▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB”以上”使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

moto g7 Power(日本版)のスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!


Ymobileバナー

本記事では「moto g7 Power(日本版)」のスペック、対応バンド、価格、特徴をまとめています!

スペックデータベース登録済み

日本発売決定!

本記事で紹介しているmoto g7 Powerは日本市場向けモデルの投入が決定!記事は日本モデルを対象に執筆しています!選択肢が増えるのは嬉しいですね!

読者様からのレビューを募集中!

本機の読者レビュー投稿を募集しています!実機をお持ちの方は是非、読者レビューをご投稿下さい!ご投稿頂いた方は最大5,000円分のAmazonギフトをプレゼント中です!読者レビュー投稿に興味の有る方は以下をご覧下さい!

moto g7 Power(日本版)の詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度ランク
製品情報
端末名 moto g7 Power(日本版)
発売年 2019年6月(日本)
発売地域 日本:SIMフリー
メーカー Motorola
言語 日本語対応
Googleサービス対応
対応バンド・ネットワーク
2G 850/900/1800/1900MHz
3G 1/2/5/8/19(B6含む)
4G 1/2/3/4/5/7/8/19/20/28/38/40/41
ドコモ対応状況

フル対応
プラチナバンド19対応
FOMAプラスエリア対応

ソフバン・ワイモバ対応状況

フル対応
プラチナバンド8対応

au対応状況

非対応

SIMサイズ・スロット NanoSIM×2
ネットワーク関連備考 DSDS対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
Bluetooth 4.2
本体仕様
ディスプレイ 6.2インチ/IPS/画面占有率81.4%
解像度 1520×720/HD+/画面比率19:9
画素密度 271ppi/ドットの粗さが気になるかも
サイズ 高さ159.4mm
横幅75.3mm
厚さ9.3mm 
重さ 193
本体色 セラミックブラック
システム仕様
OS Android 9.0
SoC Qualcomm Snapdragon 632
CPU Kryo 250 Gold×4/Kryo 250 Silver×4/1.8GHz/8コア
GPU Adreno 506
ベンチマーク AnTuTu(参考値):総合スコア約100000点、GPUスコア約13000点
Geekbench(参考値):シングルコア約1200点、マルチコア約800点
メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ4GB+容量64GB
ストレージカード MicroSD対応/最大512GB/片方のSIMスロット共用
カメラ
メインカメラ 12MP
1カメラ仕様
F値1.2
PXサイズ1.25μm
PDAF
前面カメラ 8MP
F値2.2
PXサイズ1.12μm
カメラ備考 最大画素数/1080P、最大FPS/30FPS
機能仕様・センサー
GPS GPS、A-GPS
センサー 指紋認証(背面)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 防滴
イヤホンジャック あり
ネットワーク機能 FMラジオ
バッテリー
バッテリー容量 5000mAh
充電 有線充電:15W
ワイヤレス充電:非対応
ポート USB Type-C
その他
価格 27,864円
公式サイト

公式サイト

購入先/割引情報

公式ストア

スペック表に関する免責事項

moto g7 Power(日本版)の発売時期と価格

moto g7 Power(日本版)の発売時期は2019年6月頃で、価格は税込み27,864円です。

moto g7 Power(日本版)の発売状況

moto g7は海外で2019年3月に発売済みのモデルで、2019年6月に日本向けにチューニングされたmoto g7 Power(日本版)がリリースとなります。

moto g7 Power(日本版)のAnTuTuベンチマークをチェック

AnTuTu 最新

まだmoto g7 Power(日本版)実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「Snapdragon 632」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。

  • Snapdragon 632(参考):総合スコア約100000点、GPUスコア約13000点

moto g7 Power(日本版)の性能をチェック!

moto g7 Power(日本版)はSoCにSnapdragon 632を搭載するミドルレンジ端末。Snapdragon 632のベンチマーク的にはミドルレンジ帯で中間クラス。

moto g7 Power(日本版)ならWEB閲覧や動画視聴、LINEやメール、SNSなど一般的な使い方で不満を抱くことは少ないですが、ハイエンド端末と比較した場合、全体的に動作のキビキビ感を感じるシーンは少なくなる性能です。

また、ゲーム性能も高くはないので、リッチな描写のゲームは起動するけれど熱中できるほどゲームが快適に動いてくれることは少ないです。ゲームで遊ぶなら軽めの3Dゲーム、パズルやカードゲームくらいが関の山。

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の平均スコアです。新しい世代に切り替わるとリストのスコアも切り替えるので、現時点でmoto g7 Power(日本版)が搭載するSnapdragon 632の性能がどのランクに相当するかいつでも確認が出来ます!

855
(ハイエンド)
710
(ミドルレンジ最上位)
660
(ミドルレンジ上位)
630
(ミドルレンジ)
450
(エントリー)
総合:約36.2万点
3D:約15.7万点
総合:約16.5万点
3D:約4.7万点
総合:約13.5万点
3D:約2.9万点
総合:約8.6万点
3D:約1.8万点
総合:約7.1万点
3D:約1.2万点

▼実機をお持ちの方は是非AnTuTuベンチマークスコアをご投稿下さい!初回投稿の方は本記事に投稿頂いたベンチマークを掲載致します!

  • ▼AnTuTuベンチマークスコア募集中!▼
    スマートフォンは日々進化しており、例えば去年のミドルスペックと今年のミドルスペックでは同じ性能帯でも性能差があります。理由は処理チップにも世代があり、新世代になると性能も大きく向上するためです。SIMフリー端末はキャリアに縛られない汎用性の高さから、今後は中古市場でも人気が高くなると予想しています。
  • そこで、端末の性能を数値化するAnTuTuベンチマークアプリを用いて実機のスコアを収集し、新端末や中古端末を選ぶ際の1つの指標となるように日々実機を用いたAnTuTuベンチマークスコアを以下の記事でまとめて公開しています。もし、実機AnTuTuベンチマークスコアを提供してもいいよ!(端末は全機種対象)という方は以下の記事に投稿方法も記載しているのでチェックしてみて下さいね!
  • 【関連】スマートフォンの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

moto g7 Power(日本版)の対応バンドをチェック!

moto g7 Power(日本版)は海外スマートフォンなので技適に関してはご留意下さい。

moto g7 Power(日本版)の対応バンドは以下。

  • 2G:850/900/1800/1900MHz
  • 3G:1/2/5/8/19(B6含む)
  • 4G:1/2/3/4/5/7/8/19/20/28/38/40/41

moto g7 Power(日本版)のドコモ回線対応状況

moto g7 Power(日本版)のLTEは全国区をカバーするバンド1、東名阪の高速通信バンド3、地下や郊外の繋がりやすさを左右するプラチナバンドの19に対応。3Gも主力のバンド1に加え山岳地帯や農村地区をカバーするFOMAプラスエリアに対応しています。

moto g7 Power(日本版)はドコモで販売する端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で通信できる対応バンド構成となっています。

▼本端末のバンドに合致!ガルマックスがオススメするドコモ回線SIMはこれ!↓

moto g7 Power(日本版)のソフトバンク回線、ワイモバイル回線の対応状況

ソフトバンクとワイモバイルは同じ回線を利用しているので合わせて紹介。

moto g7 Power(日本版)のLTEは主力のバンド1、補助バンドの3、プラチナバンドの8に対応。また、通信方式の異なるTDD-LTEのバンド41にも対応。3Gも通信に必要なバンド1および8に対応しています。

moto g7 Power(日本版)はソフトバンクやワイモバイルで販売している端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で通信できる対応バンド構成となっています。

ワイモバイル回線やソフトバンク回線を利用する格安SIMを利用している方は気にしなくて良いのですが、ソフトバンク純正のAndroid SIMを利用している方は注意が必要です。

ソフトバンクでAndroid端末を購入した時に付属するSIMはAndroid用SIMで、SIMと端末が紐づけされています。このため、異なるAndroid端末での利用は通信できない制限が発生する場合があります。Android SIMを利用している方はソフトバンクショップで機種変更手続きが必要ですが、その際に技適の確認が有るみたいです。

海外でmoto g7 Power(日本版)をソフトバンクのローミングサービスで利用したいと考えている方は、購入前にソフトバンクショップで相談してみましょう。

▼本端末のバンドに合致!ガルマックスがオススメするソフトバンク&ワイモバイル回線SIMはこれ!↓

moto g7 Power(日本版)のau回線対応状況

moto g7 Power(日本版)は通話もデータもLTEを利用するau VoLTE SIMで必須となるバンドに対応していないので非対応です。

moto g7 Power(日本版)の特徴をチェック

moto g7 Power(日本版)は2019年6月時点で最新のAndroid 9を搭載。独自機能として親切ディスプレイなどが含まれるMotoディスプレイ、様々なショートカット操作が可能なMotoアクションなど独自機能にも対応しています。

最も特徴的な仕様はバッテリー。一般的なスマートフォンが3000mAh前後のバッテリー容量に対し、moto g7 Power(日本版)は5000mAhの大容量バッテリーを搭載している事が特徴です。バッテリー容量が多くなると利用できる時間もグッと向上するので、沢山スマートフォンを利用する方に向いています。

価格も3万円を切る安さ。おそらくMVNO(格安SIM)での抱合せ販売も始まるはずなので、セット購入で更に安く購入できる可能性が高いです。

低価格ながら必要最低限の性能は持っているので、「必要最低限利用できれば良い」という考えであれば検討に値する製品です。

▼バッテリー容量は減りますが、処理性能が同じでノッチが小型化され画面が綺麗になり、デュアルカメラを搭載したmoto g7(日本版)の情報は以下からどうぞ。au回線自体は対応してます。↓

moto g7(日本版)のスペック、対応バンド、価格、特徴!

▼moto g7シリーズの最上位モデル。デュアルカメラは手ぶれ補正対応。前面カメラ+TOFカメラを搭載。auの回線自体には対応しています。↓

moto g7 Plus(日本版)のスペック、対応バンド、価格、特徴!

おサイフケータイには対応していない

moto g7 Power(日本版)はおサイフケータイに対応していないので、既にFeliCa搭載端末でおサイフケータイ機能をフル活用している方はmoto g7 Power(日本版)に乗り換えるとライフスタイルまで変わることになるので注意。

最近流行りのQRコード決済(PayPay、LINEペイ、楽天ペイなど)は利用可能です。

DSDSに対応しているので低価格で大容量データが利用できるスマホを構築出来る

moto g7 Power(日本版)は4G+3Gに対応するDSDSに対応しているので、2つの電話番号を1台のmoto g7 Power(日本版)で発着信したり、音声通話SIMとデータSIMを分けて管理することで、大手キャリアや格安SIMでは実現出来ないような超低価格で超大容量データを利用できるスマホを構築することが可能です。

【本端末でも実現可能!】DSDVやDSDS機能を利用して激安で高品質な大容量データ通信が可能な構築方法を以下の記事で詳しく解説しているのでチェックしてみて下さいね!↓

moto g7 Power(日本版)の公式サイト

moto g7 Power(日本版)の公式サイトは以下です。

moto g7 Power(日本版)の購入先情報

moto g7 Power(日本版)は以下で取り扱っています。

ページトップへ