ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

安くて大きいパソコンデスクを半年使ってみたのでレビュー!

  • ▼▼必ずチェック▼▼

    ガルマックスでは期間指定の割引クーポンや期間限定割引などを以下のページで全て告知!お得な情報を見逃さないように!

  • 【関連】期間限定のお得な情報一覧!

超激安なパソコンデスク!

広々としたパソコンデスクが欲しい!でも、出来るだけ安い物がいい!そんな方にピッタリな”コスパ抜群”パソコンデスクをご紹介。

実は、同じ製品を2回購入してます。あまりにも使い勝手が良い事と手の出しやすい価格なので、古くなったタイミングでリピート購入。

私が使っているモデルは最もサイズの大きいタイプですが、用途に合わせて奥行き、幅を選べ、カラーも4種類あるので”とにかく安くて大きい”パソコンデスクを探しているなら要チェック!

奥行き80cm、幅180cmで税込11,990円!しかも送料込み!

私が購入した一番大きいサイズのパソコンデスクは送料込み&税込で11,990円と超激安。

これだけ大きいサイズではおそらく最安値じゃなかろうか。とにかく安いので、結構パソコンデスクを荒く使う私には気兼ねなく使えて超お気に入りです。

奥行き80cmはこれだけのスペースを確保出来る!

一番拘ったのは80cmという奥行き。

デスクトップならモニター+キーボードだけなのでそれほど奥行きは必要ないのですが、ノートパソコンはモニター+ノートパソコンとなるので広いスペースが無いと窮屈なんです。

▼80cmも奥行きがあるとモニター+ノートパソコンを置いても超広々。↓

ディスプレイ+ノートパソコンを置いても20cm以上のスペース(奥行き)を確保出来ます

▼タイピングするときもデスクに腕を置くことが出来るので疲労軽減にも貢献。↓

奥行きがあるのでタイピング時に肘をデスクに置いて作業が可能です。

幅180cmはデュアルモニターでも快適な広さ!

以前は27型のディスプレイを2枚横並びで置いていたのですが、幅が180cmもあるので余裕で置けてました。

現在はブログを書く為のデスクとして使っているので、デスク上を片付ける事無く撮影スペース+執筆スペース+資料を広げることの出来るスペースを確保出来てます。

▼ノートパソコンの右側は資料を広げたり、メモを書いたりするスペースとして活用。↓

パソコンデスク右側には書類を広げたりメモをとったりするスペースとして使ってます。

▼ノートパソコンの左側は撮影ブースとして使用してます。椅子に座った状態で様々な作業ができるので超快適。↓

ノートパソコンの左側は撮影ブース。片付けること無く全ての作業スペースがパソコンデスク上で確保出来ます。

”ライトナチュラル”カラーは傷が目立ちにくい!

1代目のパソコンデスクは”ブラウン”というカラーを購入したのですが、天板はプリントなので傷がつくと下地の色がかなり目立ってました。

というわけで2代目は”ライトナチュラル”カラーを選んだのですが、こっちは下地とプリント天板の色が似ているので傷が目立ちにくい!

また、明るい色なのでホコリも目立ちにくく、部屋も明るく見えるので”ライトナチュラル”はオススメカラー。

▼天板は木目調のプリント天板ですが、特殊加工されているので傷や汚れが付きにくい!

天板はプリントですが、傷と汚れが付きにくいのでさっと拭くだけで綺麗。

価格の割に気の利いた仕様で扱いやすい。

▼ケーブルが壁に挟み込まれない様にケーブル用の凹みがあります。↓

ケーブルが天板と壁に挟み込まない様にケーブル用の凹みが付いてます。

▼ケーブル用の凹みがあるので壁にパソコンデスクをピタッとくっつける事が可能。↓

ケーブルと天板が挟み込まれないので壁にデスクをピッタリくっつけることが可能。物が隙間から落ちないのでGood!

▼パソコンデスクの下側中央付近に補強&目隠し用の板がついているので、ごちゃごちゃしたケーブルを上手く隠す事も出来ます。私は面倒くさいので隠してません。↓

補強用の板がデスク中央に通ってますが、その板が目隠しとなるのでケーブル類がごちゃごちゃしません。

イマイチなポイント。

個人的にリピート購入しているくらいなので相当気に入っているのですが”価格なり”な部分も。

組み立てしなくちゃいけない。正直メッチャしんどかった

まぁ、組み立てた状態で持ってこられても家に入らない可能性が高いので、組み立てなくちゃいけないのは仕方が無いのですが、なんせ、天板は奥行き80cm、幅180cmの一枚物なんで、一人での組み立ては覚悟したほうが良いです。

あと、私は手回しのドライバーを使ったのですが、後から紹介する”スリムチェスト”も同時購入したので、組み立てのネジ締めがかなりしんどかった。電動ドライバーは持っておいた方が絶対良いって思いました。

販売店さんがオススメしている電動ドライバーは1,900円なので、コンビニとかで売っているドライバーセットを1,000円で買うなら電動ドライバー買ったほうが幸せです。何かと使えますしね。

ネジ隠しがシール。気がついたらなくなっているかも

パソコンデスクの両サイドには縦に3本のネジを使用するのですが、このネジ隠しが木目調のシールです。キャップタイプではないので安っぽさ抜群!

▼こんな感じの安っぽいシールで目隠し。暫くしたら剥がれていたのでノリでくっつけた。↓

ネジの目隠しはデスクカラーと同じシールですが、シールと丸わかりな安っぽい感じが漂います。

天板は若干たわみます。

天板は”ハニカム構造”っちゅうやつなんで一枚物の木材や合板ではありません。軽量で強度もあるのですが、それでも中央付近はたわみます。

パソコンデスクとして使う分には全く問題ないですが、例えば何かを加工する為にトンカチで叩くような作業には全く向いてないです。

▼これがハニカム構造ってやつです。天板中央付近は40kgの重量に耐える位なのでデスクに座ったりするとバッキリ割れると思います。

ハニカム構造は蜂の巣の様な中敷きを天板で挟み込んだ感じです

一緒に買って良かった”スリムチェスト”

パソコンデスクとは別売りですが、税込5,990円(こっちは送料が別途990円必要です)で購入できる専用のスリムチェストは購入して正解。パソコンデスクと同じカラーなので一体感も高い!

1代目の時は購入していなかったので、デスク上にペン立てやら細々したものが置かれてごちゃごちゃしてましたが、スリムチェストを購入してからはデスク上がスッキリ。

ちなみにスリムチェストも自分で組み立てるタイプです。

▼私はパソコンデスクの幅が広いので、デスク下にスリムチェストを突っ込んでます。キャスターがついているので引張出すのも楽ちん。

スリムチェストはパソコンデスク様に設計されているので天板下に収納可能です。

▼一段目の引き出しには鍵が付いてます。↓

引き出しの一段目は鍵がついてます

▼天板部も物が置けるようになっているので、百均とかで箱を買って細々したものを収納するのもいいですね。↓

スリムチェストの天板は両サイドと奥がコの字状にセキがあるので物が置けます。

使い勝手が良くてデスクと合わせて購入しても2万円を切る安さなので是非どうぞ。

 安いパソコンデスクが欲しい方は要チェック!

本記事は私が購入した最も大きいサイズのパソコンデスクを紹介しましたが、幅や奥行きが何種類か用意されているので、安いパソコンデクスが欲しいなぁ~。と思っている方は是非どうぞ。

パソコンデスクって大きいほど作業効率上がりますが、一人暮らしの六畳ワンルームとかだと奥行き80cm×幅180cmはでかすぎるので注意。

ページトップへ