1100-150 Xiaomi 14

α7 III用に買ったリモコン「RMT-P1BT」の接続が不安定すぎるので有線の「RM-VPR1」を購入した!

2019年に購入したSony純正のBluetoothリモコン「RMT-P1BT」なんですが、僕の環境だと接続が超不安定。めちゃくちゃ接続が切れるので嫌気が差して絶対に接続が切れない有線タイプの「RM-VPR1」を購入した…!

毎回接続が切れるRMT-P1BT

RMT-P1BTの接続が途切れる話はチラホラ聞きますが、実は僕も購入してからずっと悩まされてきました…。もしかしてスマホやらタブレットやら沢山あるので電波干渉しやすかったのかな。とにかく、途切れまくるんです。

▼とは言え、利用するシーンは俯瞰で動画を撮影する時の録画開始・停止くらいなので、4年くらいは何だかんだ言って使ってきました。結構年季入ってる!↓

RMT-P1BTは(ちゃんと接続できていれば)めちゃくちゃ扱いやすくて気に入ってたんですけど、接続が途切れると再接続までのインターバルが結構長く、不満が溜まりに溜まって嫌気がさしてきました。よく4年も使ってたなと。

最近は更に調子が悪くて、2回に1回は途切れる始末。10カット撮影すると5カットはリモコン再接続で待ちが発生する状況だったんで、最近はα7 IIIの本体についてる録画ボタンを使ってたんですが・・・

僕は俯瞰で撮影していてα7 IIIの録画ボタンを押すのに椅子から立たなくちゃいけないんですよ。1カット数十秒の撮影で80カットは撮影するんで、1カット毎にスクワットしているようなもの。太もも攣ってこりゃだめだと思い新しいリモコン探しをスタートしました。

失敗した激安リモコン

本格的にリモコンを使っている訳ではなく、座ったまま作業ができるよう録画ボタンを押すためにリモコンを使うという感じだったので、押せりゃなんでも良いとロクに調べもせず1,000円くらいのリモコンを購入。

買ったのはこれ。激安リモコンだと結構有名っぽい…!↓

で、届いたんで接続して使ってみたんですが、録画ボタンとしては使えず…。これはこの商品が悪いんじゃなくて、ちゃんと調べずに買った僕が悪かった。

RM-VPR1を購入。決め手は録画ボタンがあるから!

RM-VPR1は約6,000円とちょっとお値段が高かったけれど、Sonyの純正品だし何より録画ボタンが搭載されてます!

▼付属品はこんな感じ。本体と本体を固定するクリップ、MULTI端子のケーブルとREMOTE端子のケーブルが付属してました。↓

▼サイズは一回り小さくなってます。赤いボタンが録画用。↓

▼持つとこんな感じ。↓

▼付属のクリップを使えばそのへんに固定するのも楽ちんです。↓

有線接続なので安定性は言わずもがな、直結みたいなもんなんでド安定。押せばちゃんと動くなんて…素敵!あと、RMT-P1BTは電池式だったんですが、RM-VPR1はケーブルを挿せば使えるのもGood。

写真撮影では使わないですが、試してみたら半押しAFも使えるし、シャッターロックもOK。ズーム機能も対応製品を使ってたらリモコンで操作できます。ただ、シャッターロック機構が緩すぎて、半押しAFから更に押し込んでシャッターを切るとロック状態になってることも。まあ僕は写真撮影で使うことが無いので良しとしてます!

個人的にRM-VPR1に変更して扱いづらくなったのはCボタンが無くなったことですね。RMT-P1BTはC1ボタンが搭載されていて、これにAF/MFの切り替えを登録してたんですが、RM-VPR1では備わっていないので本体で操作するしかありません。まあ接続が切れるストレスよりも全然小さいので僕にとっては些細なことですけど…!

いやー、RMT-P1BTを8,000円くらいで買ったんで勿体なくて我慢しながら使い続けてた訳ですが、もっとはやく乗り換えるべきでした…。

ページトップへ