Google、Pixel 6 / 6 Pro発表!自社開発SoC「Tensor」を搭載!

Googleが最新スマホ「Pixel 6」と「Pixel 6 Pro」を発表!自社開発したSoC「Tensor」を搭載する初のモデル!

Pixel 6 / 6 Proの特徴

Pixel 6 / 6 Proのハイライト

  • 自社開発SoC「Tensor」搭載
  • 標準、超広角カメラ搭載、望遠はProのみ搭載

2021年8月3日、日本のGoogleストアでもPixel 6とPixel 6 Proのページが公開された!まだ、公式サイトでは情報が少ないけどチェックしてみよう!

まずはデザインなんだけど、カメラ部分が個性的な見た目となってますね。トップ画像を見て頂くと分かる通り、結構、ボコッ!と出っ張ってる感じ!

並べてみるとカラーはPro無し、Pro付きでそれぞれ異なる様子。カメラの上部分が太いのがPro!

▼これがPixel 6!↓

▼こっちがPixel 6 Pro!↓

最も注目すべきポイントはSoC。

これまでGoogle PixelシリーズはQualcommのSoCを採用してきたんですが、なんと、Pixel 6とPixel 6 Proは自社開発した「Tensor」を搭載しているんです。このSoCは、AIとML(機械学習)を直接処理できることで、これにより音声認識など様々な処理が高速にできるとされてます。

パフォーマンスは未知数なのですがハイエンド帯って話もチラホラ聞くし、しばらくPixelスマホはミドルレンジだったから個人的にはハイエンド性能であることに期待してる!

こんな感じでスマートフォンのコアパーツであるSoCを自社開発したってことは、アレですよ。もう攻め方はAppleのiPhoneと同じ感じ。

ソフトウェアとハードウェア、その両方を自社開発しているってことは、最大限のパフォーマンスを発揮できるってことでもあるので、もしかしたら他のAndroidスマートフォンよりも高いパフォーマンスを発揮してくれるかも。

あ、そうそう、Titan M2セキュリティチップも搭載しているんで、より屈強なセキュリティ体制も整えているそうですよ!

Pixelシリーズといえばカメラも注目ポイント。以前レビューしたPixel 5もそのカメラ性能に驚かされたし、今回も期待大!

ちなみにカメラはPixel 6とPixel 6 Proではカメラ構成が異なるようで、Pixel 6 Proのみ望遠カメラを搭載してます。光学ズームで撮影したい欲望を満たしたいならPro一択かなぁ。

その他の仕様や発売国は?

ここまではGoogleのTwitterアカウントや公式サイトからの情報だったんですが、その他の情報も色々出てきているのでついでに紹介!

9to5googleによると、Pixel 6とPixel 6 Proは以下の8ヵ国で発売する可能性が高いとしています。

  • オーストラリア
  • カナダ
  • フランス
  • ドイツ
  • 日本
  • 台湾
  • イギリス
  • アメリア

とりあえず日本のGoogleストアにはPixel 6とPixel 6 Proの公式ページが公開されているんで発売を待つのみかな。

その他、仕様についてはThe Vergeが行ったGoogleハードウェア責任者のRick Osterlohさんへのインタビューで幾つかの仕様が判明したとのこと。

それらの情報をまとめるとこんな感じ!これからGoogleからもスペックの詳細が出てくるはずなので、公式情報が分かり次第追記しながらお伝えしたいと思いますッ!

項目 Pixel 6 Pixel 6 Pro
SoC Tensor Tensor
ディスプレイ 6.4/パンチホール 6.7/パンチホール
解像度 FHD+ QHD+
リフレッシュレート 90Hz 120Hz
カメラ 標準、超広角 標準、超広角、望遠(4倍)
指紋センサ 画面内蔵 画面内蔵

発売は今年の秋頃

詳しい発売日の情報はまだ出てないんですが、Googleは「今年の秋頃」としているんで、新型iPhoneの発表時期である9〜10月くらいにぶつけてくるんじゃないかなって予想してます。

とりあえず、自社開発のSoC「Tensor」を搭載しているってことで、ガジェット好きとしては弄くり倒したい!発売が楽しみですね!

新たな情報が入り次第、TwitterFacebookでお伝えするのでフォロー宜しく!

ページトップへ