▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB”以上”使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

OPPO Reno 10x Zoomの日本版が正式発表。価格は99880円

OPPO Reno 10x Zoom

OPPO JAPANが投入を予告していたRenoがついに正式発表されました!ちなみに読み方はレノではなく「リノ」です。執筆者は海外版が発表されてからしばらくの間レノだと思ってました(笑)。

投入されるのは最上位モデル

海外で発売されているRenoシリーズには種類がたくさんありますが、日本で投入されるのはSnapdragon 855搭載、メモリ8GB、保存容量256GBのゴリゴリスペックのものです。

スペック表の信頼度ランク
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
製品情報
端末名 OPPO Reno 10x Zoom
発売年 海外:2019/4
日本:2019/7
発売地域 海外:SIMフリー
日本:SIMフリー
メーカー OPPO
言語 日本語対応
Googleサービス対応
日本のスマホと変わらない使い心地
対応バンド・ネットワーク
2G ↓日本モデル↓
850/900/1800/1900MHz

↓海外モデル↓
850/900/1800/1900MHz/ BC0
3G ↓日本モデル↓
1/2/4/5/6/8/19

↓海外モデル↓
1/2/4/5/6/8/19/BC0
TD-SCDMA: 1900(f)/2000(a)MHz
4G ↓日本モデル↓
FDD:1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28/29/32/66
TDD:34/38/39/40/41

↓海外モデル↓
1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/34/38/39/40/41
ドコモ対応状況

↓日本・海外モデル共通↓
フル対応
プラチナバンド19対応
FOMAプラスエリア対応

ソフバン・ワイモバ対応状況

↓日本・海外モデル共通↓
フル対応
プラチナバンド8対応

au対応状況

↓日本・海外モデル共通↓
フル対応
プラチナバンド対応
(但し通信できるかは実機検証が必要)

SIMサイズ・スロット NanoSIM×2
ネットワーク関連備考 DSDV対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
本体仕様
ディスプレイ 6.6インチ/有機EL/画面占有率93.1%
解像度 2340×1080/画面比率19.5:9
画素密度 387ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ:162mm
横幅:77.2mm
厚さ:9.3mm
重さ 210g
本体色 Fog Sea Green, Extreme Night Black
システム仕様
OS Android 9.0/ColorOS 6
SoC Qualcomm Snapdragon 855
CPU Kryo 485/2.84GHz/8コア
GPU Adreno 640
ベンチマーク AnTuTu(実機):総合スコア約353585点、GPUスコア約152351点
Geekbench(参考値):シングルコア約3400点、マルチコア約10000点
メモリ/保存容量
組み合わせ ↓日本モデル↓
メモリ8GB+容量256GB

↓海外モデル↓
メモリ6GB+容量128GB
メモリ6GB+容量256GB
メモリ8GB+容量256GB
ストレージカード MicroSD対応/NMカード対応/最大256GB/片方のSIMスロット共用
カメラ
メインカメラ 48MP+13MP+8MP
3カメラ仕様

↓48MP↓
SONY IMX586
F値1.7
センサーサイズ:1/2.0
OIS手ぶれ補正

↓13MP↓
F値3
ペリスコープ望遠カメラ

↓8MP↓
F値2.2
120°超広角カメラ
デュアルOIS光学手ブレ補正

↓機能↓
10倍ハイブリッドズーム
PDAF
レーザーオートフォーカス
コントラストフォーカス
デュアルフラッシュライト
スマートHDR
前面カメラ 16MP
1カメラ仕様
F値2.0
79.3°広角レンズ
AI対応
電動ポップアップ式
カメラ備考 最大画素数/4K、最大FPS/60FPS
機能仕様・センサー
GPS A-GPS、GLONASS、BDS、GALILEO、QZSS
センサー 指紋認証(画面内蔵)、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 非対応
イヤホンジャック なし
ネットワーク機能 NFC(FeliCa非対応/おサイフケータイ非対応)
バッテリー
バッテリー容量 4065mAh
充電 有線充電:50W(VOOC FLASH 3.0)
ワイヤレス充電:非対応
ポート USB Type-C
その他
価格 ↓日本モデル↓
99880円

↓海外モデル↓
メモリ6GB+容量128GB(3999元/約6.3万円)
メモリ6GB+容量256GB(4499元/約7.1万円)
メモリ8GB+容量256GB(4799/約7.5万円)
公式サイト

↓日本モデル↓
OPPO Reno 10x zoom

↓海外↓
OPPO Reno 10x zoom

購入先/割引情報

↓海外↓

公式ショップ

アウトカメラは10倍ハイブリッドズーム対応

この商品のネーミングの由来でもありますが、アウトカメラはトリプルレンズで10倍ズームに対応しています。「4800万画素の超高解像度メインカメラ」「1300万画素の望遠カメラ」「800万画素の広角カメラ」の3つのカメラを搭載しており、遠くの被写体のディテールもしっかりと写し出してくれそうです。メインカメラにはSONYのIMX586センサーが採用されています。

また、光学手振れ補正にも対応しています。

▼Renoで撮影された写真のサンプル↓

OPPO Reno 10x Zoom

珍しいインカメラで見た目もカッコいい

OPPO Reno 10x Zoom

最近はどのメーカーも全画面に近いディスプレイを実現するためにインカメラを色んな方法で目立たなくしています。そしてこれはスマホのデザインに直結するポイントです。OPPOもこれまでに水滴型のノッチや飛び出すステルスカメラなどのデザインが出されてきました。先日同社からインカメラをディスプレイの下に内蔵しちゃう技術も発表されましたね。

OPPOの公式プロモで画面内蔵インカメラを確認

今回のRenoは「ピボットライジングカメラ」というものを搭載しています。Find Xのステルスカメラと違って控えめにひょっこりと出てきます。カメラの起動速度は0.8秒とスムーズで、20万回ひょっこりさせても大丈夫だそうです。ナイスひょっこりー!もちろんカメラ起動中にスマホを落としてしまってもひっこんでくれます。

なかなか他にはないデザインなので、持ってると「何それー、見せてー」とか言われそうです。

6.6インチの有機ELディスプレイ、画面内指紋認証も

ディスプレイには暗い色の表現力が高い有機ELが使用されています。サイズは6.6インチ。

▼ひょっこりカメラのおかげでディスプレイの画面占有率は驚異の93.1%です。↓

OPPO Reno 10x Zoom

また、画面内指紋認証にも対応しています。R17シリーズよりも28.5%スピードアップし、よりスムーズにロック解除できるようになったとのことです。

ゲーミングスマホとしても期待大

SoCには最新のSnapdragon 855を使用しているので処理性能はかなり期待できます。また、ゲーマー向けの機能も盛り込まれています。

ゲームブースト 2.0

OPPO Reno 10x Zoom

簡単に言うと、スマホでゲームをしているときに「ラグいな」と感じさせないための機能です。GPUパフォーマンスを調整して快適なゲーム体験を提供してくれます。PUBGモバイルでの効果はタイムラグが44.1%削減、タッチ性能が21.6%向上するとのことです。

冷却システムもすごい

OPPO Reno 10x Zoom

ゲームをしてスマホが熱くなると所謂処理落ちが起こってしまいがちです。そうならないためにRenoには冷却ゲル、三層グラファイト、ヒートパイプ水冷システムのなんと3つの冷却技術を採用。適切な冷却システムを使用することで、デバイスの温度を13%下げることができるらしいです。

ゲームしながら充電もへっちゃら

バッテリーは比較的大容量と言える4065mAh。独自規格のVOOC 3.0に対応しているので充電時間も長くありません。また、ゲーム中に充電しても、端末が熱くなりすぎることなく快適にプレイすることができるのも嬉しいポイント。

カラバリは2種類、発売は7/12

カラーバリエーションはジェットブラックとオーシャングリーンの2種類です。

▼ジェットブラック↓

OPPO Reno 10x Zoom

▼オーシャングリーン↓

OPPO Reno 10x Zoom

価格は99880円+税と結構お高めです。個人的な意見ですがせめて税金入れても10万円以内に収まるようにして欲しかったなー。

既に予約が開始していて、7/12発売予定です。

▼対応バンドの解説など詳しい情報は以下の記事でまとめています!↓

OPPO Reno 10x Zoomのスペック、対応バンド、価格、特徴!

ページトップへ