ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

OUKITEL C16 Pro発表。スペックや特徴をチェック!

▼タイアップキャンペーン!▼

月間100GB以上使える!ガルマックス経由なら長期契約不要で月額2,990円!期間限定&数量限定!お見逃し無く!

OUKITEL C16 Pro

中国のスマホメーカーであるOUKITEL Mobileが「OUKITEL C16 Pro」を発表しました。

海外通販サイトのAliExpressでは既に予約が開始されていて、価格はなんと89ドルからです!1万円でお釣りが出ます!

詳細なスペックに関しては以下のページからどうぞ!

OUKITEL C16 Proのスペック、対応バンドまとめ!

OUKITEL C16 Proの詳細スペック表

スペック表の信頼度ランク
製品情報
端末名 OUKITEL C16 Pro
型番/別名 C16 Pro
発売年 2019年6月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー OUKITEL
言語 日本語対応
Googleサービス対応
日本のスマホと変わらない使い心地
対応バンド・ネットワーク
2G 850/900/1800/1900Mhz
3G 1/8
4G 1/3/7/8/20
ドコモ対応状況

必須バンド非対応
圏外率が高くなったりエリアが狭くなります
プラチナバンド19非対応
FOMAプラスエリア非対応

ソフバン・ワイモバ対応状況

必須バンド対応/LTE 41非対応
プラチナバンド8対応
超混雑時に通信速度が稀に落ちる場合あり

au対応状況

非対応

SIMサイズ・スロット Nano SIM×2+MicroSD
ネットワーク関連備考 2回線同時待ち受け対応
Wi-Fi 802.11 b/g/n
Bluetooth 対応
本体仕様
ディスプレイ 5.71インチ/液晶/画面占有率86%
解像度 1520×720/HD+/画面比率19.5:9
画素密度 294ppi/ドットの粗さが気になるかも
サイズ 高さ146.4mm
横幅70.3mm
厚さ9.5mm
重さ 公式記載無し
本体色 ブラック系/パープル系
システム仕様
OS Android 9.0
SoC MediaTek Helio A22/MT6761P
CPU Cortex-A53×4/2.0GHz/4コア
GPU PowerVR GE8300
ベンチマーク AnTuTu(参考):総合スコア67000点、3Dスコアが8000点
メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ3GB+容量32GB
ストレージカード MicroSD対応/最大128GB/独立スロットあり
カメラ
メインカメラ 8MP+2MP
2カメラ仕様
前面カメラ 5MP
1カメラ仕様
カメラ備考 最大画素数/-、最大FPS/-FPS
機能仕様・センサー
GPS GPS、GPRS、EGSM、WAP
センサー 指紋認証(背面)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 非対応
イヤホンジャック あり
バッテリー
バッテリー容量 2600mAh
充電 有線充電:5W(5V/1A)
ワイヤレス充電:非対応
ポート Micro USB
その他
価格 89.99ドル
公式サイト

OUKITEL C16 Pro

購入先/割引情報

[最新更新]OUKITEL C16 Proの割引クーポン・セール・最安値まとめ

端末詳細記事

OUKITEL C16 Proのスペック、対応バンドまとめ!

スペック表に関する免責事項

100ドル以下でもしっかりメモリ3GB+容量32GB

OUKITEL C16 Pro

この機種のポイントは100ドル以下という低価格でもしっかりメモリ3GB、容量32GBを搭載している点です。

ローエンド帯はハイエンド帯以上に日々新機種が投入されている中華スマホ激戦区です。しかしこの価格帯はメモリは2GB、容量も16GBという感じにとにかく切り詰めた物が多いのですが、OUKITEL C16 Proはしっかりメモリ3GB、容量32GBを搭載しています。

そしてGoogleサービスと日本語にも対応しているとのこと!

AliExpressでは対応言語のスクリーンショットも掲載していました!しっかり日本語が対応していることが分かります。↓

その他にもイヤホンジャックを廃止せずに搭載していたり、SIMスロットがNano SIM×2+MicroSDのトリプルスロット仕様になっていたり、水滴ノッチを採用して画面を広げながら顔認証にも対応する等、100ドル以下でも「ツボを押さえた」構成になっています。ローエンドスマホの鏡のようなスマホですね…。

削られたのはカメラ性能と電池容量

もちろんローエンドらしく削られている部分があり、主にカメラ性能と電池容量。

搭載しているSoCや価格設定的にライバルはXiaomiのRedmi 6Aあたりだと思いますが、カメラ性能と電池容量はあちらの方が上です。

もっとも、カメラ性能をこの価格帯に求めている人は少ないと思います。電池容量が10%以上減っているのでそこでどれだけの差が出るかですね。

カラーバリエーションはブラックとパープルの2色

カラバリはブラックとパープルの2色展開。中華スマホでは流行りのグラデーション塗装ではなく、純粋な単色仕様です。

個人的には、透明ケースを付けながらの普段使いというシーンを考えたらこれくらいシンプルな外観の方が扱いやすいですね。

編集部コメント

OUKITEL C16 Proの付属品にはシリコンケースや保護フィルムも付属しているので、安価ながらお得感も高いですね。

2台目・サブ用に魅力的な一品

この機種構成と性能なので用途は限られます。それでも100ドル以下ではかなり頑張っている一品だと思います。ゲーム以外は大体とりあえずこなせると思える充実っぷりです。

ローエンドスマホ好きとしては発売が待ち遠しいなーと思っています!

OUKITEL C16 Proのスペック、対応バンドまとめ!

[最新更新]OUKITEL C16 Proの割引クーポン・セール・最安値まとめ

ページトップへ