ワイモバイル バナー ヘッダー

Galaxy Z Fold3とGalaxy Z Flip3の耐久性テスト動画が公開

YouTubeのSAMSUNG公式チャンネル「Samsung NewsRoom」より、Galaxy Z Fold3Galaxy Z Flip3の耐久性をテストした動画がアップロードされました。

動画では様々な実験で耐久性の高さを実証

アップロードされた動画はSAMSUNG公式が検証したものとなっております。実験内容は「高低温環境での動作」「防水性」「Sペン動作」「折りたたみ」の4つ。耐久性テスト動画ながらプロモーション動画のようなスタイリッシュさも感じられる演出。

「高低温環境での動作」は特殊なボックスに入れて高低温、乾燥、多湿な状況でカメラを起動させたり動画を再生させている実験。

「防水性」は動画再生中のGalaxy Z Fold3とGalaxy Z Flip3を水没させ動くかを検証。さらに、様々な折りたたみの角度でも細かに検証しています。

「Sペン動作」の実験はロボットのアームを用いて、SペンでGalaxy Z Fold3に線を何度も描くという内容。

「折りたたみ」は機械を用いて何度も何度も畳んだり開いたりを繰り返すというもの。公式によれば「20万回の折りたたみに耐えられ、1日100回開閉しても5年使える」とのことです。

▼実際の動画は以下からどうぞ!↓

別のユーザーも耐久性動画をアップロードしていた

公式で動画がアップロードされる前に、702万人のチャンネル登録者を持つ大手の海外YouTuber「JerryRigEverything」氏はすでにGalaxy Z Flip3の耐久性をテストした動画をアップロードしています。

▼公式動画とは異なり、火炙りや画面にナイフを入れるといった、思いっきりスタントじみた耐久性検証を行っておりまして、もうサムネの時点でヒエッってなるような内容。人によっては閲覧注意。↓

ヒンジを逆に曲げたりしたため動画の最後ではGalaxy Z Flip3は若干歪んでしまっていますが、それでもしっかり動作するという驚きの結果に。同氏は「Galaxy Z Flip3はまだ動作しており、驚くべきことに私の耐久性テストに耐えました」とコメントしていました。

その一方で「ディスプレイはかなり傷つきやすい」という弱点も出ております。これに関しては画面を折りたたむがゆえにディスプレイのガラスを薄くしたため仕方ない部分といえます。保護フィルムは必須ですぞ!

各地で破損報告が相次いだため公式は動画を公開?

明確な理由は明らかになっていませんが、今回動画が公開されたのは「各地でGalaxy Z Flip3の破損があったため」という推測ができます。

▼Twitterや海外フォーラムのRedditで破損報告が出ており「開封後24時間以内に壊れた」「手順通り初期のフィルムを剥がしたら割れた」というケースも起こったようです。↓

ただ、上述にあるように耐久性テストを行いその耐久性の高さを実証していることから、「Galaxy Z Fold3とGalaxy Z Flip3は脆い」という結論を下すのは早計でしょう。複雑かつ繊細な設計ゆえに個体問題が起こりやすかったのでは…と筆者は予想してます。

筆者自身は実機をヨドバシの展示機で少し触った程度で入手したわけではありませんが、先代にあたるモデル「Galaxy Z Fold2」は2週間、「Galaxy Z Flip」を1年使用していましたが、こんな感じに壊れたことはありませんでした。

ただやはり画面はもろく、指でよくスワイプする箇所にスレが残ることはありました。保護フィルムは必須。

国内でもGalaxy Z Fold3とGalaxy Z Flip3が発売

▼Galaxy Z Fold3とGalaxy Z Flip3はドコモとauから発売予定。国内の家電量販店でも実機を展示している店があるので、もし近所の店舗が展示していれば是非とも触ってみてください(`・ω・´)。ムチャクチャ高いけど、筆者はすごく欲しいっす。↓

あと展示機で実際に出来栄えを確かめられるんですが、普通のスマホより繊細なので、絶対に逆に折ろうとしたり画面に無理な圧力を加えないようにしないでください。お子さんがいる場合はムチャな使い方をさせないように注意です。

Galaxy Z Flip3 5G 日本版のスペックまとめ

Galaxy Z Fold3 5G 日本版のスペックまとめ

ページトップへ