ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

[ゲーマー必見]MUJA SMART TOUCH PADで最上級の操作性を手に入れよう

回線選びに失敗したくない方向け

↓回線品質良好。利用料金が安いのに大手キャリアと使い勝手が大きく変わらないのが最大の魅力です。長期レビューをチェックしてみて下さい。↓

知らない方は一読どうぞ。
↓僕も加入してます。月額たったの700円でスマホもタブレットも1契約で3端末まで保険対象。
「知らない」と比較して選ぶ事も出来ません。是非、チェックしてみて下さい!↓

MUJA SMART TOUCH PAD

どうも、ガルマックスの猶木です。

近年、スマートフォンのゲームも超絶進化しておりまして、最近はPUBG mobileでボイスチャット連携しながら夜な夜な遊びまくっております。

スマートフォンゲーム最大の欠点ですが、入力系統が限定的になってしまうことです。例えば、端末を両手で持った状態でPUBG mobileをプレイしていると実質的に両手の親指しか快適に入力できません。

最近は物理的なトリガー入力を追加するアタッチメントが人気ですが、ゲームをプレイするために様々なアタッチメントを取り付けるのは億劫。

入力系統が増えて、なおかつ取り付けが簡単なゲーミングサポートグッズは無いのかと物色しておりましたら、「MUJA SMART TOUCH PAD」なるものを発見しました。

このMUJA SMART TOUCH PAD、まだ発売開始はしておりません。が、ここはガルマックスのネームバリューを活用すべきところで、メーカーに直談判を行い、サンプル品がガルマックスに到着する予定です。

まだ、手元にMUJA SMART TOUCH PADは届いていませんが、僕が魅力的に感じたMUJA SMART TOUCH PADを皆さんと共有したいと思い本記事を執筆しております。

なお、MUJA SMART TOUCH PADはクラウドファンディングサイトの「INDIEGOGO」で出資を募る予定で、早期出資者には50%オフの特典が付きます。残念ながら価格情報はまだ出ていないので情報公開時は追記する形でお伝えします。→価格情報が出たので次の項目に追記してます!

価格情報出ました(2019/02/02更新)

価格情報が出ましたよ!通常価格は99ドル!

早期出資特典として先着200台限定で50%オフの49ドル!200台の限定数が無くなると次点のキャンペーンに推移して300台限定で40%オフの59ドル!出資が早ければ早いほど圧倒的にお得なのでお見逃し無く!

2019年1月30日にINDIEGOGOに登場してから数日で現時点で目標額の76%を達成しているので間もなく目標額を達成する見込みとの情報を得ています!かなり早い段階で相当の出資者がいるようで人気の高さが伺えますね!

出資先は以下からどうぞ!

簡単に入力系統を4つ増やすことが出来る

MUJA SMART TOUCH PAD最大の利点は入力系統を4つ増やすことが出来る事です。しかも、簡単に。

MUJA SMART TOUCH PADを端末の背面に取り付けるだけで入力系統を4つ増やすことが出来るので、ゲーム前に沢山のアタッチメントをスマートフォンに取り付ける必要はありません。↓

MUJA SMART TOUCH PADは4つの入力系統を簡単に増やすことが出来ます。

▼取り付けも簡単で背面の吸盤らしきものを端末背面に貼り付けるだけ。とってもイージーです。気になるのは端末背面素材と吸盤らしきものの相性でしょうか。この点は実機が届いたら様々なスマートフォンに貼り付けて検証してみますね。↓

MUJA SMART TOUCH PADの本体は背面の吸盤でスマートフォンに固定するタイプです。

MUJA SMART TOUCH PADの背面に備わっている4つのタッチセンサーボタンはユーザーが任意にカスタマイズ可能となっています。最近人気の外付けアタッチメントは2系統入力が限界なので、MUJA SMART TOUCH PADはより優位な操作性を得ることが可能です。

1度の充電で36時間の駆動を実現

MUJA SMART TOUCH PADの最大の欠点は利用するための充電が必要なことです。でも、多くのコンシューマーゲームコントローラーは充電式なので特に珍しいことではなく、僕は大きなデメリットとは感じていません。

▼MUJA SMART TOUCH PADは450mAhのバッテリーを搭載しており、1度の充電で36時間も連続プレイが可能です。これだけ連続で遊ぶとMUJA SMART TOUCH PADのバッテリーが切れる前に、僕自身のバッテリーが切れてしまいそうです。↓

MUJA SMART TOUCH PADは450mAhのバッテリーを搭載しており36時間の連続プレイが可能です。

どこぞの偉い人が「ゲームは1日2時間」と言っていましたが、この先人の言葉を守るのであれば18日も充電無しで利用できる計算です。

スマートフォンの排熱を邪魔しない設計

スマートフォンは処理を一生懸命に行うと発熱します。この発熱は大敵で、一定以上の熱をスマホが感知すると故障を防ぐためにスマートフォンは処理性能をセーブして発熱を抑えます。この状態はいわゆるオーバーヒート状態で本来の処理性能を発揮できないことからゲームとしては処理落ち・カクツキという感じで現れます。

▼最近のスマートフォンは効率的に熱を発散するために背面パネル全体から熱を逃していますが、MUJA SMART TOUCH PADを取り付けてもエアーフローが確保される設計なので熱問題に対しても考慮されています。

MUJA SMART TOUCH PADはエアーフローが確保されているので排熱に関しても考慮済みですが、それでも少なからず排熱には影響すると思うので検証が必要です。

但し、無数の吸盤らしきものが端末の背面にペタッと張り付く訳ですから、少なからず熱に対する影響はあるはずです。この点も実機が到着したら検証してみたいところです。

MUJA SMART TOUCH PADまとめ

まだMUJA SMART TOUCH PADの実機が届いていないので、その完成度は未知数です。

例えば、僕が気になっている素材による吸着度合いや発熱問題以外にも、MUJA SMART TOUCH PADがゲーム側の入力系統にどの様に介入して連携するのかも気になります。接続がBluetoothなので、外部コントローラーとして認識するのかな?でも、それだとコントローラー入力に対応しているゲーム以外では使えないよね?

この様な気になる点が現時点で山のように積もっています。

とは言いましても、これだけ簡単に4つの入力系統を増やせるデバイスは中々ありません。自分が本気で遊んでいるゲームで利用できるのであれば嬉しい限りです。現時点以上の情報は実機レビューまでお預けなので、しばらくお待ち下さい。

そうそう、言い忘れていましたがMUJA SMART TOUCH PADはiPhoneなどのiOSデバイス以外にAndroidも対応していますよ。

追記:INDIEGOGOでローンチとなり価格も公開となりました!端末価格は99ドルで、早期出資特典として先着200台限定で50%オフの49ドル!200台の限定数が無くなると次点のキャンペーンに推移して300台限定で40%オフの59ドル!出資が早ければ早いほど圧倒的にお得なのでお見逃し無く!

出資先は以下からどうぞ!

ページトップへ