▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB”以上”使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

moto g7発表。税込み33,264円で国内SIMフリー投入

モトローラ・ジャパンが日本国内向けにミドルレンジモデルの「moto g7」SIMフリーモデル投入を発表。発売予定日は2019年6月7日で価格は税込み33,264円。

上位モデルとなるmoto g7 PLUSと大容量バッテリーを搭載するmoto g7 POWERは以下の記事を参照下さい

moto g7 PLUS、SIMフリーで登場。価格41,904円のミドルレンジモデル

moto g7 POWER発表。税込み27,864円の大容量バッテリー搭載モデル

moto g7の特徴

moto g7はドコモ、au、ソフトバンクの対応バンドにフル対応。SoCにミドルレンジ帯となるSnapdragon 632、メモリ4GB、容量64GBの構成となりMicroSDで最大512GBの容量を拡張できるほか、Android 9を採用する。なお、moto g7 PLUSはSnapdragon 636を搭載しておりmoto g7は若干処理性能が低い。

ディスプレイサイズは6.24型LTPS液晶、解像度は2270×1080。19:9の縦長ノッチ付きディスプレイを搭載する。こちらもmoto g7 PLUSはディスプレイにIPS液晶を搭載するなど若干の差別化を図っている。

カメラは1200万画素+500万画素のデュアルカメラを搭載。インカメラは800万画素カメラを備える。

機能面では4G+3GのDSDS(2回線同時待ち受け機能)に対応することで、様々な回線の組み合わせでDSDSを利用可能。

バッテリー容量は3000mAh。15Wターボパワーチャージャーにより15分で9時間分の充電が可能。

主な仕様は以下の通り

  • Android 9
  • Snapdragon 632
  • メモリ4GB
  • 容量64GB
  • 6.2インチ、2,270 x1,080 (フルHD+, 403ppi) LTPS液晶
  • 4G:B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28 / B38 / B40 / B41
  • 3G:B1 / B2 / B5 / B8 / B19(B6含む)
  • 2G:850MHz / 900MHz / 1800MHz / 1900MHz
  • IEEE802.11 a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)
  • Bluetooth® 4.2
  • NFC
  • 背面:1,200万画素(f/1.8、1.25μm)+500万画素デュアルカメラ
  • 前面:800万画素(f/2.2、1.12μm)
  • 高さ約157mm x 幅約75.3mm x 厚さ約7.92mm
  • 約174g
  • 3000mAhバッテリー(15W充電対応)

発売日は2019年6月7日予定。公式ストアでは予約を開始しており、数量限定でMicroSDカード(64GB)をセットで販売中です。価格は税込み33,264円

上位モデルとなるmoto g7 PLUSと大容量バッテリーを搭載するmoto g7 POWERは以下の記事を参照下さい

moto g7 PLUS、SIMフリーで登場。価格41,904円のミドルレンジモデル

moto g7 POWER発表。税込み27,864円の大容量バッテリー搭載モデル

ページトップへ