JP-1100-150 サマーセール POCO F6 Pro

Redmi 13Cのスペック・対応バンドまとめ!Helio G85搭載、日本で発売されたRedmi 12Cの後継モデル

Redmiシリーズの最新モデルRedmi 13Cが登場!Helio G85搭載ミドルレンジスマホで90Hzリフレッシュレートに対応。というかPOCO C65のコンパチモデルでは‥

追記:初売りセールは12月11日17時から12月16日まで!購入先は記事の下部に書いてます!

初回投稿日時:2023年11月13日

Redmi 13Cの特徴

Redmi 13Cの特徴は以下の通り!

Redmi 13Cのハイライト

  • ミドルレンジクラスのスペック
  • カラーは豊富な4色展開
  • 90Hz表示対応の6.74インチディスプレイ
  • 5,000万画素+200万画素のデュアルカメラ
  • バッテリー容量は5,000mAh、18W急速充電に対応

Redmi 13Cの詳細スペックと対応バンド早見表

詳細スペックを表示
対応バンド早見表を表示

Redmi 13Cのサイズ・重量・カラー

  • 高さ:168mm
  • 横幅:78mm
  • 厚さ:8.09mm
  • 重量:192g

カラーはブラック系、ブルー系、ホワイト系、グリーン計の4色展開です。

デザイン自体はフラット調、シンプルな見た目のカメラ、そしてホワイトは氷が砕け散ったようなテクスチャが特徴的。

ちなみにPOCO C65にはなかったホワイト、グリーンが追加されていますがパープルはありません。

Redmi 13CのSoCはHelio G85

  • SoC:Helio G85
  • メモリ:4GB/6GB/8GB
  • ストレージ:128GB/256GB

SoCはAnTuTu25万点クラスの実力を持つHelio G85。メモリ(RAM)は4GB~8GBまで幅広く保存容量(ROM)も256GB版が選べるようになっています。とはいえ日常使い限定のミドルスマホの範疇を超えてないので注意。ゲームプレイには適しません。

▼Helio G85がどの程度動くSoCなのか以下の記事で解説してるのでどうぞ!↓

Helio G85のCPU/GPUのスペックとゲーム性能、実機動作まとめ

Redmi 13C(Helio G85)のAnTuTuスコア

AnTuTuスコアは性能の指標です。まだRedmi 13Cの実機のAnTuTuスコアを収集出来ていないのでHelio G85の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

  • 総合スコア(CPU):約250,000
  • ゲーム性能(GPU):約60,000
▼以下は2023年現在、AnTuTuベンチマークスコアがどれくらいの動作・操作感を示すかの目安です。本端末の性能がどの性能帯に相当するか確認が出来ます。↓
AnTuTuスコア動作・操作感
総合スコア:約150万点以上
GPUスコア:約60万点以上
ヌルヌル、動作に不満なし
総合スコア:約100万点〜150万点
GPUスコア:約35万点〜60万点
重いゲームもなんとか
総合スコア:約50万点〜100万点
GPUスコア:約15万点〜35万点
軽いゲームくらいなら
総合スコア:約25万点〜50万点
GPUスコア:約5万点〜15万点
必要最低限
総合スコア:約25万点以下
GPUスコア:約5万点以下
サブ端末向き
▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ。↓
スマホの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

Redmi 13Cのディスプレイ

  • サイズ:6.74インチ
  • 解像度:1,600×720
  • ディスプレイ:液晶
  • 画面形状:ノッチ(水滴)
  • リフレッシュレート:最大90Hz
  • タッチサンプリングレート:非公表

ディスプレイは大きめですがHDクラスの解像度なのでドットの粗さは気になる可能性はあります。ただし90Hzの高リフレッシュレートに対応しており、スムーズなスクロール表示に対応するなど操作性はミドルにしては悪くなさそう。

Redmi 13Cのカメラ

▼アウトカメラ↓

  • メインカメラ:5,000万画素
  • マクロカメラ:200万画素

▼インカメラ↓

  • メインカメラ:800万画素

カメラはメインが5,000万画素と高め。デジタルズームでは2倍までなら高精細に撮影できそうですが、反面流行りの超広角カメラが非搭載なのでその点は注意です。安価なモデルだし仕方ないのだろうか‥

Redmi 13Cのバッテリー・充電仕様

  • 容量:5,000mAh
  • 有線充電:18W
  • ワイヤレス充電:非公表
  • 逆充電:非公表

バッテリー容量は5,000mAhと大容量、急速充電は18Wとなかなかの高さに対応しています。ミドルスマホと考えれば十分でしょう。但し、付属する充電器は10Wと記載があるので別途購入が必要です。

一方で電池持ちは公称値で動画視聴が23時間も持つとのことで結構期待ですね。解像度が低いからこそ消費電力も低いのでそこも絡んでいるっぽい。

Redmi 13CのOS・機能

  • OS:MIUI 14(Android 13ベース)

OSは独自カスタマイズOSであるMIUI 14を搭載。通常のAndroidOSにはない独自機能や改良されたUIデザインが特色ですが、Redmi 13Cはミドルレンジモデルなので上位ハイエンドにあった機能が非搭載の可能性もあるので注意。

Redmi 13Cの発売日・価格

価格は現時点で不明ですが、同じXiaomi系列のPOCOからでたPOCO C65は初売りセールで1.3万円〜という感じでした。もしかしたらそのくらいの価格で出るかも。

いわゆるPOCO C65のリネームモデルのようで見た目が少し変わっているほか、対応バンドはRedmi 13Cが種類が少ないですね。OSはRedmiとPOCOとでは細部で異なるのですが、こちらはどうなってるんでしょうかね‥

ちなみに先代モデルにあたるRedmi 12Cは日本でも発売されてました。流石にアレはMicroUSB搭載など安かろう悪かろうではあるのですが、こちらのモデルはミドルレンジで競合モデルにも引けを取らないぐらいには進化してるんで‥こっちも日本で発売されたらいいなぁと願うばかりっす。

■Redmi 13C■

初出時価格→141.90ドル

▼[AliExpress(リーベイツ対応!忘れずに)]↓

▼ほぼ同じ仕様のPOCO C65は11月11日発売でレビュー済み!↓

POCO C65の実機レビュー!約1.3万円!POCOブランドの低価格コスパスマホを試す!

ページトップへ