ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

HUAWEI nova 7 5Gのスペック・対応バンドまとめ!ハイエンドに迫る性能で約4.5万円!なお、GMSは非対応

HUAWEI nova 7 5G

HUAWEIからカジュアル層向けのスマホ、HUAWEI nova 7 5Gが登場!最新のSoCであるKirin 985を搭載したハイスペックなスマホですよ!Google関連のサービスこそないものの、通信バンドもバッチリです。

▼なお、nova 7シリーズは兄弟機もあるので気になる方はどうぞ。↓

HUAWEI nova 7 Pro 5Gのスペック・対応バンドまとめ!Kirin 985搭載モデル!

HUAWEI Nova 7 SEのスペック・対応バンドまとめ!5G対応のミドルハイが3.7万円

HUAWEI nova 7 5Gの詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度
信頼度 参照先:公式サイト
信頼度:高
製品情報
端末名 HUAWEI nova 7 5G
型番/別名 JEF-AN00
発売年 2020年4月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー Huawei
備考 日本語対応不明!情報求む!
Googleサービス非対応
対応バンド・周波数・ネットワーク
3G CDMA:BC0
WCDMA:1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
4G LTE FDD LTE:1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 18 / 19 / 26
TD-LTE:34 / 38 / 39 / 40 / 41(2496〜2690MHz)
5G NR NR:n1 / n3 / n41(2496〜2690MHz)/ n77 / n78 / n79
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/
Bluetooth 5.1
SIMサイズ・スロット NanoSIM×2
ネットワーク関連備考 2回線同時待ち受け対応
本体仕様
ディスプレイ 6.53インチ/有機EL
解像度 2400x1080/FHD+
サイズ 高さ160.64mm
横幅74.33mm
厚さ7.96mm
重さ 180g
本体色 ブラック系/グリーン系/レッド系/パープル系/クリスタル系
システム仕様
OS EMUI 10.1(Android 10ベース)
CPU(SoC) Kirin 985
AnTuTuベンチマーク

AnTuTu v8(参考値):総合スコア約405,000点、ゲーム性能(GPU)約134,000点

メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ8GB+容量128GB
メモリ8GB+容量256GB
ストレージカード 非対応
カメラ
メインカメラ クアッドカメラ
①64MP(メイン、f/1.8)
②8MP(超広角、f/2.4)
③8MP(望遠、f/2.4)
④2MP(マクロ、f/2.4)
特性:ズーム機能(3倍光学、5倍ハイブリッド、20倍デジタル)、ナイトモード、マクロ撮影、スローモーション
AI:対応
手ぶれ補正:非公表
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
前面カメラ パンチホール型カメラ
①32MP(メイン、f/2.0)
特性:ポートレート、セルフタイマーミラーリング、ジェスチャー写真
ビューティー:対応
手ぶれ補正:非公表
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
機能仕様・センサー
GPS GPS、AGPS、GLONASS、BDS、GALILEO、QZSS
センサー 指紋認証(画面内蔵)、顔認証、環境光センサ、重力センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 非対応
イヤホンジャック なし
NFC NFC(FeliCa非対応/おサイフケータイ非対応)
バッテリー
バッテリー容量 4000mAh
充電 有線充電:40W(10V/4A)
ワイヤレス充電:非対応
ポート USB Type-C
その他
公式サイト

HUAWEI nova 7 5G

スペック表に関する免責事項

HUAWEI nova 7 5Gの発売時期と価格

HUAWEI nova 7 5Gの発売時期は2020年4月頃で価格は以下の通り!

  • メモリ8GB/容量128GB:2,999元(約45,500円)
  • メモリ8GB/容量256GB:3,399元(約51,500円)

HUAWEI nova 7 5Gの性能をチェック!

HUAWEI nova 7 5Gは発売時点でミドルレンジ最上位とハイエンドの中間的性能となるモデルです!処理性能的には最新のハイエンドモデルには一歩及ばずですがが、先進的な技術や高い性能のカメラなど機能的にはハイエンドに引けを取らない構成が魅力となっています!

  • 普段使い:非常に軽快。大多数が不満を抱くことが無い動作
  • ゲーム:設定次第で重量級ゲームも非常に快適に遊べる。ゲーマーにもおすすめ

HUAWEI nova 7 5G(Kirin 985)のAnTuTuスコア

AnTuTu 最新

まだHUAWEI nova 7 5G実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「Kirin 985」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。

  • Kirin 985(参考):総合スコアが405,000点、ゲーム性能(GPU)が134,000点
▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の参考スコアです。現時点で本端末の性能がどのランクに相当するか確認が出来ます!↓
区分AnTuTu Ver.8 スコア
ハイエンド総合スコア:約40万点以上
GPUスコア:約17万点以上
ミドルレンジ上位総合スコア:約30万点〜40万点
GPUスコア:約13万点〜17万点
ミドルレンジ中位総合スコア:約20万点〜30万点
GPUスコア:約6万点〜13万点
ミドルレンジ総合スコア:約10万点〜20万点
GPUスコア:約2万点〜6万点
エントリー総合スコア:約10万点まで
GPUスコア:約2万点まで
▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ!↓
実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ[2020/05/05更新]

HUAWEI nova 7 5Gの対応バンドをチェック!

HUAWEI nova 7 5Gは海外スマートフォンなので技適に関してはご留意下さい。

HUAWEI nova 7 5Gのドコモ回線対応状況

HUAWEI nova 7 5GのLTEは全国区をカバーするバンド1、東名阪の高速通信バンド3、地下や郊外の繋がりやすさを左右するプラチナバンドの19に対応。3Gも主力のバンド1に加え山岳地帯や農村地区をカバーするFOMAプラスエリアに対応しています!

HUAWEI nova 7 5Gはドコモで販売する端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で通信できる対応バンド構成となっています!

▼本端末のバンドに合致!ガルマックスがオススメするドコモ回線SIMはこれ!↓

HUAWEI nova 7 5Gのソフトバンク回線、ワイモバイル回線の対応状況

ソフトバンクとワイモバイルは同じ回線を利用しているので合わせて紹介。

HUAWEI nova 7 5GのLTEは主力のバンド1、補助バンドの3、プラチナバンドの8に対応。また、通信方式の異なるTDD-LTEのバンド41にも対応。3Gも通信に必要なバンド1および8に対応しています!

HUAWEI nova 7 5Gはソフトバンクやワイモバイルで販売している端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で通信できる対応バンド構成となっています!

ワイモバイル回線やソフトバンク回線を利用する格安SIMを利用している方は気にしなくて良いのですが、ソフトバンク純正のAndroid SIMを利用している方は注意が必要です。

ソフトバンクでAndroid端末を購入した時に付属するSIMはAndroid用SIMで、SIMと端末が紐づけされています。このため、異なるAndroid端末での利用は通信できない制限が発生する場合があります。Android SIMを利用している方はソフトバンクショップで機種変更手続きが必要ですが、その際に技適の確認が有るみたいです。

海外でHUAWEI nova 7 5Gをソフトバンクのローミングサービスで利用したいと考えている方は、購入前にソフトバンクショップで相談してみましょう!

▼本端末のバンドに合致!ガルマックスがオススメするソフトバンク&ワイモバイル回線SIMはこれ!↓

HUAWEI nova 7 5Gのau回線対応状況

HUAWEI nova 7 5Gは通話もデータ通信もLTEを利用するau VoLTE SIMのバンドにフル対応しています。しかしながらau回線はSIMフリースマートフォンと相性が悪くバンドに対応していても利用できない場合も多々あるので、実際にHUAWEI nova 7 5Gでau VoLTE SIMが利用できる確証を得てから検討して下さい。

auでは相互通信テストをクリアしていないとVoLTEが利用できない場合が多いので確認してみましょう

HUAWEI nova 7 5Gの特徴ピックアップ!

グラデーションベースのスラっとしたスリムなデザイン!

HUAWEI nova 7 5Gはトレンドのグラデーションカラーをベースとしたデザインになっています。

▼ボディカラーは定番のブラックはもちろん、レッド、グリーン、パープルやパールホワイトの全5色構成とバリエーション多彩になっています。↓HUAWEI nova 7 5G

nova 3でバリエーションにあったレッドの他、nova 5Tで特徴的なnova模様の背景色であったパープル、そしてnova 5Tの追加色のグリーンなどnovaの歴代代表カラーに加え、クリスタルのような美しさを実現したパールホワイトなど、一種のオールスター集結状態になってますよ!

SoCはKirin 985搭載!ミドルハイ最上位スペックだけどハイエンドに迫るレベル!

▼HUAWEI nova 7 5GのSoCは最新のKirin 985を搭載。↓

HUAWEI nova 7 5G

性能帯で言うとミドルハイ最上位スペックに位置しますが、ミドルハイ最上位の中でもハイエンドに迫るほどの性能を誇っています。

というのも、CPU性能ではKirin 980に肉薄すると言われるKirin 820と差が少ないのですが、グラフィック性能では1割以上も上回っており、前ハイエンドSoCであるKirin 980に対しても僅かながら上回っています。他社のSoCであるSnapdragon 765Gとパフォーマンスを比較してもKirin 985が圧倒。

最近では特に重視されるようになったAI処理に欠かせないNPUはKirin 980と同じデュアル構成になっており、Kirin 820のシングル構成よりも画像処理を始めとして有利なことは間違いありません。

▼また、5Gにも標準対応しており、Kirin 980のように外部チップ無しでも5G通信が可能になっています。↓

HUAWEI nova 7 5G

ミドルハイクラスだと5Gモデムとの一体型は標準的であり、Kirin 820も一体型でしたが、以前のハイエンドであるKirin 980の外部5Gモデム組み込み方式よりも設計的に有利なことは間違いありません。

以上より、Kirin 985はハイエンドSoCであるKirin 990ほどの処理性能は持っていないものの、ミドルハイSoCのKirin 820よりもグラフィックや画像処理などの色々な付加価値の面で圧倒していることから、『ハイエンドに限りなく近いミドルハイ最上位クラスのスマホ』であると言えるでしょう。

6.53インチ有機ELディスプレイ搭載!DCI-P3の広色域にも対応!

▼HUAWEI nova 7 5Gは6.53インチの有機ELディスプレイを搭載。解像度も2400×1080とFHD+なので、有機EL特有の鮮やかで締まった黒色が特に映えるはずです!↓HUAWEI nova 7 5G

さらに、HUAWEI nova 7 5GはDCI-P3の広色域にも対応。ちなみに、DCI-P3はiMac Retinaディスプレイモデルにも採用されているもので、一般的なディスプレイよりも豊富な色域に対応。策定しているのは米国の映画制作会社で構成されている業界団体のDigital Cinema Initiativesですので、映画で使われている色域を網羅しているってことは映画鑑賞に有利だと考えられます!

64MPを筆頭としたクアッドカメラ!Kirin 985との組み合わせで次の次元へ!

▼HUAWEI nova 7 5Gのカメラは64MPをメインとしたクアッドカメラ構成になっています!↓HUAWEI nova 7 5G

▼メインカメラは6,400万画素もの超高解像度カメラを搭載しているので、細かいディテールもしっかりと捉えることができます!↓

HUAWEI nova 7 5G

▼広角カメラのほか、ズームカメラ(3倍光学、5倍ハイブリッド、20倍デジタル)も備えています。3倍までならノイズ等の劣化なしで撮影できるので、クオリテイの高い望遠撮影もバッチリできちゃいますよ!↓

HUAWEI nova 7 5G

▼HUAWEI nova 7 5Gのインカメラは3,200万画素のパンチホールカメラとなっており、高画素なカメラも相まって高精細な自撮りが期待できます。↓

HUAWEI nova 7 5G

▼AI機能を生かしたビューティーモードにより、顔の特徴、顔の形、肌の質感を認識し、その場に応じた最適な作例が期待できます!↓

HUAWEI nova 7 5G

▼Super Night Scene 3.0により、夜景でなおかつポートレート撮影もしっかりできます!作例ではあまりポートレートって感じはしないのですが、背景の夜景はしっかりと撮影できていますね!↓

HUAWEI nova 7 5G

40W Huawei Super Quick Chargeに対応!

▼HUAWEI nova 7 5Gは40W Huawei Super Quick Chargeに対応!未だに18Wクラスのものも多い中、40Wとかなりの充電能力を実現!↓

HUAWEI nova 7 5G

30分間の充電で75%まで充電可能。4,000mAhのバッテリーと相まって充電を忘れちゃった時や空き時間にササっと充電しておく使い方もできちゃいます。今までよりさらにバッテリー残量に縛られにくい使い方が期待できますね!

画面内指紋認証搭載。顔認証もあるぞ!

HUAWEI nova 7 5Gは画面内指紋認証を採用。パンチホールカメラとの相乗効果により、さらに広々としたディスプレイを体感できます!

もちろん顔認証も搭載。おそらく認証方式は顔写真タイプだと思われますので、iPhone 11 シリーズのような3D顔認証よりも精度は落ちるとは思われますが、HUAWEIの顔認証は顔写真でもなかなかの精度と速度を誇っていますので、割と不自由なく使えるのではないかと思います。

HUAWEI nova 7 5Gまとめ!5G対応ミドルハイ最上位スマホでもかなりハイエンドに近い!

プロモーションでも人気アイドルグループやバーチャルシンガーを呼んだりと、今回はかなりカジュアルな傾向が強まったのがHUAWEI nova 7 5G。

カジュアルといってもSoCのスペックは普通のミドルハイ最上位クラスのスマホとは一線を画するKirin 985を搭載しつつ、画面内指紋認証、カメラの望遠性能、さらに40Wもの充電能力など上位スマホにも引けを取らない性能を有しつつも約4.5万円というお買い得価格を実現しています。LTEや5Gの対応バンドが豊富で日本でも遜色ないのが嬉しいですね。

確かにGoogleサービスは利用できないのは痛手ですが、ハイスペックなスマホをお得な価格で割り切って使う分にはいい選択肢ではないでしょうか。

HUAWEI nova 7 5Gの割引クーポン・セール・購入先まとめ!

この項目ではHUAWEI nova 7 5Gをお得に手に入れるために情報をまとめています!

割引クーポンの発行とセールの開催状況

割引クーポン発行時や割引セールが開始された時はTwitterFacebookでお伝えするのでフォローを宜しくお願いいたします!

HUAWEI nova 7 5Gの購入先情報

HUAWEI nova 7 5Gは以下で取り扱っています!

HUAWEI nova 7 5Gの公式サイト

HUAWEI nova 7 5Gの公式サイトは以下です!

ページトップへ