ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

【まとめ】ROG Phone 2の8GBモデルはTencent Global ROM版が流通している。届いた箱がこれならTencent版

▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB”以上”使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

ROG Phone 2

当初の問題はクリアしたので、本記事はこれからROG Phone 2の8GB版を購入する方に向けての注意喚起に切り替えています。

事の経緯ですが、Global versionの8GBモデルと言う話で届いたROG Phone 2。最終的にはGlobal versionは存在せず、海外ネットショップで販売している8GB版は中国市場向けモデルのTencentモデルにGlobal ROMが突っ込まれているモデルしか流通しておらず、これから購入する方は注意が必要です。

Global versionとTencent版は対応バンドが異なり、8GBモデルはdocomo回線やau回線の対応バンドに非対応。(Global versionはdocomoにフル対応。auもバンド自体は対応しているけれど、VoLTEが開放されていないので現状では通話不可)

▼Tencent版の外箱はこれ。パッケージに「Tencent Games」と記載されています。このパッケージで届いた8GBモデルは前述通りdocomoやau回線の必須バンドに非対応。SoftBankやワイモバイルのバンドに対応しているのみとなります。↓

このTencent版が届いた一連の経緯はあるんだけど、現在は全てGlobal ROMと表示されており、これからROG Phone 2のメモリ8GB版を購入される方はご注意を。ちなみに一部のブログではdocomoやauも使えると記載してGlobal versionと勘違いするような紹介を行っているので注意。ちなみに、Tencentモデルはパッケージだけでなく付属するスマホケースもクリアタイプ、充電器も18Wに変更されています。

なお、入手したモデルがTencent版で対応バンド的に使い物にならない。という場合は返品・返金処理を行ってくれるのでショップで処理しましょう。

ページトップへ