Lenovo Xiaoxin Padのスペックまとめ!Snapdragon 662にクアッドスピーカー搭載のミドルレンジタブレット!

Lenovo Xiaoxin Pad

世界トップクラスのPCメーカーであるLenovoからLenovo Xiaoxin Padが登場!普段使いに困らないミドルレンジスペックにクアッドスピーカーや高性能なスタイラスペンに対応した多才なタブレットをチェックしていきましょう!

Lenovo Xiaoxin Padのハイライト
・ミドルレンジクラスのスペック
・クアッドスピーカー搭載
・ペン入力に対応

・IP52の防水・防塵に対応

Lenovo Xiaoxin Padのスペック(仕様表)

Lenovo Xiaoxin Padは2020年10月に発売されたLenovoのAndroidタブレットです。

スペック表の信頼度
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
製品情報
端末名 Lenovo Xiaoxin Pad
型番/別名 TB-J606F
発売年 2020年10月
発売地域 海外
メーカー Lenovo
対応バンド・周波数・ネットワーク
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
本体仕様
ディスプレイ 11インチ/液晶
解像度 2,000×1,200(FHD+)
画素密度 212ppi/ドットの粗さが気になるかも
サイズ 高さ:163mm
横幅:258.4mm
厚さ:7.5mm
重さ 約490g
本体色 ブラック系
システム仕様
OS Android 10(ZUI)
CPU(SoC) Snapdragon 662
AnTuTuベンチマーク

総合スコア約180,000点
GPUスコア約35,000点
(参考値)

メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ6GB+容量128GB
ストレージカード MicroSD対応
カメラ
メインカメラ ①13MP(メイン)
AF
フラッシュ
前面カメラ ベゼル内蔵式インカメラ
8MP(メイン)
ToFセンサー
機能仕様・センサー
GPS GPS、BDS
センサー 顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 IP52
イヤホンジャック なし
NFC 非対応
その他機能 スピーカータイプ:クアッドスピーカー
バッテリー
バッテリー容量 7,700mAh
充電 有線充電:20W(10V/2A)
ポート USB Type-C
その他
公式サイト

Lenovo Xiaoxin Pad

スペック表に関する免責事項

SoCはSnapdragon 662!メモリは6GB/128GB

Lenovo Xiaoxin Pad

Lenovo Xiaoxin PadはSoCにSnapdragon 662を搭載!

発売時点でミドルレンジの性能ランクとなるモデル!普段使い重視でゲームは暇つぶしゲームくらいしか遊ばないって方にオススメな性能帯です!

トレンドとなる仕様や機能をてんこ盛りにするのではなく、カメラだったり、耐久性だったり、デザインだったり、端末に対する特徴が1つ2つ盛り込まれている感じで各社の個性が強く出る見ていても面白い性能帯!

  • 普段使い:稀に動作の鈍さを感じる事がある
  • ゲーム:2Dまたは軽い3Dゲームでも動作の鈍さを感じる事がある

メモリ(RAM)は6GB、保存容量(ROM)は128GBとなっています。ストレージもeMMCよりも高速なUFSなので読み込みや保存する際の速度も快適だと思われます!

Lenovo Xiaoxin Pad(Snapdragon 662)のAnTuTuスコア

まだLenovo Xiaoxin Pad実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「Snapdragon 662」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう!

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。Snapdragon 662の参考スコアは以下の通り!

  • 総合スコア(CPU):約180,000点
  • ゲーム性能(GPU):約35,000点

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の参考スコアです。現時点で本端末の性能がどのランクに相当するか確認が出来ます!↓

性能区分AnTuTu Ver.8 スコア
ハイエンド
(動作に不満なし)
総合スコア:約40万点以上
GPUスコア:約17万点以上
ミドルレンジ上位
(重いゲームもなんとか)
総合スコア:約30万点〜40万点
GPUスコア:約13万点〜17万点
ミドルレンジ中位
(軽いゲームくらいなら)
総合スコア:約20万点〜30万点
GPUスコア:約6万点〜13万点
ミドルレンジ
(必要最低限)
総合スコア:約10万点〜20万点
GPUスコア:約2万点〜6万点
エントリー
(サブスマホ向き)
総合スコア:約10万点まで
GPUスコア:約2万点まで

▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ!↓

スマホの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

Lenovo Xiaoxin Padのカメラ

Lenovo Xiaoxin Padのリアカメラはメインカメラ(1,300万画素)の1眼構成です!

  • メインカメラ(1,300万画素)

インカメラはメインカメラ(800万画素)のみの1眼構成です!

▼インカメラは顔認証に対応。後のOTAアップデートにてインカメラの距離検出と背景ぼかしが追加されるとのことで、インカメラに力が入っていることが伝わります。↓

Lenovo Xiaoxin Pad

Lenovo Xiaoxin Padのディスプレイ

Lenovo Xiaoxin Padのディスプレイはサイズが11インチ、解像度が2,000×1,200、液晶方式を採用しています。

  • 11インチ
  • 2,000×1,200
  • 液晶
Lenovo Xiaoxin Pad
400nitの輝度に対応

Lenovo Xiaoxin Padのサイズ・重量・カラー

Lenovo Xiaoxin Padのサイズは高さが163mm、横幅が258.4mm、厚さが7.5mm、重量が約490gとなっています!

  • 高さ:163mm
  • 横幅:258.4mm
  • 厚さ:7.5mm
  • 重量:約490g

カラーはブラック系の1色展開です!

  • ブラック系

▼カラーはブラック系の1色展開ですが、黒の2トーンカラーで構成されており野暮ったさは感じません。↓

Lenovo Xiaoxin Pad
カラーの名前は「スペースグレイ」のようです。

DOLBY ATMOS対応クアッドスピーカー搭載

Lenovo Xiaoxin Padはステレオ以上の音の広がりや音の偏りを軽減してくれるクアッドスピーカーを搭載。ハイエンドタブレットでたまーに見る程度ですが、ミドルレンジでも搭載しているのは注目すべきポイント!

Lenovo Xiaoxin Pad

7,700mAhの大容量バッテリー搭載。20Wの急速充電に対応

Lenovo Xiaoxin Padは7,700mAhの大容量バッテリーを搭載。公称値では動画再生やブラウジングで12時間、音楽再生で15時間とのことなので、映画などもガッツリ見まくれちゃいます。

大容量バッテリーが搭載されているとなると気になるのが充電時間。Lenovo Xiaoxin PadはQC 3.0対応で20Wの急速充電に対応しているので、充電の待ち時間もグッと少なくなり、さらに快適に使えること間違い無しです!
Lenovo Xiaoxin Pad

4,096段階の感圧や傾斜感知に対応したXiaoxinスタイラスも用意!

Lenovo Xiaoxin PadはオプションでXiaoxinスタイラスも用意。iPadで言うとApple Pencil、Galaxy Tabで言うとSペンにあたるスタイラスペンなんですが、4,096段階の感圧に傾斜感知に対応と結構ハイスペック。

公式サイトでは「文房具箱のペンのようなもの」と書いてありますが、Xiaoxinペンのカクカクとしたデザインはまさに鉛筆を彷彿とさせます。個人的にはApple Pencilより鉛筆っぽいデザインだよなぁと思ってます。

サイドにある2つのボタンに関しては言及されていませんので、どのような使い方ができるのかが不明ですが、サイドボタンが生かせるような機能とかが搭載されていればさらに便利なので、サイドボタン機能の搭載を祈ってます!

Lenovo Xiaoxin Pad

IP52クラスの防水・防塵に対応

あまり公式サイトでは触れられていないんですが、実はLenovo Xiaoxin PadはIP52クラスの防水・防塵に対応。Lenovoも教育関係で使うことも視野に入れているようなので、学校で想定される使われ方を考慮して仕上げてきている印象です。

▼以下は最高防塵等級の6と最高防水等級の8で等級表示を解説。防水と防塵に対応しているならIP○○と表示され、防塵のみ対応の場合はIP○X、防水のみ対応の場合はIPX○と記載される。↓

防水防塵

防塵等級保護の程度
IP0X特に保護されていない
IP1X人体の表面積の大きな部分(手など)が誤って内部の入らない。直径50mmを超える固形物体が内部に侵入しない。
IP2X指先や長さが80mmを超えない類似物が内部に入らない。直径12.5mmを超える固形物体が内部に侵入しない
IP3X直径または厚さが2.5mmを超える固形物体が内部に侵入しない。
IP4X直径又は厚さが1.0mmを超える固形物体が内部に侵入しない。
IP5X粉塵が内部に侵入する事を防止。少量の粉塵の侵入があっても正常運転を阻害しない。
IP6X粉塵が内部に侵入しない。

防水等級保護の程度
IPX0特に保護されていない
IPX1鉛直に落下する水滴により有害な影響を受けない
IPX2鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない。
IPX3鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない。(防雨型)
IPX4いかなる方向からの水の飛来でも有害な影響を受けない(防まつ型)
IPX5いかなる方向からの水の直接噴流でも有害な影響を受けない。(防噴流型)
IPX6いかなる方向からの強い直接噴流でも有害な影響を受けない。(耐水型)
IPX7規定の圧力、時間で水中に浸漬しても有害な影響がない。(防侵型)
IPX8連続的に水中に置かれる場合でも有害な影響が無い。原則として完全密閉構造。(水中型)

Lenovo Xiaoxin Padの発売時期と価格・購入先

Lenovo Xiaoxin Padの発売時期は2020年10月頃で価格は以下の通り!

  • メモリ6GB/容量128GB:1,299元(約2万円)

購入先については取り扱いショップが判明したら追記します、アップデートをお待ち下さい!

ページトップへ