ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

【お得】iPad整備済製品リストにiPad Air(第3世代)とiPad mini(第5世代)が登場!

▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

Apple認定整備済み品

ようやくミドルレンジiPadが整備済製品リストに登場しました!

2020年2月8日にアップルのiPad整備済製品リストにiPad Air(第3世代)とiPad mini(第5世代)が初登場しました。両方ともに現行製品のミドルレンジiPadです!

整備済み製品って何?

iPad整備済製品は、すべてのモデルに新しいバッテリーと外装が使用され、1年間の保証も付いています。最短で翌日に無料でお届けし、返品も無料です。

出典:Apple認定整備済製品

他メーカーで言うところのアウトレット品みたいなものなんですが、Appleの場合は外装とバッテリーは全てキレイな新品。しかもケーブルやACアダプターを含めた付属品も全て新品です。外箱は専用のシンプルな機種名が書かれた白箱で、所有欲は通常の箱と比べて落ちてしまいますが、デザイン性は十分確保できています。

私も過去にiPadの整備済み製品を購入したことがあるんですが、普通に新品と変わらず使えてかなり満足した記憶がありますので、クオリティに関しては安心できるかと思います。

しかも保証も新品と同じく1年でAppleCareの延長保証にも加入できるので、保証面でも安心。この点は少々博打の側面がある中古製品には無い利点ではないでしょうか。

各製品の仕様

ここでiPad Air(第3世代)とiPad mini(第5世代)の仕様についておさらいしましょう。

iPad Air(第3世代)の仕様

iPad Air(第3世代)

  • 10.5インチ(2,224×1,668ピクセル 264ppi)Retina ディスプレイ搭載
  • A12 Bionic
  • 8MPリアカメラ
  • 最大256GBのストレージ
  • 456g(Wi-Fiモデル)
  • Apple Pencil(第1世代)、Smart Keyboard対応

iPad Air(第3世代)は10.5インチiPad Proをベースとし、ProMotionテクノロジーや背面カメラにスピーカーをコストカットした代わりに、SoCをA12 Bionicへと大幅パワーアップして価格を抑えた現行iPad内でのミドルレンジモデルとなります。

コストカットされたといってもディスプレイはガラスとの隙間がないフルラミネーションディスプレイで広色域(P3)もサポートし、目に優しいTrueToneにも対応しており、かなり豪華な仕様になっています。

SoCは執筆現在(2020年2月)では型落ちになってしまいましたが、十分パワフルなA12 Bionic。重いゲームでも難なく動いちゃいます。

Apple Pencil(第1世代)とSmart Keyboard対応にも対応しているので、クリエイティブな作業もしっかりとこなせちゃいますね。

iPad mini(第5世代)の仕様

iPad mini(第5世代)

  • 7.9インチ(2,048×1,538ピクセル 326ppi)Retina ディスプレイ搭載
  • A12 Bionic
  • 7MPインカメラ
  • 最大256GBのストレージ
  • 300.5g(Wi-Fiモデル)
  • Apple Pencil(第1世代)

iPad mini(第5世代)はiPad mini 4の筐体を引き継ぎ、SoCをA12 Bionicへと大幅パワーアップしたコンパクトモデルとなります。

ディスプレイ仕様はiPad Airと同じですので、ガラスとの隙間がないフルラミネーションディスプレイはもちろんのこと、広色域(P3)もサポートし、目に優しいTrueToneにも対応しているなどiPad mini 4からかなり強化されています。

SoCは執筆現在(2020年2月)では型落ちになってしまいましたが、十分パワフルなA12 Bionic。こちらも重いゲームでも難なく動いちゃいます。あまり知られてないんですが、バッテリーの持ちがいいんですよね。私も持っててゲームでバリバリ使ってるんですが、快適に動いてなおかつバッテリー持ちが良くてお気に入りなんです。

Smart Keyboardには対応していませんが、Apple Pencil(第1世代)には対応しているので、出先でメモを取るのもできちゃいます。

整備済み製品の価格は?

iPad認定整備済み製品

さて、気になるのはやっぱりお値段。

ってことで早速整備済み製品のページを覗いてみました!以下、整備済み製品の価格です。価格の横に定価からの割引金額も記載しています。なお、全て税別価格ですので、記載した金額から税率を足した金額が総支払額となります。

iPad Air(第3世代)

※表示価格は全て【整備済み製品】の税別価格です。赤文字は通常購入よりどれだけ安いかを表示しています。

  • iPad Air(第3世代)64GB(Wi-Fi)46,800円(定価より8,000円安い)
  • iPad Air(第3世代)256GB(Wi-Fi)60,800円(定価より11,000円安い)
  • iPad Air(第3世代)64GB(Wi-Fi+Cellular)59,800円(定価より10,000円安い)
  • iPad Air(第3世代)256GB(Wi-Fi+Cellular)73,800円(定価より13,000円安い)

iPad mini(第5世代)

※表示価格は全て【整備済み製品】の税別価格です。赤文字は通常購入よりどれだけ安いかを表示しています。

  • iPad mini(第5世代)64GB(Wi-Fi)38,800円(定価より7,000円安い)
  • iPad mini(第5世代)256GB(Wi-Fi)52,800円(定価より10,000円安い)
  • iPad mini(第5世代)64GB(Wi-Fi+Cellular)51,800円(定価より9,000円安い)
  • iPad mini(第5世代)256GB(Wi-Fi+Cellular)65,800円(定価より12,000円安い)

上位モデルだと割引金額が大きいのですが、おおよそ15%ちょっとの割引率となっているようです。Apple製品って基本的に値引きは無いので、15%でも割引があるのは大きいんですよね。浮いたお金でケースや保護フィルム、Apple Pencilを買う資金にもできますしね!

整備済み製品は在庫限りの早い者勝ち!

他メーカーのアウトレット品と同じように、Apple整備済み製品は在庫限りの早い者勝ち!

次の入荷未定なのが基本なので、しっかりと保証がついたiPadは欲しいんだけど値段がね…って人はぜひ検討してみてはどうでしょうか!

ページトップへ