20シリーズ同様に、時期のGalaxy S21も「無印」「上位のPlusモデル」「最上位のUltraモデル」の3つのグレードでリリースされるかも知れませんね!

さらに、最上位のUltraのみエッジディスプレイを採用するとの予想!無印と+モデルの2つのグレードはフラットなディスプレイになれば個人的に嬉しい!そうなると、Galaxy S7 Edgeから続いたエッジブームは終わりを告げそうな予感。

Samsungスマホは徐々に脱エッジ化が進んできていた

Samsung Galaxyのハイエンドモデルは全部エッジディスプレイ…というわけではなくなりつつあります。

というのも最近登場したハイエンドのGalaxy Note20Galaxy S20 FE。この2モデルはハイエンドクラスながらもフラットなディスプレイを搭載しております。

Galaxy Note20 5G
筆者が実機レビューしたGalaxy Note20 5G

Note20シリーズは上位となるUltraグレードがエッジディスプレイを採用しております。登場が予想されているGalaxy S21シリーズもNote20シリーズ同様に「上位グレードのみエッジディスプレイを搭載する」という可能性は考えられますね!

Galaxy Note20 Ultra 5G
実機レビューしたGalaxy Note20 Ultra 5G

ガルマックス編集長
Noteシリーズはエッジディスプレイだと端っこがペンで書きづらいから全部フラットにしろと言いたい。

Galaxy S21の本体デザイン、カラーは5色みたい!

リーカーのIce universe氏はGalaxy S21のデザインもリークしております!「Galaxy S21のデザインはユニークで称賛に値する」とのこと。

背面デザインはこれまでのモデルとはまた違ったデザイン。特にカメラ周りは四角いボックスタイプではなく本体の角に沿ったエレガントなスタイル!さらにボディカラーはツートンになっているカラーもありユニークで個性的!このデザインで出てくれたら嬉しい!

カラーは「ブラック」「ピンク」「ゴールドツートン」「シルバー」「パープル」が確認できます。リーク段階ですが、もしパープルが採用されるとGalaxyスマホではかなり珍しいカラーになりそうですね!

Galaxy S21のケース

また同氏はGalaxy S21のケースについてもリークしております!7色のカラーが確認でき、デザインはディスプレイの周辺まで覆うブ厚いタイプにみえる!

※ここまでが11月30日時点の情報です

ディスプレイ・本体サイズ・仕様のリーク

ディスプレイや本体サイズ、仕様に関して情報を載せているリーカーさんがいました。

パートナーとされているイタリアのスマホ周辺機器販売サイト「Pigtou」は、Galaxy S21+は高さが161.55mm、横幅が75.6mm、厚さが7.98mmになると伝えています。3DCADのレンダリング動画も公開。

またGalaxy S21は6.8インチで120Hzのディスプレイとの事。

※ここまでが12月1日時点の情報です

実機画像、カメラ仕様、発表日がリーク

YouTubeチャンネル「sakitech」に実機画像と発表日の情報がリークされたとの事です。

シリーズは三機種、Galaxy S21・S21 Plus・S21 Ultra。動画ではS21シリーズのカメラ仕様についても触れています。

  • S21 Ultra:108MPのメインカメラ、12MPの超広角カメラ、10MPの10倍の望遠カメラ、10MPの3倍望遠カメラのクアッドカメラ
  • S21 Plus:12MPのメインカメラ、12MPの超広角カメラ、64MPの望遠カメラ

発表は2021年の1月14日付近になる事や価格は安めで出てくる等の情報を伝えています。発表された日と同日から予約開始になる。しかしそれが日本からも可能なのか、発売日がいつなのかはまだわかりません。

※ここまでが12月9日時点の情報です

超広角カメラは画質も劇的に向上してマクロモードとしても使えるかも

サムスンのリーク情報を数多く発信するIce Universe氏が、以下のようなツイートを飛ばしました。

このツイートによるとGalaxy 21シリーズでは超広角カメラにIMX563を搭載するとのこと。IMX563といえばXperia 5のメインカメラと同じセンサーで、1/2.55、1.4umの大型センサー。これがサブ的な超広角に搭載されるのであれば画質にも期待できそう。

また、ツイートではS20の120°よりもワイドアングルな123°になると予想されてます。

▼ちなみにGalaxy S20をレビューしたときにiPhone 11の超広角カメラと比較した写真が以下。↓

iPhone 11や12シリーズの超広角カメラはスマートフォンの中でも非常にワイド画角で撮影できるのですが、Galaxy S21シリーズではS20以上のワイドでダイナミックな撮影を楽しめるかも知れませんね!

また、Ice Universe氏は続けて以下のようなツイートも飛ばしてます。

このツイートによると、どうやら超広角カメラはデュアルPDAFに対応していて、マクロカメラとしても使えるようなことを買いてます。最近、超広角カメラを利用してマクロ撮影ができるモデルもあるので、なんら不思議ではありません。

※ここまでが12月14日時点の情報です

リーク動画が出た。今度はディスプレイ側も

以前のリークでは背面のカメラ側が動画で公開されていましたが、今回はディスプレイ側の映像も出てきました。ディスプレイはフラットタイプで非常にベゼルが薄いことが分かります。

今回の動画は「Galaxy S21 Ultra」とされているんですが、以前のリークでUltraは湾曲ディスプレイで出るのでは無いかと言われてました。が、動画ではフラットに見えますね。

※ここまでが12月15日時点の情報です

公式とされるS21の画像がリークされる

著名リーカーであるEvan Blass氏がVoiceにて「SAMSUNG公式とされるGalaxy S21の画像」をリーク。

画像を見ると先代にあたるGalaxy S20シリーズ同様に中央配置のパンチホール画面を採用しており、画像からGalaxy S20との見分けはつけにくい印象ですね。

Samsung Galaxy S21 5G: First Official Press Shot

シンプルな正面からの画像はSAMSUNGの公式でも掲載されている構図です。

ただし公式から情報が出たわけではなく、あくまで「ソース元のVoiceにて公式のものとされる画像」という見出しで出ていたので、信憑性は定かではありません。

ただ、これが本当にSAMSUNGからのものだとすれば、すでに画像を用意している意味でも、次期Galaxy S21シリーズの発表、発売日はそう遠くはないかもしれません。

※ここまでが12月16日時点での情報です

別のソースからも公式とされる画像がリーク!最上位グレード「Ultra」も出た

▼上記とは別に、ドイツのメディアサイトWinftureにて、Galaxy S21の公式とされる画像がリークされました。正面からのみでなく、側面、背面側からのデザインも掲載されており、さらにカラーは3色まで確認できます。↓

Samsung Galaxy S21 (Plus): Offizielle Bilder der neuen Smartphones

また同サイトでは、Galaxy S21のシリーズは全部で3つあり「Galaxy S21」「Galaxy S21 Plus(+)」「Galaxy S21 Ultra」のバリエーションが存在するとのことです。先代にあたるGalaxy S20シリーズと同様のラインナップですね!

▼そのうちGalaxy S21とGalaxy S21 Plusの外観はとても良く似ており、見た目ではサイズとカラーバリエーションのみが異なるそう。この点もGalaxy S20シリーズ同様の系譜を受け継いでいるようです。↓

▼最上位グレードとなる「Galaxy S21 Ultra」では見た目が大きく異なります。特にカメラ部分が超特徴的(`・ω・´)。Galaxy S21に比べて横幅が広がり、かつカメラが1つ増えてToFセンサーらしき部分も確認できます。カラーは画像のシルバーとブラックの2色展開のようです。好み分かれそうな見た目。↓

AnTuTuを計測している動画が公開

▼YouTubeではなんとGalaxy S21本体と思われるモデルの実機テスト動画を投稿している人物が登場。AnTuTuスコアを計測しており、ダイジェスト形式のような30秒のショートビデオとなっています。左はiPhone 12 Pro Maxで、左右に並べて比較しているようです。↓

AnTuTu総合スコアは634,461点。GPUスコアは257,258点となっています。

いずれも現行最新SoC「Snapdragon 865 Plus」のスコアを上回っており、最近登場したハイエンドSoC「Snapdragon 888」を搭載しているものと思われますが、Snapdragon 865 Plus(参考スコア590,000点)よりもスコアの伸び率は低めなのは気になる。

それにしてもiPhone 12 Pro Maxなんですが、総合スコアが441,227点と…実機レビューで確認したスコアよりもなまじ低いのも気になる。「君そんなだっけ?」と思って動画をよく見るとiPhone 12 Pro Maxは低電力モードで動かしている模様っす(バッテリーマークが黄色かった)。

※ここまでが12月18日時点の情報です

Galaxy S21価格がリーク。約10.7万円から

海外メディアサイト「WinFuture」にてGalaxy S21シリーズ(無印、Plus、Ultra)3モデルの容量ごとの価格がリークされました。価格は以下の通り。

  • Galaxy S21(128GB):849ユーロ(約10.7万円)
  • Galaxy S21(256GB):899ユーロ(約11.1万円)
  • Galaxy S21 Plus(128GB):1049ユーロ(約13.2万円)
  • Galaxy S21 Plus(256GB):1099ユーロ(約13.8万円)
  • Galaxy S21 Ultra(128GB):1349ユーロ(約17万円)
  • Galaxy S21 Ultra(256GB):1399ユーロ(約17.6万円)
  • Galaxy S21 Ultra(512GB):1529ユーロ(約19.3万円)

先代にあたるGalaxy S20シリーズよりも全体的に高価になっており、特に最上位モデルにあたるGalaxy S21 Ultraの512GB容量では20万円近い価格になっております。廉価グレードにあたる無印の128GBモデルであっても10万円を超える価格帯となっており、ハイエンドモデル中トップクラスの価格の高さといえますね。

それだけにスペックの高さ、特徴、カメラ性能が気になる所。またフラットディスプレイを搭載するか否か、Sペンに対応するか否かについても注目です。

最上位「Galaxy S21 Ultra」にはSペンが付属するかも

FCCのデータベースにGalaxy S21 Ultraが登録され、その中の情報にSペンについての情報が入っていたことから「Galaxy S21のUltraモデルにはSペンが対応する」とのことです。ソースは海外メディアサイト「Android Authority」より。

これまでのGalaxy SシリーズはSペンに対応しておらず、Galaxy Noteシリーズの専売特許といえるSペンでしたが、大画面のハイエンドモデルという部分が競合していることから、2021年には廃止されるのでは?という噂も広がっていました。

まじで?!Sペン付きGalaxy Noteシリーズ、2021年に廃止か

Galaxy SシリーズのモデルにもSペンが対応するとなれば、Noteシリーズさらに立つ瀬は狭くなるかもしれません。

ただし対応するとはあるものの、専用のSペンスロット搭載や付属するといった情報はありません。「対応はするけどスロットが無くSペンが別売りのSシリーズ」「対応し付属、スロットも付いているNoteシリーズ」でコンセプトを分ける、なんて予想もできます。

さらに同資料からは「ワイヤレス充電(逆充電)」「NFC」「Wi-Fi 6E」といったワイヤレス関連の情報も見つかっております。Wi-Fi 6Eは2020年に登場した6GHz帯の新規格Wi-Fiですが、Galaxy S21 Ultraもこれに対応する可能性がありますね(`・ω・´)。

※ここまでが12月24日の情報です。続報が入り次第、TwitterFacebookでお伝えします!

2021年1月15日追記:公式発表されました!確定情報は以下からどうぞ!

[速報]SamsungがGalaxy S21 5G、S21+ 5G、S21 Ultra 5Gを公式発表

ページトップへ