ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

[月額3,000円台?!]音声通話+高品質な100GB/300GBのデータ通信が使えるスマホの作り方[解説]

ギガが足りない。毎月のスマホ代がヤバイ。そんな方は激安で音声通話+高品質な100GB以上のデータ通信が使えるスマホを作りましょう。

例えば

  • お子さんのギガの消費が激しくて困っている
  • スマホのテザリングを利用してパソコンもガンガン使いたい
  • 格安SIMじゃない高品質なデータ通信を使いまくりたい
  • スマホのモバイル通信で動画をガンガン見たい

と思っているアナタは要チェック。

どのくらい安くなるの?

本記事で紹介する音声通話+高品質な100GB以上のデータ通信が使えるスマホの目安料金は以下の通り(音声通話プラン料金含む)

  • 〜100GB:月額約3,600円くらい(IP電話だと約3,300円くらい)
  • 〜300GB:月額約4,400円(IP電話だと約4,100円くらい)

大手キャリアって単身契約だと1GB使えて4500円くらい。そう考えると、紹介する方法ってめちゃくちゃ安いんですよね。すっごく胡散臭く感じる可能性大なんですが、ガルマックスで紹介してから「これ、ヤバすぎ」って超大流行してます。

最強のスマホを作る時に用意するもの

音声通話+高品質で大容量なデータ通信が使えるスマホを作る時に用意するものを紹介。

100GBまで/300GBまで使えるWi-Fi系SIM

ソフトバンク回線を利用するWi-Fi系のSIMを用意しましょう!以下の記事で100Gまで使えるプラン、300GBまで使えるプランを事務手数料込みで1年/2年のトータルコスト比較しています!

最安ブランドはどこだ!月間100GB/300GBが激安で使える「WiFi系SIM」の利用料金を比較!

音声通話SIMは自由に選んでOK

音声通話SIMは自由に選んで頂いてOKです。回線キャリアも自由です。

本記事では最安構成で月額を紹介していますが、任意の音声通話の月額+データSIM月額の合算がトータルの月額となるので、選択する音声通話SIMの内容により月額が変動します。

本記事で紹介した「目安価格」に含まれている音声通話SIMは「0SIM」→0SIM終了するってよ。

2020年2月18日追記:我らが0SIMがサービス終了するってよ。残念。という訳でWi-Fi系SIMと相性の良い音声通話SIMやサービスを以下で纏めました!

Wi-Fi系SIMと相性が良い音声通話SIM・サービスまとめ

冒頭で紹介していた以下の価格

  • 〜100GB:月額約3,600円
  • 〜300GB:月額約4,400円

これらの月額は音声通話SIM+各データプランを合算した月額です。この中で音声通話SIMでピックアップしたのが0 SIMというサービス。IP電話ではなく携帯電話番号が付与され月額700円で利用可能です。

欠点は従量課金(通話しただけ通話料を支払うタイプ)であることです。なので、電話はそれほど利用しない&通話はLINEなどを利用する方に向いてます。

利点は携帯電話番号が付与されるので緊急電話を利用することが出来るなど、普通のスマホと変わらない使い方が出来ることです。

IP電話を活用することで更に安く出来る

例えば、音声通話側に050 plus(月額300円)を利用すると目安価格よりも400円安く運用することが可能です。

  • 〜100GB:月額約3,300円
  • 〜300GB:月額約4,100円

利点は050から始まる電話番号が付与されるので、携帯番号と同じように外部から電話番号宛に着信を受けることが出来ます。

欠点はフリーダイヤルが利用できない、緊急電話が利用できない(最寄りの警察署の番号などを登録しておいたほうが良い)、通話品質が電話回線よりも劣ります。

よくあるLINE通話もIP電話と同じ様な仕組みでインターネット回線を利用して通話していますが、LINE通話はお互いが登録していないと通話出来ないことに対し、IP電話は番号が付与されるので使い勝手は携帯番号に近いです。

2回線同時待ち受け機能を利用できるSIMフリースマートフォン

モナWi-Fiで大容量データが利用できるスマホを構築するにはDSDS又はDSDVに対応する端末が必要

音声通話+高品質な100GB以上のデータ通信が使えるスマホを作る時に超重要なのがスマートフォン選び。前述した通り、データSIMと音声SIMを分けるので、2枚のSIMを利用できるSIMフリースマートフォンが必要です。

この2枚のSIMを1台のSIMフリースマートフォンで利用するには、2回線同時待ち受け機能(DSDSやDSDV)に対応しているスマートフォンが必要となります。

注意点ですが、本記事で紹介しているデータSIMはソフトバンク回線を利用しています。一方で音声通話SIMは回線を自由に選べるんですが、例えば音声通話にドコモ回線を利用する場合は「ドコモとソフトバンクの回線が利用できるスマホ」が必要になります。選択する音声通話SIMの回線により組み合わせパターンが異なるので、以下に纏めておきます。

  • 音声通話にドコモ回線を使う:ドコモ回線とソフトバンク回線に対応するDSDSまたはDSDVに対応するSIMフリースマートフォンが必要。
  • 音声通話にau回線を使う:au VoLTE SIMとソフトバンク回線に対応するDSDVに対応するSIMフリースマートフォンが必要。
  • 音声通話にソフトバンク回線を使う;ソフトバンク回線に対応するDSDSまたはDSDVに対応するSIMフリースマートフォンが必要。
  • 音声通話にワイモバイル回線を使う:ソフトバンク回線に対応するDSDSまたはDSDVに対応するSIMフリースマートフォンが必要。

音声通話にドコモ回線を利用する方はDSDSまたはDSDVに対応する機種を選ぶ

音声通話にドコモ回線を利用する場合は、2回線同時待ち受け機能の「DSDS(デュアル・シム・デュアル・スタンバイ)」または「DSDV(デュアル・シム・デュアル・ボルテ)」に対応している必要があります。

DSDSは音声通話にVoLTEが利用できなくなりますが、その代りに選択出来る機種が増えます。DSDVは音声通話でもVoLTEが利用できます。どちらを選んでも問題ありませんが、どうせなら新しい機能のDSDV対応機種がオススメ。

音声通話にドコモ回線を利用する予定の方は、家電量販店で機種を選ぶ時にスタッフさんに「ドコモ回線とソフトバンク回線にフル対応していて、DSDSかDSDVに対応している機種はどれですか?」と聞けばOK。

音声通話にau回線を利用する方はDSDVに対応する機種を選ぶ

音声通話にau回線(au VoLTE SIM)を利用する場合は、2回線同時待ち受け機能の「DSDV(デュアル・シム・デュアル・ボルテ)」に対応している必要があります。

難しい話は置いといて、au回線(au VoLTE SIM)を音声通話で利用する場合は必ずDSDVに対応しているスマートフォンを選びましょう。間違えてDSDS機種を選ぶとだとデータ通信の速度が遅くなるので注意。

音声通話にau回線(au VoLTE SIM)を利用する予定の方は、家電量販店で機種を選ぶ時にスタッフさんに「au回線(au VoLTE SIM)とソフトバンク回線にフル対応していて、DSDVに対応している機種はどれですか?」と聞けばOK。

音声通話にソフトバンク回線(ワイモバイル回線)を利用する方はDSDSまたはDSDVに対応する機種を選ぶ

音声通話にソフトバンク回線(ワイモバイル回線)を利用する場合は、2回線同時待ち受け機能の「DSDS(デュアル・シム・デュアル・スタンバイ)」または「DSDV(デュアル・シム・デュアル・ボルテ)」に対応している必要があります。

DSDSは音声通話にVoLTEが利用できなくなりますが、その代りに選択出来る機種が増えます。DSDVは音声通話でもVoLTEが利用できます。どちらを選んでも問題ありませんが、どうせなら新しい機能のDSDV対応機種がオススメ。

音声通話にソフトバンク回線(ワイモバイル回線)を利用する予定の方は、家電量販店で機種を選ぶ時にスタッフさんに「ソフトバンク回線(ワイモバイル回線)にフル対応していて、DSDSかDSDVに対応している機種はどれですか?」と聞けばOK。

スマートフォンで適切な設定を行う

必要なものが揃ったら、後はスマートフォンで設定するだけでOK。

▼音声通話SIMとデータSIMをSIMフリースマートフォンのSIMトレイに挿入しましょう。SIMトレイはSIM 1とSIM 2で表示されているはずなので、どちらのスロットにデータSIMを挿入したか覚えておきましょう。後の設定で音声通話SIMとデータSIMの通信設定を行うの際に挿入したSIMスロットを覚えていないと再度挿入したSIMを確認するはめになります。↓

▼続いて、音声通話SIMとデータSIMでの通信設定(APN設定)を行いましょう。APNの設定方法は回線サービス業者により異なるので、分からない場合は回線サービスを提供する会社に問い合わせましょう。↓

必ずSMSは音声通話に設定すること

SMSは電話番号を利用したメッセージサービスです。データSIMも一応電話番号が付与されているんですがSMSでの利用は想定されていないので、データSIMでSMSを送信すると5,000円の利用料が発生する可能性があります。

2回線同時待ち受け機能を搭載しているスマートフォンは、どちらのSIMで「通話」「SMS」「データ通信」を行うか設定が出来るので、先程のペナルティーを防ぐためにも必ず設定時にSMSは「音声通話SIM」で利用するように設定しましょう。

▼今回のサンプルはSIM 1に音声通話のドコモSIMを挿入しているので、SMS設定ではSIM 1を利用するように設定しています。↓

これで最強のスマホ完成です。是非、活用して下さい!

注意点や少々テクニカルな部分もあるんですが、そこさえ乗り越えれば超低価格で大手キャリア回線品質のデータ通信をガンガン利用できるスマートフォンを作れてしまいます。

毎月データ容量が足りずに困っている方、大手キャリアの大容量プランでも足りない方、お子さんのデータ消費量が多くて困っている方は是非、活用頂ければと思います!

本記事で紹介したデータ通信SIM利用料金は全てガルマックスと各社のタイアップキャンペーン価格となりますので、データSIMの申込みは以下からどうぞ!

最安ブランドはどこだ!月間100GB/300GBが激安で使える「WiFi系SIM」の利用料金を比較!

ページトップへ