ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

moto g7 POWER発表。税込み27,864円の大容量バッテリー搭載モデル

回線選びに失敗したくない方向け

↓回線品質良好。利用料金が安いのに大手キャリアと使い勝手が大きく変わらないのが最大の魅力です。長期レビューをチェックしてみて下さい。↓

知らない方は一読どうぞ。
↓僕も加入してます。月額たったの700円でスマホもタブレットも1契約で3端末まで保険対象。
「知らない」と比較して選ぶ事も出来ません。是非、チェックしてみて下さい!↓

モトローラ・ジャパンは日本SIMフリー市場向けに「moto g7 POWER」を発表。大容量バッテリーを搭載するミドルレンジスマートフォンで、価格は税込み27,864円、発売予定日は6月7日。

モトローラ・ジャパンはmoto g7 POWER以外にもmoto g7とmoto g7 POWERも国内SIMフリー市場向けに投入を発表。各端末に関しては以下を参照下さい

moto g7 PLUS、SIMフリーで登場。価格41,904円のミドルレンジモデル

moto g7発表。税込み33,264円で国内SIMフリー投入

moto g7 POWERの特徴

moto g7 POWERはドコモ、ソフトバンクの対応バンドにフル対応。SoCにミドルレンジ帯となるSnapdragon 632、メモリ4GB、容量64GBの構成となりMicroSDで最大512GBの容量を拡張できるほか、Android 9を採用する。moto g7及びmoto g7 PLUSとは異なり、au VoLTE SIMに対応するLTEバンド18および26には非対応となっている。

ディスプレイサイズは6.2型IPS液晶、解像度は1520 x720。19:9の縦長ノッチ付きディスプレイを搭載する。moto g7シリーズではFHD+解像度ですが、moto g7 POWERはHD+と仕様が異なるほか、ノッチはやや幅の広い形状となっている。

カメラは1200万画素のシングルカメラを搭載。位相差オートフォーカス(PDAF)で素早いフォーカスが可能。

機能面では4G+3GのDSDS(2回線同時待ち受け機能)に対応することで、様々な回線の組み合わせでDSDSを利用可能。

バッテリー容量はg7シリーズの中で最も容量の多い5000mAh。15Wターボパワーチャージャーにより大容量バッテリーを素早く充電可能。

主な仕様は以下の通り

  • Android 9
  • Snapdragon 632
  • メモリ4GB
  • 容量64GB
  • 6.2インチ、1,520 x720 (HD+, 271 ppi) LTPS液晶
  • 4G:B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B19 / B20 / B28 / B38 / B40 / B41
  • 3G:B1 / B2 / B5 / B8 / B19(B6含む)
  • 2G:850MHz / 900MHz / 1800MHz / 1900MHz
  • IEEE802.11 a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)
  • Bluetooth® 5.0
  • 背面:1,200万画素(f/2.0、1.25μm)
  • 前面:800万画素(f/2.2、1.12μm)
  • 高さ約159.4mm x 幅約75.3mm x 厚さ約9.3mm
  • 約193g
  • 5000mAhバッテリー(15W充電対応)

詳細スペックは以下の記事をご確認下さい

moto g7 Power(日本版)のスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

発売日は2019年6月7日予定。公式ストアでは予約を開始しており、数量限定でMicroSDカード(64GB)ーをセットで販売中です。価格は税込み27,864円。

モトローラ・ジャパンはmoto g7 POWER以外にもmoto g7とmoto g7 POWERも国内SIMフリー市場向けに投入を発表。各端末に関しては以下を参照下さい

moto g7 PLUS、SIMフリーで登場。価格41,904円のミドルレンジモデル

moto g7発表。税込み33,264円で国内SIMフリー投入

ページトップへ