LG V60 ThinQ 5Gのスペック、対応バンド、特徴まとめ!

 

▼AmazonでiPhoneの整備済み品。旧機種が安い。180日間保証付き。↓

【おすすめ】Amazon Renewed (Amazon整備済み品)

LG V60 ThinQ 5G

ソフトバンク5Gサービスに合わせて発表されたソフトバンク5G対応で2画面スマホ「LG V60 ThinQ 5G」のご紹介!画像のインパクトヤバイけど、実際の使い心地もヤバそうです(いい意味で)!

※本記事はソフトバンクモデルの情報で制作しています。

LG V60 ThinQ 5Gの詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度
信頼度 参照先:公式サイト
信頼度:高
製品情報
端末名 LG V60 ThinQ 5G
型番/別名 V60 ThinQ 5G
発売年 2020年4月下旬
発売地域 日本:ソフトバンク
メーカー LGエレクトロニクス
備考 日本語対応
Googleサービス対応
対応バンド・周波数・ネットワーク
3G W-CDMA:900MHz , 2.1GHz
4G LTE FDD-LTE:1 , 3 , 8 , 11 , 28
TDD-LTE:41 , 42
5G NR n77 (3.7GHz)
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth 5.1
SIMサイズ・スロット NanoSIM+MicroSDスロット
ネットワーク関連備考 SIMロックあり
SIMフリー化にはSIMロック解除が必要
本体仕様
ディスプレイ 6.8インチ/有機EL/画面占有率83.6%
解像度 2,460×1,080/FHD+/画面比率20.5:9
画素密度 395ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ169.3mm
横幅77.6mm
厚さ8.9mm
重さ 218g
本体色 ブルー系
システム仕様
OS Android 10
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 865
AnTuTuベンチマーク

AnTuTu v8(参考値):総合スコア約568000点、GPUスコア約220000点

メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ8GB+容量128GB
ストレージカード MicroSD対応/最大512GB/独立スロットあり
カメラ
メインカメラ 64MP+13MP+ToF
特性:通常+超広角+8K動画撮影
F値:1.8+1.9+1.4
AI:対応
手ぶれ補正:非公表
センサーサイズ:1 / 1.72+1 / 3.4
PXサイズ:非公表
前面カメラ 10MP
F値:1.9
AI:対応
手ぶれ補正:非公表
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
機能仕様・センサー
GPS 情報アップデートをお待ち下さい
センサー 指紋認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 IP68
イヤホンジャック あり
NFC NFC/FeliCa(おサイフケータイ対応)
その他機能 専用ケース使用で2画面表示が可能
バッテリー
バッテリー容量 5,000mAh
充電 有線充電:W数非公表(Quick Charge 4.0+)
ワイヤレス充電:対応(W数非公表)
ポート USB Type-C
その他
公式サイト

SoftBank LG V60 ThinQ 5G

スペック表に関する免責事項

LG V60 ThinQ 5Gの発売時期と価格

LG V60 ThinQ 5Gの発売時期は4月下旬予定!現時点で価格は非公表なので、発表され次第更新致します!

LG V60 ThinQ 5Gの性能をチェック!

LG V60 ThinQ 5Gは発売時点で最高峰の性能となるハイエンドモデルです!各社のフラッグシップモデルに多く採用される性能帯で先進的な技術や最新鋭のカメラ、機能が盛り込まれている事が多いです!

  • 普段使い:非常に軽快。大多数が不満を抱くことが無い動作
  • ゲーム:設定を高くしても非常に快適に遊べる。ゲーマーにもおすすめ

LG V60 ThinQ 5G(Snapdragon 865)のAnTuTuスコア

AnTuTu 最新

まだLG V60 ThinQ 5G実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「Snapdragon 865」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。

  • Snapdragon 865(参考):総合スコアが568,000点、ゲーム性能(GPU)が220,000点

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の参考スコアです。現時点で本端末の性能がどのランクに相当するか確認が出来ます!↓

性能区分AnTuTu Ver.8 スコア
ハイエンド
(動作に不満なし)
総合スコア:約40万点以上
GPUスコア:約17万点以上
ミドルレンジ上位
(重いゲームもなんとか)
総合スコア:約30万点〜40万点
GPUスコア:約13万点〜17万点
ミドルレンジ中位
(軽いゲームくらいなら)
総合スコア:約20万点〜30万点
GPUスコア:約6万点〜13万点
ミドルレンジ
(必要最低限)
総合スコア:約10万点〜20万点
GPUスコア:約2万点〜6万点
エントリー
(サブスマホ向き)
総合スコア:約10万点まで
GPUスコア:約2万点まで

▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ!↓

実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ[2020/05/05更新]

LG V60 ThinQ 5Gの対応バンドをチェック!

LG V60 ThinQ 5Gのドコモ回線対応状況

LG V60 ThinQ 5GのLTEですが、全国区をカバーするバンド1や東名阪の高速通信バンド3には対応していますが、残念ながら地下や郊外での繋がりやすさを左右するプラチナバンドの19に非対応です。。。また、3Gも山岳地帯や農村地区をカバーするFOMAプラスエリアのバンド6には対応していません。。。

LG V60 ThinQ 5Gはドコモ回線で利用する複数のバンドに対応していますが、ドコモが販売する端末よりエリアが狭くなったり圏外率が高くなる可能性があります!

LG V60 ThinQ 5Gのソフトバンク回線、ワイモバイル回線の対応状況

ZTE Axon 10 Pro 5Gはソフトバンクで発売している端末のため、ソフトバンク及びワイモバイル回線にフル対応しております!また、ソフトバンクの5G対応バンドにも対応しています!

ただしソフトバンクのSIMロックがかかっている状態なので、ワイモバイル含めた他社で使用する際はソフトバンク側でSIMロック解除の手続きを行ってください!

▼ガルマックスがオススメするソフトバンク&ワイモバイル回線の格安SIMはこれ!↓

LG V60 ThinQ 5Gのau回線対応状況

LG V60 ThinQ 5Gは通話もデータ通信もLTEを利用するau VoLTE SIMのバンドの26に対応しています。しかしながらau回線はSIMフリーや他社のスマートフォンと相性が悪く、表記ではバンドに対応していても実際に利用できない場合も多々あるので、実際にLG V60 ThinQ 5Gでau VoLTE SIMが利用できる確証を得てから検討して下さい。

auでは相互通信テストをクリアしていないとVoLTEが利用できない場合が多いので確認してみましょう!

LG V60 ThinQ 5Gの気になる特徴をご紹介するよ!

専用カバーで2画面スタイルに変化!

▼LG V60 ThinQ 5Gの一番の特徴、それは専用ケースにあり。専用ケースは一見するとただの手帳型ケースなんですが、カチョっとハメ込めば2画面スマホに変身!

見た目のインパクトだけではありません。実用性にも優れているんです。

▼これは前に編集長が実機レビューした先代LG G8X ThinQの写真なんですが、2画面ならアプリの同時起動はもちろん、ゲーム中であれば片方をゲーム画面、もう片方をゲーム操作パッド代わりにしたりってこともできちゃう!変態ギミックに見えてかなり実用性に長けているんです。横向きなら、まるでノートパソコンみたいに。↓

LG G8X ThinQ

ディスプレイは「どっちも」ノッチ搭載

▼さてLG V60 ThinQ 5Gのディスプレイを見てみましょう!ディスプレイサイズは6.8インチと一回り大きなサイズ!ゲーム、エンタメでは迫力あふれるサイズ感がウリっす。↓

LG V60 ThinQ 5G

先代モデルのLG G8X ThinQは6.4インチなのでLG V60 ThinQ 5Gはより大画面になっております!サイズアップにより片手操作はもはや無理そうな印象なんですが、LG V60 ThinQ 5Gの用途的に両手操作を前提としているんでここは妥協したほうが良さそう(´・ω・`)☆

▼で、カバーのサブディスプレイにもなぜか同じ水滴ノッチが入っているのも気になるポイント。↓

LG V60 ThinQ 5Gたぶん画面形状をおんなじにすることで製造コスト減らしている可能性アリ。先代LG G8X ThinQの価格もハイエンドで5万円とかなり高コスパだったためにこの説が濃厚…と筆者柳生は予想してる!

LGらしいルックス。カメラはトリプルで画素数デカーい!

▼LG V60 ThinQ 5Gの外観!オトナでシブいパープルボディが特徴的!カラー名はブルーっぽいけど、なんだか紫っぽい印象です!カラーはブルー1色のみです。↓

LG V60 ThinQ 5G

▼カメラはアクセントカラーに包まれた美しい造形が特徴的!そのスタイルはこれまでのLGスマホっぽさも感じられます。↓

LG V60 ThinQ 5G

カメラ構成は64MPのメイン+13MPの超広角カメラを搭載!さらにToFセンサーを配置した構造です。

メインカメラは64MPというフラグシップスマホでも限られた機種にしか見られない位高いです!出来上がった画像の解像度もかなり大きく、それだけキメ細やかな品質にも期待できそうです。AIにも対応し、撮影シーンによって色調などを調整してくれるので一発でインスタ映えなお手軽さも魅力的っす。13MPの超広角カメラもあるんで、1歩引きたいような状況や広く撮影したい状況で便利!

▼サンプルショットはないのでカメラの実力は未知数なんですが、専用ケースのおかげで角度が自由につけられ、こんな感じでローアングルの写真もカンタンに撮影できちゃうメリットも!タテ折りスマホであるGalaxy Z Flipのような高度な撮影も可能!画像はLG G8X ThinQです!↓

LG G8X ThinQ

撮影した写真のプレビューはもう1つの画面に即表示されて確認もしやすくたいへん便利。画面付き一眼レフのような利便性も備えているんですよね。これ見ただけで欲しくなっちまう魔の魅力。それがLG V60 ThinQ 5Gにあるんです。

おそらくGoogleアシスタント?気になる謎のボタンがある

▼LG V60 ThinQ 5Gの本体をよく見ると、電源と音量キーの他にもう1つボタンがくっついている!↓

LG V60 ThinQ 5G

詳細が書いていないので確定はできませんが、おそらくGoogleアシスタントを呼び出せるボタンと思われます!一発で音声検索できる便利な機能!もしくはアプリ起動といった便利な設定ができるボタンかも?とても気になるポイント。

LG V60 ThinQ 5Gまとめ!見た目も機能性も超期待の星!

当ガルマックスでは編集長ことナオキさんがじーっくり先代モデルのLG G8X ThinQをレビューしており、超実用的で評判!ガルマックスゴールドアワードを取得する位の素晴らしい機種でした。

今回のLG V60 ThinQ 5Gは先代LG G8X ThinQと同様の2画面モデルかつ、SoCや画面サイズ、カメラをアップグレートしたモデル!そして5G対応!ソフトバンク販売モデルでデュアルSIMが潰されていたりという点を除けば非常に期待できる1台なんです!

なお価格は未だ非公表。ここがとてもワクワクするポイントっすね。先代モデルのLG G8X ThinQは5万円台という破格の安さで良コスパ!LG V60 ThinQ 5Gの価格にも期待できそう。。。今後がとても待ち遠しい!そんな1台なのでした。実機さわりてー!!!

価格情報などが入り次第、TwitterFacebookでお伝えするのでフォローよろしくお願い致します!

▼2画面スマホの先代モデルLG G8X ThinQの実機レビューはこちらからどうぞ!2画面スマホのよさを感じてみましょう。↓

LG G8X ThinQのレビュー!実機を使って気にいった・気になったポイントまとめ!

LG V60 ThinQ 5Gの割引クーポン・セール・購入先まとめ!

この項目ではLG V60 ThinQ 5Gをお得に手に入れるために情報をまとめています!

割引クーポンの発行とセールの開催状況

現在、LG V60 ThinQ 5Gの割引クーポンの発行やセールの開催が無いので、割引クーポン発行時や割引セールが開始された時はTwitterFacebookでお伝えします!

LG V60 ThinQ 5Gの購入先情報

LG V60 ThinQ 5Gは以下で取り扱っています!

LG V60 ThinQ 5Gの公式サイト

LG V60 ThinQ 5Gの公式サイトは以下です!

ページトップへ